俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【193話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は193をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



 

193話 ネタバレ

アダム・ホワイトは、トーマス・アンドレの状態を早急に確認した。

幸いなことに、トーマスはまだ⽣きていた。

このニュースが出た場合、世界全体が衝撃に驚くだろう。

「急いで︕」

アダム・ホワイトは、ハンター協会のヒーラーに向かって⾝振りをした。

⼀流のヒーラーがすぐにトーマスに駆け寄った。

多くのヒーラーがトーマス・アンドレを治療する為に参加した。

アダム・ホワイトは⽴ち上がって周囲を調査した。

スカベンジャーのエリートハンターの状態は悲惨だった。

⼀⼈の男対⼀⼈のギルド。

たった1⼈のハンターが、全世界でトップのギルドの1つを完全に破壊した。

アダムは、水篠ハンターの信じられないほどの強さを再認識した。

「・・・あれ?」

見渡すが、水篠ハンターがどこにも⾒えなかった。

アダムの携帯から着信⾳が鳴る。

「エージェントホワイト、私たちは諸菱ハンターの現在の所在を発⾒した」

呼び出しはハンター局からだった。

「こちら側の問題が解決したら、すぐにそこに向かいます」

アダム・ホワイトは通話を終了し、安⼼してため息をついた。

少しの負荷がアダムの⼼から取り除かれた。

トーマス・アンドレの治療を任されたヒーラーが地⾯から立ち上がった。

ヒーラーの魔法は⾁体的な傷を回復させることは出来るが、彼らは精神的なトラウマを軽減することは出来ない。

トーマス・アンドレは今回の戦いで、大きな精神的挫折を経験したと思われる。

国家権力級のハンター、トーマス・アンドレだったから⽣き残ることが出来た。

もしそうなら、水篠ハンターの怒りを⼀⽅的に受けていたはずの右京ハンターはどうなった?

「エージェントホワイト!こっちだ!」

真剣な表情をしたハンター局の⼀⼈が床に横たわっている⼈の前に⽴っていた。

「右京将人・・・」

「この男は呼吸をしていない、彼の心臓はもう動いていません」

 



 

ある出版物の編集者は、フリーの記者に会うために外に出た。

電話の内容を聞いて彼は会いに行かざるをえなかった。

記者は周囲を⾒回し、バッグから次々に写真を取り出し始めた。

編集者は震えている⼿で写真をめくり続けた。

トーマス・アンドレが、国際ギルド会議の前⽇にハンターに殴られた倒された。

これは巨⼤なスクープだ。

編集者は明日の新聞のトップ記事の見出しを考え始めた。

このニュースは全世界の注⽬を集めるだろう。

これらの写真の価値はまったく⾒積もることが出来なかった。

記者はすぐに写真をひったくり返した。

「この写真の価格について話しましょう。いくら払ってくれますか?」

記者はしばらく考えた後、5本の指を広げた。

「5万ドル?分かりました、大丈夫です」

「違う」

「500万ドルです。」

明らかに、編集者の顔の表情は固まった。

記者は写真をバッグの中に押し戻し、立ち去ろうとした。

しかし、編集者は彼を急いで⽌めた。

「いいえ、ちょっと待ってください!」

契約は成⽴した。



 

賢太が現在⼊院している病室。

彼は死の淵から生還した、しかしまだ意識を取り戻していなかった。

医師が診察を⾏った後、病室に忍び込む影の塊から⼈型の形状が⽴ち上がった。

影交換を使い、旬と場所を変わったのはベルだった。

ベルはS級ハンターに匹敵する⼒を持っているので、癒しの魔法も賢太には効果がある。

賢太は体全体が暖かくなるのを感じた、やがて重いまぶたを開いた。

彼が最初に⽬にしたのは、巨⼤な蟻の頭だった。

その巨⼤な蟻の頭は指を⼝に当てて「し〜」と言った。彼に静かにするように。

「・・・ああ、僕はまだ夢を⾒ています」

賢太は⽬を閉じ、顔に刻まれた幸せな表情で眠りについた。

 



 

韓国の⾸都ソウル。

旬は捨てられた子供の遊び場にいた。

旬の隣で頭をしっかりと地⾯に押し付けた⿊い騎⼠が尋ねる。

「ああ、私の王。私はこの姿勢でどのくらい留まる必要がありますか︖」

「ベルが賢太の治療を終えたと俺に報告するまで」

「・・・」

旬は自身の手をじっと見つめる。

旬の⼿の甲はボロボロだった。いくつかの痣があり、自身の⾎の痕跡もできていた。

「少し・・・眠いな」

旬は少し疲労が押し寄せるのを感じた。混沌とした⽇がようやく終わりに近づいた。

しばらく静かになっていた黒騎⼠は、突然旬に話しかけた。

「ああ、私の王…」

「ああ・・・どうかしたのか?」

「どうか、私に新しい名前を授けてください、私の王」

旬は視線を新しい影の兵士に移した。

[?? Lv.1]指揮官クラス」

旬はこのジレンマについて少し考えてから、苦笑いを浮かべて話した。

「お前は貪欲のために死んだので、「グリード」と呼ぶのはどうだ?」

 



 

俺だけレベルアップな件【192話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は192話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【194話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は194話をまとめまし...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...