俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【199話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は199をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 

 

 

 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



199話 ネタバレ

「あの時・・・なぜ私たち全員を生かしたのですか?」

トーマス・アンドレはその「理由」を知りたくてたまらなかった。

旬の答えはとても単純で、数⽇間のトーマスの熟考はまったく無意味になりました。

「誰も死に値する犯罪は犯していなかったので」

トーマスがその答えを聞くと、彼の⽬は⼀瞬⼤きく震えました。

「・・・そうでしたか・・・」

死に値する罪を犯した右京の最後の運命を振り返ると、旬の答えは嘘のようには⾒えなかった。

考えてみると、その理由はずっと単純なものでした。

トーマスは答えを知る事で、すっきりした笑顔になりました。




トーマス・アンドレは別れを告げ、振り向いて去りました。

ローラは退出したトーマスを⾒つめ、旬に視線を移しました。

「私のギルドマスターは、ギルドメンバーを殺さないでくれた水篠ハンターに感謝の意を表していました」

ローラは、メモ帳を引き出した。

「ギルドマスターは、何らかの贈り物で感謝の気持ちを表したいと思っています。必要な物があれば、教えてください」

「ありがとうございます、でも私には必要ありません」

旬は丁寧に申し出を断った。

ローラはあたかもその返事に困っているようにぎこちなく微笑んで、旬の決定を再考するように頼みました。

「私のギルドマスターは・・・。誰かに借りがあると思っているなら、彼はやがて暴走するかもしれません。何でもかまいませんので、教えてください」

その後、旬の頭の中でアイデアが光りました。

(ちょっと待て。スカベンジャーなら・・・)

彼は最近、信じられないほどの防御⼒を持つモンスターに出くわしました。

「悪魔王の短剣」は対して効果が無かった。

「短剣・・・ですね。水篠ハンター、ありがとう」

彼⼥はメモ帳に書き留め、宴会場を去った。




「水篠ハンター。リストのハンターに会うつもりですか?」

「はい、そのつもりです」

旬はアダムに質問をしました。

「ところで、⾏⽅不明の⼈が1人いますよね。リストの6⼈⽬が表⽰されません」

「残念ながら、会議の数⽇前に連絡をすべて失いました。ブラジル政府は居場所を密かに探していますが、具体的な痕跡はまだ⾒つかっていません」

旬は頷いた。

⼆⼈は宴会場を歩き回り、リストに載っているハンターたちと挨拶をした。

旬は、リストにあるハンターに影の兵士を潜らせ、宴会ホールから出ました。

「明⽇で最終⽇ですね」

副局⻑はアダム・ホワイトの肩を軽く叩き、彼の隣に腰を下ろしました。

「それで。水篠ハンターを近くから観察して、彼についてどう思いますか?」

「副局⻑。水篠ハンターが休むことなく毎⽇運動していることをご存知ですか?」

「運動?」

「はい、確認しました。彼は毎朝、10 km⾛り、100回の腕⽴て伏せをします。腹筋やスクワットも忘れずに行っています」

「本当に??」

副局⻑の目は⼤きく見開いた。

「私は彼の運動ルーチンは彼の体格を改善することではなく、彼の精神的鍛錬に関係していると思います」

「⼼を訓練している、なるほど・・・」

副局⻑は、その評価に⼼から同意しました。

「確かに、彼は・・・彼は本当に素晴らしいハンターです」

もし旬がアメリカのハンターだったら、どれほど素晴らしいことでしょうか?

副局長はそのようなハンターを保持している韓国を羨ましく思った。




今⽇も、後藤は仕事を終わらせるために深夜までオフィスに残っていた。

後藤は書類を机に置き、疲れた⽬をこすりました。

「・・・妙だ」

どういうわけか、後藤の心臓はここ数⽇、苦しみに悩まされていました。

「これは・・・限界なのだろうか?」

後藤の主治医は、もしすぐに仕事を止めなければ、半年か1年以内に死ぬと警告した。

しかし、彼は当時ほど不安を感じていませんでした。

その時だった。後藤の電話の音が突然鳴り始めた。

電話は妻からのものでした。

後藤は電話を置いた後、無意識に窓の外に注意を向けた。

窓越しに⾒えるはずのものが全てなくなりました。さまざまな建物、道路、さらには⼈々。その全て。

瞬く間に、窓の外の景⾊は完全に別のものに変わっていました。

「これは・・・、これはどういう事でしょうか?」

後藤は椅⼦から起き上がろうとしたが・・・。

・・・しかし、後藤はオフィスに誰か他の⼈がいることに気づきました。

「⼈間・・・?いいえ、これは⼈間のオーラではない」

死体のように⻘⽩い顔。⻑くて銀⾊の髪。先のとがった⽿、宝⽯のペアのように明るく輝く銀⾊の⽬。

それはアイスエルフでした。

後藤はゆっくりと電話を戻し、静かに質問しました。

「あなたは・・・。誰ですか?」

俺だけレベルアップな件【198話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は198話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【200話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は200話をまとめまし...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...