俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【190話】シーズン2ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は190をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

 

 

 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 




190話 ネタバレ

ニュースによると、亡くなったハンターの数は最近増加しているらしい。

⺟親はニュースを⾒て、旬を思い出しす。

『ああ、我が王の⺟。王さえ⽣き残ることができない事故に遭遇するなら、この世界の誰も生き残れません。」

ベルは⼝から⾶び出そうとする⾔葉を抑えた。

しかしその後、強⼒な悪寒が突然ベルの体に侵⼊し始めた。

この感覚は、過去にこれに似たものを感じたのではないでしょうか。

ベルは記憶を隈なく探し、その瞬間を思い出した。

兵になる前に、殺意に満ちた王の視線が自身に向けられた時だ。

避けられない死の予感。

ベルはすぐに旬に合図を送り、彼との会話に参加しようとした。

「ああ、私の王。待っていて下さい。すぐにあなたの側に着きます」

[お前は…、そこから動くな]

ベルは、怒りが塊に圧縮されているように聞こえた王の声を聞いた。

「かしこまりました」

ベルは命令に従った。しかし同時に、彼は王の怒りを引き出したバカについても知りたくなった。

「なぜそんなに無謀で不適切な⾏動をとるのか…」

恐怖を紛らわせる為に、ベルは震える体をより深く影に潜り込んだ。

騎⼠団ギルドはダンジョンの準備をしている最中だった。

旬の召喚獣と⼀緒にダンジョンを経験した後、全員が前より素直になった。

ギルドの副マスター、チョン・ユンテは何かを発⾒し驚愕した。

「影!!影が揺れている!」

パク・ジョンスは批判的な⽬でチュン・ユンテを⾒つめ、⻑いうめき声を吐き出した。

「今⽇は休みを取ってください」

「本当です!!私は嘘を言っていない!!」

影の兵士は、主がその瞬間に感じていた純粋な怒りの感情から⾝震いするしかなかった。




「交換」

ハイオークの兵士が姿を消し、旬がその場に現れた。

右京は旬の顔を認識した後、息をするのをほとんど忘れていた。

⼀⽅、旬は、まるでS級ハンターが存在しないかのようにを通り過ぎて、賢太の前で立ち止まった。

治癒のポーションを召喚した後、旬は賢太の⼝に液体を注ぎ始めました。

【残りHPが10%未満の場合、回復ポーションでHPを回復することは不可能です。】

「神の命の⽔」は、病気や病気を癒すためのもの。このような⾝体的な怪我の問題には役⽴たなかった。

「癒しの魔法が必要だ」

ヒールを使用出来る兵士はベルのみだ。彼は現在自宅で家族の警護をしている。

「お前達のどちらかはヒーラーか?」

「ヒーラー」という⾔葉を聞いたヒーラータイプのハンターは、反射的に頭を振った。

旬は慎重に賢太の体を横にした。

右京が賢太にしたように、旬はヒーラーの頭を地⾯に叩きつけた。

S級ハンターの右京自身でさえ、旬の動きが見えず、いつの間にか横たわっているヒーラーを目撃した。

旬は視線をアメリカ⼈の2番⽬に向けました。

「あなたはヒーラーですか︖」

「いいえ、私は違います。私はただ…」

彼の答えもそこで突然途絶えた。

「あ・・・あに・・き・・・」

地面が2回揺れた衝撃で賢太が意識を取り戻した。

「あに・・・き・・・」

旬は体を下げ、賢太の声に⽿を傾けました。

「ねえ、賢太。俺はここにいます」

賢太は腫れたまぶたをなんとか開けた。

「右京将人…弟…右京将人…。彼に注意してください…」

「ああ。⼤丈夫だよ。もう話さないでください」

「あにき…」

賢太の⽬の端に涙が溜まり、旬の⼿をつかんだ。

「もう少し待てるか?」

旬は慎重に賢太の手を離し、地面に寝かせた。

右京は旬の殺意の目に少し身じろぐが、逃げようとはしなかった。

「やはりお前か。お前は俺の兄貴殺した。俺の考えは合っているか?」

旬は右京の前で⽴ち⽌まり、答えた。

「向こうで会ったら、本人に聞いてみろ」

旬は拳を避けて、右京の鳩尾に拳を繰り出した。

たった一撃で右京は大量の⾎を吐き出した。




「⾞を⽌めろ!」

トーマス・アンドレが怒鳴り、彼が乗っていた⾞が突然⽌まった。

トーマス・アンドレは⾞のドアを蹴⾶ばし、急いで出てきた。

「間に合わなかったか!?」

誰かが彼に説明を求める前に、トーマス・アンドレは膝を曲げて飛んだ。

トーマス・アンドレは地⾯から爆発し、すぐに彼らの視界から姿を消した。

「何かが…。来る・・・」

何か強い力を感じた。トーマス・アンドレが旬の⼒を感じたように、旬も強い存在を感じた。

旬のもう⼀⽅の⼿はまだ右京の⾸を掴んでおり、右京は賢太と同じくらい多くの悲惨な傷に苦しんでいた。

工場の天井が大穴を空け、トーマス。アンドレが着陸した。

「右京将人…彼はまだ⽣きているのですか︖」

「今はまだ生きている」

トーマス・アンドレは簡単な英語を使⽤し旬に話しかけた。

「右京から手を離してください、そうすれば今日起きた事は忘れましょう」

世界で最も強⼒なハンターの1⼈が⽛を剥き出した。

「断る」