俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【203話】シーズン2ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は203をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

 

 

 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 




203話 ネタバレ

人々は後藤会長の葬式で陰鬱な雰囲気に満ちていた。

韓国のハンター協会は、後藤会長の指揮の下、⾮常に多くのことを達成することができました。

組織はさまざまなハンターを管理および保護しました。

同時に、モンスターの攻撃の犠牲者を補償することを主張し、同時に、亡くなったハンターの家族も密かに⽀援しました。

葬儀には市⺠も⽴ち⼊る余地がなくなるまで会場を埋め尽くしました。

敬意を払って⼈々は深夜まで残り、ろうそくを燃やし、失われた命を悲しみました。

さまざまなテレビ局でさえ、定期的な放送スケジュールを中断して、後藤会⻑の⽣涯と彼のさまざまな業績をまとめた映像を再⽣しました。

「水篠ハンターが架南島でアリの怪物と戦っていたとき、私は会⻑の側でレイド放送を⾒ていました。会長は私に振り向いて⾃分の最⼤の願いが叶い、後悔はもう残っていないことを話しました・・・」

主治医の⽬はインタビューが始まる前から既に⾚く腫れていました、そして主治医はその場に崩れ落ち泣きました。

彼らは、犠牲者の家族の前に⽴っている後藤会⻑の光景を思い出した。

後藤会長は架南島を取り戻す以前の3つの試みがすべて失敗に終わっている。

今日は後藤会長を憎んでいた⼈々も彼に敬意を払い、彼らの⼼は皆同じような感情を感じていました。




旬は、⾼さ100階建てのDSタワーの屋上に⽴っていました。

「・・・」

旬の鋭い眼差しは、獲物を探す鷹のように街の隅々まで観察しました。

街がどれだけ捜索されても、氷の君主の痕跡は検出されませんでした。

「予想通り、この⽅法では意味がないな」

巨⼈の君主は、君主と⽀配者の両⽅が「霊的な体」で構成されているため、影の兵士にはなれないと述べていました。

それが君主が影を持たなかった理由であるなら、旬はもはや誰かを追跡する優れた⽅法を持たなかった。

巨人の君主は当時、旬に警告しました。

旬の存在が残りの君主に知られると、彼らはすぐに襲いかかるだろう、と。

残りの君主たちは、まだ旬の存在を認識していない。

旬は、「彼ら」がモンスターであるか⼈間であるかに関係なく、自分の標的とした敵を見逃すつもりはなかった。




「あれ・・・?」

旬はそこである事を疑問に感じた。

以前は、誰かが殺意を旬に向けた場合、システムは常に彼にメッセージで警告し、その後すぐに緊急クエストを発⾏しました。

旬はこの謎を1、2秒間考えた後、⾃分の理論を確認するために電話を引き出しました。

「ミスター・水篠。まさか、あなたから電話をかけてくれるとは思っていませんでした」

トーマス・アンドレの声は少し驚いたように聞こえました。

「実は、あなたに聞きたいことがありました」

「質問ですか?分かりました。できる限り正直に答えようと思います」

「あの⽇、私たちが戦っていたとき・・・」

「・・・私たちが戦った時?」

「あなたは殺すつもりで私を攻撃しましたか?」

特にトーマスには何かを隠す理由はありませんでした。

「そうですね・・・、私は怒ると⾃分をコントロールすることが出来なくなるので・・・。ええ、私はあの⽇あなたを殺すことを考えていました」

予想通り、トーマスが抱いた殺意はすべて本物だった。

それでもシステムは沈黙を維持した。

疑惑から始まった旬の仮説は、確実なものに変化した。

旬は今、トーマス・アンドレと冗談を話す気分ではなかったので、すぐに別れを言い、そこで通話を終了しました。

旬はシステムの最終ゲームが何であるかについて漠然とした考えを持ち始めた。

他の君主を裏切ったとされるこのシステムの最初の所有者と何か関係があったのでしょうか?




しばらくは明確な⽬標を設定する必要がありました。

それは、氷の君主を殺すことだけでなく、奴から他の君主に関する多くの情報を取得することだ。

旬はいつ君主が再び現れるかもしれないか分からなかったので、信じられないほど強⼒な未知の敵との戦いに⼗分に備える必要がありました。

旬がアメリカにいる間、無数のゲートがダンジョンブレイクにし、そこから出現するモンスターが領⼟を増やし始めました。

(⼀つずつ・・・)

モンスターを倒すことでレベルが上がるのを想像しただけで、旬の⼼は強くドキドキし始めました。

旬はこれからの⽇々に備えてレベルを上げ続けます。

「よし」

DSタワーを降りる旬の歩みはかつてないほど軽くなった。




しかし、戦いの準備をしているのは旬だけではなかった。

氷の君主は隠れ家への脱出に成功した後、すでにこの惑星に降り⽴っていた他の君主を呼び出した。

この凍った洞窟の中に3⼈の男性と1⼈の⼥性が現れました。

[影の君主はこの世界にいます]

そして、氷の君主は何を⾒て聞いたのかを説明し始めました。

氷の君主の話を聞いた後、彼らの雰囲気はほんの数秒で信じられないほど凍りつくようになりました。

[彼の⼒を封じ込めるのに⼗分な体はないと思っていたが?]

氷の君主は断固として⾸を横に振った。

【私は⾃分の⽬ではっきり⾒た。あれは本物だ]

[彼は私たちにとって、「支配者の力」を持つ誰よりもさらに⼤きな脅威であることを証明します。私は彼を処分します。助けてくれる⼈はいますか?]

今回の対戦相⼿は、混沌を⽀配する9⼈の王の中で最も強⼒な「王」の1⼈と⾒なされました。

君主の⼀⼈が声を上げた。

【竜王を待つのはどうだい?】

しかし、氷の君主はその同志たちに怒って怒鳴りました。

[私たちは逃げているかもしれませんが、私たち⾃⾝が軍隊の王であることを忘れないでください]

氷の君主の肩に刺した短剣は、氷の君主の⾁体的損傷ではなく、プライドを直接傷つけたものでした。

[彼がまだ⼈間の体の今がチャンスです。あなたの援助を貸してください。必ず奴を殺す]

氷の君主は仲間の2⼈が視界から姿を消したので舌打ちをした。

筋⾁質の巨⼈が氷の君主に質問を投げかけました。

[彼がまだ⼈間であることの証明はどこにある?]

まるでこのチャンスを待っているかのように、氷の君主は、かつて肩に刺されていた短剣を⾒せました。

【刃に毒が付いています】

それは君主に対しては効果的ではないかもしれませんが、それでもなお、混沌世界の住⼈を腐敗させるほど強⼒な致命的な物質でした。

旬は万が一に備えて刃を毒で覆っていました。

それは確かに旬が細⼼の注意を払った賢明な行動だったが、影の君主のオリジナルスタイルでもありませんでした。

これは、⼈間がその体を担当していたことの明確な証拠でした。

[私と一緒に来てくれますか?]

旬の⼒は、オリジナルの影の君主と⽐較してもほぼ同等だった。

しかし、2人の君主が協力してくれれば、⼈間の影の君主を征服することは問題なかった。

残りの2⼈の「王」は、お互いの間で視線を交換しました。

[あなたを助けましょう]

[影の君主を殺す]

氷の君主は、短剣で肩を負傷させたちっぽけで⼩さな⼈間に恐怖の本当の意味を教えてやろうと⼼に誓った。