俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【191話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は191をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 

 

 

 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



191話 ネタバレ

トーマス・アンドレの眉はわずかに震えた。

トーマスは国の権利と同等の権利を持つ人間だ。

しかし、それでもトーマスはすぐに⾏動を起こすことが出来なかった。

何故なら、今回の相⼿は「水篠旬」だからだ。

予想通り、水篠ハンターは対峙したい相⼿ではなかった。

水篠ハンターの全⾝から染み出てくる暗くて不吉な魔力のエネルギー。

トーマス・アンドレは質問を投げ出した。

「……あなたは、私が誰なのか知らないのですか︖」

「あなたが誰であるかは関係ない」

右京は何とか意識を取り戻し、トーマス・アンドレを発⾒した後に叫んだ

「先生!!早くこの男を殺してくれ!早く!」

旬の拳が右京に当たったため、男は意識を失い再び気絶した。

「…あなたは私が誰であるか知っているのに、あなたは私の前でそのようなことをする勇気があるのですね・・・」

トーマスの表情は、今では悪魔の形相になり、さらに歪んでいる。

時間は凍りついたようだった。悪意に満ちた破壊的な欲望に満ちたトーマス・アンドレが旬に襲いかかる。⼆⼈の男の距離は⼀瞬で消えた。

「⾃分の無知を後悔しろ!」

トーマス・アンドレは旬の頭を掴もうとした。

その瞬間、⽬の前に閃光が走った。

スカベンジャーギルドのハンターが到着した。

彼らは「何か」が廃れた⼯場の壁を驚くほどの速さで突破するのを見た。

ハンターはその「何か」を認識すると同時に驚きを隠せなかった。

「マスター、⼤丈夫ですか!?」

「・・・・」

何も⾔わずに、トーマス・アンドレは廃⼯場に戻る。

彼の体全体から⽬をくらませるほどの殺意が噴出した。

100⼈のトップランクのハンター全員が⼀度に廃⼯場に突⼊した。




トーマス・アンドレを吹き⾶ばした後、旬は拳を強く握り締めた。

トーマス・アンドレは遠く離れたところに⾶ばされたが、以前よりもさらに強い殺意をもって戻ってきた。

旬はカイセルとイグリットを召喚した。

「賢太を最寄りの病院に連れて⾏ってください」

イグリットは旬に頭を下げ、⼯場から⾶び出すためにカイセルの後ろにジャンプした。

トーマス・アンドレの後方からは⼀流のハンターが入ってきた、彼らの数は約100でした。

「……兵⼠の数を⽐較したいのなら、俺にも⼗分すぎるほどいる」

旬は影の中に隠れていて、彼の命令を待っている影の兵⼠を呼んだ。

その数は千に近い。

トーマスはS級ハンターと同じレベルにいる召喚獣をいくつか発⾒した。

巨⼤な盾を持っている騎⼠、⿊いローブを着ている魔道⼠、そして後方を占領している巨⼈など。

旬の常識を覆す召喚を実際に⾒るトーマス・アンドレは、強⼒な⾝震いが全⾝を駆け巡るのを感じた。

同時に、彼は幸せな気持ちになった。

トーマス・アンドレ顔に笑顔が出た。

「あなたがあなたの過ちを認め撤退した場合、私はあなたの命を救うことを約束します」

「・・・」

「あなたは、最後まで・・・良い性格をしている!!」

トーマス・アンドレは自分のシャツを引き裂く。

彼の全体の筋⾁は膨らみ、全⾝を覆う鎧のように固まった。

世界最⼤のタンカーが全⼒を出した。

完全に異なる領域を占める2つの化物ハンターから放出される魔力エネルギーは、周囲のエリートハンターの息を⽌めた。

スカベンジャーギルドのハンターたちは、旬を⾒つめると神経質に唾液を飲み込む。

彼らの緊張が⾼まった状態とは異なり、旬は完全に落ち着いていた。

旬は今、間違いなく全⼒で対戦できる相⼿と直⾯していた。

「進め」

君主がその命令を出したほぼ直後に、影の兵士は恐ろしい勢いで前に突進した。

「来るぞ!」

⼀⼈の男と一つのギルド。この⽇、1,000⼈近くの「召喚獣」と100⼈のエリートハンターが激しく衝突した。




トーマスはアイアンを吹き⾶ばし、旬の居場所を素早く探した。

旬は信じられないほどの速さでトーマスに向かっていた。

旬は「悪魔王の短剣」をトーマスに腰に突き刺す。

しかし残念ながら、短剣はトーマス・アンドレの硬化した⽪膚を通り抜けることが出来なかった。

これが国家権力級ハンターの真の⼒。

「私の⼒を感じて、本当の絶望がどんなものか味わってください!」

トーマスの⼿から強⼒な牽引⼒が発⽣し、離れた旬を自身に引き寄せる。

「支配者の手」

カミッシュドラゴンを空中から地⾯に引き寄せることができたトーマスアンドレの能⼒だった。

旬は恐ろしい速度でトーマスアンドレの近くに引きずり込まれる。

「支配者の力」

「何!?」

国家権力級のハンターだけが持っていた⼒も持っていることを確認し、トーマスは完全に動揺した。

旬はその隙を逃さなかった。彼のパンチは今⽇2回⽬のトーマス・アンドレの顔に激突した。

そして、ハンターになって初めて、怪物と呼ばれる男は⼝から⾎を吐き出した。

「何が起こっている?」

アダムは男に尋ねた。

彼はハンター局に所属する唯⼀のS級ハンターだ。

S級ハンターは固い顔で答えた。

「このまま続ければ、私たち全員が命の危険をさらす可能性があります」

俺だけレベルアップな件【190話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は190話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【192話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は192話をまとめまし...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...