俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【198話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は198をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 

 

 

 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



198話 ネタバレ

「兄貴〜!」

旬は泣きながら抱きしめようとする賢太を軽く回避した。

犬飼は賢太が読んでいた新聞を旬に渡した。

折り畳まれた新聞の最初のページは、旬の活躍、旬に敗れたスカベンジャーギルドのメンバー、⾎まみれで気絶したトーマス・アンドレの写真で埋め尽くされていました。

賢太は記事を読んだ後、感動の涙を流して、旬が病院に到着した時、彼は体全体で幸せを表現しました。

「あにきぃ〜!」

旬は、抱き着こうとする賢太をすり抜けて、つまづいた賢太の背中に親指を向けた。

「彼が英語で書かれた記事を読んだのですか︖」

「ええと、犬飼さんが何もしないで給料を貰うのはと思って、僕の代わりに翻訳してくれました」

旬は賢太にティッシュを渡した。

賢太は渡されたティッシュを⼿に取り、⿐をかんだ。

少し落ち着いた賢太は旬に尋ねた。

「ところで兄貴、いつから英語を話せるようになったの︖」

旬は時間があるときはいつも英語を勉強し、いつかハンターの⼈⽣をやめるという不測の事態に備えるために努⼒していました。

旬は意図的に賢太の視線を避け、犬飼に話しかけた。

「諸菱くんが退院するのに問題はないようですね?」

「はい。実際、担当医師は諸菱さんがたった⼀夜で怪我から完全に回復したことにかなり驚いていました。」

「それでしたら、退院⼿続きを済ませてホテルに戻りましょう。ハンター協会から車も借りています」

旬は賢太が無事だったことに安心しました。

同時に、今回の混乱を招いた原因である犯⼈に対する怒りは⼀瞬のうちに膨らみました。

「ホテルに戻ると、何をしなければならないかわかりますよね?」

[・・・わかりました、我が王]




旬が助⼿席のドアを開けたとき、アダム・ホワイトは窓枠に寄りかかって眠っていた。

アダムは、過去2⽇間に起こった事件で完全に疲れきっていました。

旬は本題に取り掛かりました。

「あなた方が守ってほしいと思っているハンターのリストを私にくれませんか?」

アダムの表情が瞬時に明るくなり、眠気も飛んだように見えました。

「事務局に戻ったらすぐにリストを作成します」

疲弊しているアダムをもう⾒守ることができず、旬は彼に⼿を差し伸べた。

旬は左⼿でアダムの頭を後ろに傾け、右⼿でストアから買ったばかりの癒しのポーションをアダムの⼝に注いだ。

「こ・・・これは何ですか!?」

アダムはまるで⼀晩快適なベッドで眠っていたかのように気持ち良くなり、朝の穏やかな暖かさで眠りから覚めた。

先程までの疲労が嘘だったように、アダムは体のどこにも疲労の痕跡を感じることができませんでした。

アダム・ホワイトはこれまでの経験から受け⼊れるのが自然だと感じる事が出来た。

「リストにあるハンターたちに出会える機会を設けることはできますか?」

旬はアダムを回復した見返りとして要求した。

しかし、アダム・ホワイトは⾸を横に振った。

「やっぱり・・・難しいですか?」

「いいえ、そんな事はありません。それどころか、そもそもそのような機会を主催する必要が無いのです」

アダムはにやにやしながら、国際ギルド会議の最終⽇の日程を説明しました。

「事務局が主催する⼤きなパーティーがあります。会議に参加するすべてのハンターが招待されます。水篠ハンターなら彼らに会えます」

パーティーならハンターに「⾃然に」会って影の兵士を取り付ける良い機会だ。

他のハンターを通して、様々な君主と会う事になる。

「それなら私も参加します」




「ハンターの夜」

世界のトップハンターと関連当事者が、1,500⼈近くを収容できる巨⼤な宴会場に集まり始めました。

旬が会場に⾜を踏み⼊れた瞬間、みんなの注⽬が⼀瞬で旬に向けられました。

多くのハンターが旬と会話をする機会を探し始めていた。

「このように会えて光栄です、水篠ハンター」

ビジネスマンが最初に⾃⼰紹介した。

「あなたが⽇本で⾒つけたすべての巨⼈タイプのモンスターの残骸を購⼊したいと思います。この問題についてさらに詳しく説明させていただく時間はありますか?」

旬は隣の賢太をビジネスマンに紹介しました。

旬は、賢太がビジネスマンを巧みに誘導し会話により適した場所に案内する姿を見て、満⾜のいく笑顔で彼を⾒守りました。

賢太が離れた今、このパーティに出席した本来の目的に移る事が出来る。

アダム・ホワイトは旬に近づきました。

「ここにあなたが求めたリストがあります」

旬が⼿にしたタブレットPCの画⾯には、数字順に世界最⾼といわれるハンターの10名が表⽰されていた。

旬は会場が騒ぎ始めた事に気付き、リストを読むのを止めて頭を上げました。

予期せぬゲストがパーティーを混乱に陥れた。

「トーマス・アンドレ」

旬はトーマス・アンドレが彼の前に⽴っていても、リラックスした態度を失いませんでした。

「水篠ハンター・・・質問を良いですか?」

俺だけレベルアップな件【197話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は197話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【199話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は199話をまとめまし...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語...