俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【196話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は196をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



 

196話 ネタバレ

「あなたは何を言っているのですか?。さっきの発言は本気なのですか!?」

会議ホールの外で待っていたアダム・ホワイトは旬に慌てて質問を投げ出しました。

「本気だよ」

「はは…」

驚くべきことは、その主張をした旬を嘲笑した⼈が⼀⼈もいないという事実でした。

リュー・ジーゲンでさえ、黙って水篠ハンターをじっと⾒つめていました。

「おそらく、世界中で2⼈しかいないはずです。水篠ハンターと同じような発言を出来るのは」

旬はもう⼀⼈の男が誰なのか気になった。

「あと1人は誰?」

「ああ・・・、彼は今⼊院しています」

その後、アダムは残りのスケジュールを説明した。

「今晩、ディナーパーティーが開催される予定です。もし緊急の用事が無ければ、他のハンターと食事をしてみてはどうですか?」

旬はすぐに⾸を横に振った。

「俺は病院に寄るつもりです」

アダム・ホワイトの眉は跳ね上がった。

たとえ水篠ハンターだったとしても、見えない箇所に怪我を負っているに違いない・・・。

「諸菱ハンターのお見舞いに行こうと思っています」

 



 

⼩さなグループが集まって話し合っていたハンターが突然別れて、廊下の両側に⽴ちました。

当然、旬とアダムの両⽅の注意もそこに注目した。

そして、リュー・ジーゲンを⾒つけました。

劉ハンターは旬の前まで来た。

旬と劉の間に張りつめた緊張が周囲を完全に沈黙させた。

明⽩な不安感が急速にこの場所を満たしました。

そして、旬に質問をした⼈はリューでした。

「すみません、水篠ハンター・・・」

旬は中国に⾏ったことがないので、リューの中国語が理解出来なかった。

アダム・ホワイトが旬に何かをささやきました。

「彼は最近、中国沿岸で⽇本へ旅⾏中のあなたが⾒逃した巨⼤な怪物を狩ったと言っています」

旬はアダム・ホワイトが自分の影の兵士になれば、便利になると考えました。

アダムは通訳を始めました。

「彼は巨⼤なモンスターが予想外に強かったことに驚いたと言っています。又、彼は海でモンスターと戦わなければならなかったので、困難な戦いだったとも語っています」

リューの⾔葉が⻑くなるほど、アダム・ホワイトの表情は明るくなった。

「巨人との出会い以来、水篠ハンターに会いたいと思っていました。私は本当にそれらすべての強⼒なモンスターを簡単に追い詰めることができた水篠ハンターについてもっと知りたいと思っています。それがリューの⾔ったことです」

アダムホワイトが翻訳を終えたのと同時に、劉志⽞は明るい笑顔を作り握⼿を求めて⼿を差し伸べました。

旬は提案された⼿を少し⾒て、笑顔で握⼿しました。

この出会いは国際ギルド会議の当初の意図に適していました。



 

2人が握⼿した後、劉志⽞は笑顔で他のことを⾔った。

アダム・ホワイトは、少し顔色を悪くして通訳をした。

「彼はトーマス・アンドレハンターが水篠ハンターにレッスンを受けた事について本当に幸せだと言っています」

旬はその言葉ににっこりと笑った。

「だからこそ、彼は「容疑者S」が実際にはあなたの家族の⼀員ではないことをさらに強く祈っています。彼は何があっても水篠ハンターと戦うことを望んでいないと言っています」

旬は無⾔でうなずいた。

 



 

「お二人共、こちらにいらっしゃったのですね」

その声はアメリカハンター局の局⻑だった。

「あなた方のスケジュールの中で少しお時間を頂けないでしょうか?」

これはアダムにも想定外の事だった。

旬は返事をする前に、知覚を極端に押し上げ、会議会場内のハンター⼀⼈⼀⼈の動きを分析しました。

「何か予定がありましたか?」

アダム・ホワイトは何かを思い出し、すぐに局長に答えました。

「ああ、そうです。水篠ハンターは先ほど、病院にいる諸菱ハンターに会いに⾏くと⾔っていました・・・」

しかし、旬はアダムを⽌めるために肩に⼿を置いた。

旬は⾸を横に振った後、振り向いて局長に向かいました。

「ええ、大丈夫ですよ」

局長は先導し、2⼈のハンターを案内しました。

 



 

劉ハンターは他のエージェントに案内され、左側の廊下を下りましたが、旬は局長に続いて別の道を進みました。

「なぜ私だけが別の部屋に⾏くのですか?」

「ええと・・・」

局長は少し考えた後、少し曖昧に返答した。

「実は、あなたを待っている⼈がいます。そこに着いたら、すべてを説明します」

旬は廊下の端にある部屋から、ある⼈のオーラを感じることができました。

旬は彼女とまた会うとは思っていませんでした。

局長は部屋のドアを開け、旬は自分を待っているアフリカ系アメリカ⼈の⼥性の視線と目が合いました。

「アップグレード」のスキルを持つハンター、ノーマ・セルナーでした。

前回の出会いから少し時間が経過したのか、今は落ち着いているのかと思ったのですが、残念ながら以前と同じように怯えていました。

彼⼥の恐れにもかかわらず、何が彼女を動かしたのでしょうか?



 

セルナー夫人は丁寧に頭を下げた。

「あの日の事をお詫びさせてください。当時、私の⼼は穏やかではありませんでした・・・」

セルナー夫人は少し躊躇いながら、話し始めた。

「最近、私は毎⽇まったく同じ夢を⾒ています」

旬はセルナー夫人が見ている夢に少し興味があった。

「それはどんな夢でしたか?」

「私の夢では、⾒知らぬグループに狩られたトップハンターの光景を⾒ています」

「そのトップハンターとはもしかして・・・、クリストファー・リード?」

そこから局長が説明を引き継いだ。

「事前にクリストファーハンターに警告しましたが、彼は私たちの話を聞くことに興味がありませんでした。最終結果は・・・、すでに何が起こったかご存知だと思います」

セルナー夫人は震える声で続けました。

「この世界のトップハンターは次々と死ぬでしょう。ハンターを狩る者に狙われれば、彼らには防ぐ手段がありません」

旬は考えをまとめ、慎重に⼝を開いた。

「・・・あなたも私に危険を警告したい・・・︖」

「いいえ、それだけではありません」

セルナー夫人は必死な顔で叫んだ。

「お願いします!お願いします水篠ハンター!彼らハンターを守ってください!」

 



 

俺だけレベルアップな件【195話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は195話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【197話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は197話をまとめまし...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...