俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【189話】シーズン2ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は189をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

 

 

 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 




189話 ネタバレ

旬は今、街全体を⼀望できる超⾼層ビルの上に⽴っていた。

「賢太の影に兵士を残しておけば、こんなに苦労することはなかったな・・・」

賢太に潜ませていた影は諸菱会長の病室に行く時に使用してしまった。

賢太のようなアジアの若者をこの街で⾒つけるのは⾮常に困難だった。

旬にとって、賢太はかわいい弟だが、賢太の実力D級ハンターだ。

旬はすぐに影の索敵範囲を広げた。

「彼の名前は右京将人でしたね」

影の兵士は探索範囲を拡⼤し、街全体を網羅する無数の情報を旬に送信した。

右京将人はトーマスの命令を無視して事件を引き起こした。

スカベンジャーギルドのメンバーにその事実が明らかにされると、緊急事態が発⽣しました。

「連絡はつきましたか?」

トーマスの部下は暗い顔⾊で⾸を横に振った。

「いいえ」

トーマスが額の眉をひそめたる。

「彼は死ぬのが怖くないのでしょうか︖」

右京もS級ハンターだ。

水篠ハンターとの力量差に気づいているはずだ。

右京が事件を引き起こすかどうかに関係なく、彼は契約期間が終了するまでスカベンジャーギルドの資産だ。

ギルドは右京の潜在能⼒を⾒出し、彼に莫⼤なお⾦を投資していた。

「…これまで彼を甘やかし過ぎていたのだろうか?」

トーマス・アンドレはこの問題が解決次第、別の問題が発⽣しないように、部下を厳しく懲戒するよう決意した。

その時、トーマスの電話が突然鳴り始めた。

「ミスター右京の位置を追跡できるかもしれません」

携帯の声はローラだった。

「ハンター協会に支援を求めました」

トーマス・アンドレは喜んだ。

「全員をその場所に送ります。私もそこに⾏くつもりです。」

トーマス・アンドレはそこで電話を終えようとしたが、ローラに尋ねた。

「ところで…ハンター協会をどうやって説得したのですか?」

「私は、右京ハンターをできるだけ早く⾒つけないと、ミスター水篠と協会が互いに衝突する可能性があることを伝えました」




「ギルドメンバー全員が行動を開始しました!」

現在スカベンジャーギルドの⾏動を観察しているアダムホワイトは、スマートフォンで叫んだ。

スカベンジャーギルドのS級ハンターが、水篠ハンターの名前を使⽤し、諸菱ハンターを誘拐した。

アダムは、トーマス・アンドレがギルドの建物の⼊り⼝から出て⾏くのを発⾒し、その場で凍りつきました。

「そんな・・・」

⾞は急いで未知の⽬的地に向けて出発しました。

それは偶然にも、スカベンジャーギルドのハンターが向かった方向と同じだった。

アダムは震える声を何とか落ち着かせ、自分が見たものを副局長に報告した。

「トーマス・アンドレが動き出しました」

「本当に⼤丈夫ですか︖」

ある男が賢太を⾒て⼼配そうに尋ねた。

「別に私は彼に悪いことをするつもりはない。彼にあることについて尋ねたいだけだ」

右京は、賢太に質問に正直に答えたらすぐに解放すると約束した。

残念ながら、賢太は、哀れで悲惨な状態になるまで、⼀⾔も言葉を発しなかった。

賢太が⼝を閉じていた時間が⻑くなるほど、右京の疑念は確信に変わっていく。

右京が聞きたかったのは⼀つだけだった。

「水篠はあなたの兄を殺した」

もし賢太がそう答えていれば、取引は既に終わっていただろう。

賢太の勇気は彼を賞賛するに値した。

賢太が気を失い、再び起こされたのはこれで4回⽬だった。

賢太は、溜まった⾎を⼝から吐き出しながら床に丸くなった。

右京は、賢太の頭の後ろをつかんで引きずりながら、何の感情も表さなくなった。

「もう一度聞く。お前が死にそうになってもすぐに回復してやる」

右京は乱暴に賢太を痛みつける。

「ここは5年以上前に閉鎖された⼯場だ。お前は好きなだけ叫ぶことができるが、誰にもお前の助けは届かない」

右京は⻭を⾒せ笑顔を浮かべた。

「それで、どう何だ︖今すぐ話したいと思うか︖」

右京は耳を賢太の口に近づけた。

「…ファックユー」

右京は地⾯に賢太の頭を強くたたき、怒った雄⽜のように叫び出した。

ヒーラーはすぐに賢太の脈をチェックした。

賢太の心臓がまだ⿎動していることを確認した後、ヒーラーは安堵のため息を吐く。

右京は廃⼯場の反対側に⽴っている何かを発⾒した。

⿊い鎧を着たハイオークがいた。

「…オーク︖」

ハイオークは震えていた。その表情には恐怖が含まれていた。

右京はオークのところまで歩き、拳を上げてモンスターの頭を吹き⾶ばそうとした。

しかし突然、どこかから男の低い声がした。

「交換」