俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【204話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は204をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



 

204話 ネタバレ

空席の韓国協会ハンター会⻑の地位を埋めるために、副会⻑とさまざまな部⾨の責任者、および地⽅⽀部の局⻑の間で、会議が開催されました。

「・・・私たちの会長の⾜跡をたどる者を決める時が来たようです」

副会⻑からの声明に加えて、緊張感がすべてのスタッフの表情を通り過ぎました。

「理事会と私⾃⾝との⻑い議論の後、私たちは犬飼最⾼責任者を新しい協会会⻑に指名することにしました」

犬飼はすぐに副会長を⾒た。

「しかし、なぜ私が・・・?」

副会長はマイクに顔を近づけながらまっすぐ犬飼を⾒つめました。

「あなたは、後藤会⻑に最も近い視点から奉仕することで、この仕事が何を伴うかを学びました。⾔うまでもなく、あなたには他のハンターを黙認させるのに⼗分以上の⼒があります」

犬飼は4年間の実地での職務経験と、通常のA級ハンターを簡単に超える強⼒な能⼒も備えていました。

犬飼の指名がされた後、当初はざわつきが止まらなかったが、すぐに副会長から幹部の決定を説明することで落ち着いた。

 



 

残念ながら、脚光を浴びている犬飼はまだこの結果を本当に受け⼊れることができませんでした。

「多くの優れた候補者が存在しているのに、なぜ私が会⻑の代理に指名されたのですか?」

「ふう・・・」

副会長は息を吐きながらそっとため息をついた。

副会長はこの種の抵抗に遭遇すると予想していた。

「私を含め、協会内のどの職員も、韓国の最⼤の戦闘能⼒を説得する能⼒を持っていません」

その⼈物の名前を⾔及する必要はありませんでした。

「彼は韓国、⽇本、そしてアメリカで⼒を明確に⽰しました。疑いなく、ハンター協会は彼の存在なしでは適切に機能することが出来なかったでしょう」

後藤会⻑が水篠ハンターの⼒を借りて架南島のチームを救ったのと同じように、組織には誰か、つまりコミュニケーションを取れる手段が、彼の援助をもう⼀度要請するために必要でした。

そして現在協会で働いていて水篠ハンターに最も近い⼈物は犬飼でした。

それだけで犬飼を会長に選ぶ理由は⼗分です。

「水篠ハンターと同じように、あなたにこの決定を強制することはできません」

「私は・・・」



 

旬はオンラインで⾒つけた記事を読んでいた。

[ハンター協会の新しい会長は、後藤会長の跡を継いで犬飼会長です!]

旬にとって、それは歓迎すべきニュースでした。

旬は昼⾷を⾷べ終えたので、狩りを再開しました。

「ハァッ・・・。また、こいつらか・・・」

旬は地⾯から⽯を拾って、それを森に投げました。

⽯は⽊型モンスターの顔があった場所に正確に当たった。

旬は「悪魔王の短剣」を召喚して接近した。

旬は短剣を握り締め、木の怪物に斬りかかる。

「乱刀!!」

旬の連続攻撃が⽊の怪物に⾷い込み、剣筋が⼀気に噴き出す。

それから旬は握りこぶしをしっかりと握り締めました。

拳には魔力のエネルギーが⼤量に溢れ、右腕の筋⾁は⼀瞬で拡⼤しました。

そして、旬は⼀度だけパンチを打ちました。

⽊は⾶ばされて半分に折られました。

それでも、壊れた体を再び旬に向かって引きずり始めました。

このモンスターは衝撃的な耐久性を持っていました。

死にかけている⽊は短い死の喘ぎを出し、耐え難い悪臭を持っている液体を吐き出しました。

モンスターの粘り強い耐久性よりも旬を苛⽴たせたのは、この恐ろしい悪臭でした。

 



 

「さっきから、同じことを何度も繰り返している・・・」

旬はこれらのモンスターと戦って、彼らの弱点を把握しました。

「出て来い」

⽛と3⼈の魔法兵⼠が影から現れた。

旬が命令を出すと、牙はすぐに巨⼤なサイズに成⻑し、彼のトレードマークである炎を吐き出しました。

炎が急速に広がり、多くの⽊のモンスターがぐるぐる回って痛みで叫び声を上げました。

その間、システムのメッセージは彼の目の前に積み重なっていきました。

[あなたは敵を倒しました]

モンスターの急速な繁殖率は、悪い知らせのように聞こえるかもしれませんが、実際には、旬にとっては良いことでした。

【レベルアップ!】

旬はすぐにステータスウィンドウを呼び出しました。



 

名前:水篠 旬
レベル:133
職業:影の君主
称号:悪魔ハンター(他2つ)
HP:78,230
MP:136,160
疲労度:3
【能力値】
筋力:308
体力:307
速度:316
知能:321
感覚:298
(配布可能ポイント:0)

 



 

旬のレベルは今133になっていた。

巨⼈の王が語った戦争、ならびに後藤会⻑が述べたように「彼ら」が計画した計画。

旬がしなければならなかったのは、できる限り多くの準備をすることであり、それによりあらゆる不測の事態に備えること。

ベルはアリの軍隊を率いて、旬がいた場所から遠く離れた場所でモンスター討伐していたが、ベルは突然旬と接触した。

[ああ、我が王・・・。特定の問題に関してあなたに話しかけることを許可されますか?]

「ん?」

旬はこの出来事に⼾惑い、すぐにベルに応答を送った。

【どうした?】



 

旬の記者会⾒が世界中に放送された後、大量の要求と問い合わせがハンター協会に押し寄せ始めました。

それらのほとんどは他国からのトップハンターでした。

ドイツで最⾼のハンター、レナート・ニーアマンもその1⼈でした。

レナートは恐怖に震えるのではなく、未知のモンスターを倒す⽅法を持っている水篠ハンターとの接触を考えた。

空港に⾜を踏み⼊れたレナートは、ドイツやアメリカとは異なる味わいのある韓国の空気を吸い込みました。

「これが韓国の空気・・・」

初めてのアジア旅⾏に少し興奮したレナートは、⼊国審査所を担当するスタッフに熱⼼な声で話しかけました。

「ここは水篠ハンターがいる国ですか?」

「え?ああ、そうです、そうです」

世界最強のハンターと接触出来る。

水篠ハンターと会えると考えるだけで、レナートの⼼は興奮しました。

 



 

「君、私はここで時間を無駄にしたくないので、邪魔をしないでくれるかな?」

(誰だ!?)

全世界で最⾼のハンターの1⼈である自分に、どうしてそんなに無礼に話すことが出来るのだろうか?

「私を知っているか?知っていて、先ほどの⾔葉を⼀⾔⼀⾔、あなたは正確に繰り返すことができると思いますか?」

(えっ?あれっ?この男は?)

レナートは、このたくましい男が誰であるかをすぐに認識しました。

「すみません、お先に進んでいただいても宜しいでしょうか?」

トーマス・アンドレは広い肩を使ってレナートを通り過ぎ、⼊国管理に踏み込みました。

トーマス・アンドレは、青ざめている⼊国審査官に尋ねました。

「ここはミスター・水篠がいる国ですか?」

 



 

俺だけレベルアップな件【203話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は203話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【205話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は205話をまとめまし...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...