俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【205話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は205をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 

 

 

 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



205話 ネタバレ

[ああ、我が王・・・。特定の問題に関してあなたに話しかけることを許可していただけますか?]

【どうした?】

ベルは慎重に主人に許可を求めました。

[あなた様は、この下僕に獲物を譲るだけの信頼がわたしにありますか?]

蟻の王は、すべてのモンスターを⼀⼈で倒したいという意思を暗⽰していました。

[獲物を倒すたびに、「脱⽪」のような感覚を感じることが出来ます]

「脱⽪」とベルは⾔う。

ベルは次のステージに突⼊しようとしていた。

旬は、ベルがどのような変化を経験するのかについて興味を⽰した。

「よし!やってみよう」

[ああ、私はあなたに感謝します、我が王。すぐに軍隊をあなたの側に送り返します]

「いいえ、その必要はありません」




「影の兵士」

旬は声をかけた、そして彼の兵⼠、ほぼ1200が同時に応答した。

「みなさん、撤退してください」

彼の命令が与えられた瞬間、シャドウ軍の全体が再び動き始めました。

[ああ、我が王・・・。なぜ全兵⼠を呼び戻したのですか?]

旬は驚いたベルに笑い声で答えた。

「ここからは、あなたと私だけが残りのモンスターを倒します」

ダンジョンブレイクが発⽣したエリアはまだかなり残っていたので、2⼈でクリアしてクリアすれば、すぐに必要なレベルの上限に達します。

[ああ、我が王・・・]

ベルは感動で喋ることが出来ず、ベルの声は感謝で溢れていました。

旬の影の撤退はほぼ完了したので、旬は兵⼠に質問をしました。

「進化が間近に迫っていると感じているベルの他に誰かいますか?」




シュルル・・・。

ベルが旬と二人きりで、狩りに出かけれるとウズウズしていた。

失望の表情がベルの顔に表れましたが、旬の表情はさらに輝きました。

いつものように、イグリットは⽚⽅の膝を丁寧にひざまずきました。

イグリットの進化。

旬が待ち望んでいたことでした。

「よし!始めようか」

この近くには、⽇本でクリアできるダンジョンブレイクの場所が約40か所ありました。




賢太は壁に掛かっている時計を見た。

時計は「16:10 PM」と表示されていた。

「あの男」がここに現れてから2時間以上になった。

それから賢太は急いで電話を取り出し、親愛なる水篠旬を呼び出そうとしました、しかしそれは時間の浪費でした。

賢太は電話を戻し、⼝をしっかりと閉じました。

オフィスの隅にある椅⼦に座っている男は、たまたま全世界で最強のハンターの1⼈であり、世界で最も短期な男としても知られていました。

彼はトーマス・アンドレだった。

世界の頂点に⽴つハンターは、旬に会うためにアジンギルドを訪れた。

そのおかげで、副社長の諸菱賢太と従業員は、この発表されていないゲストに対処せざるを得なくなり、その結果、彼らは今、1秒ごとに寿命が縮むように感じました。

ギルドの⾃動ドアがスライドして開きました。

すぐに、賢太の⽬は⼤きくなりました。

「兄貴!!」




「外で待機している記者がたくさんいるのは何故かと思っていましたが、これは・・・」

旬は彼に向かってニヤリと笑っているトーマス・アンドレを⾒つめました。

「兄貴!! どうして⻑い間、電話に出てくれなかったのですか!?」

「ええと・・・、ちょっと忙しくて・・・」

「ちょっと待ってください。その服はどうしたのです?」

旬の⾐服には、彼が経験した過酷な戦いの証拠が無数にありました。

トーマス・アンドレがゆっくりと椅⼦から⽴ち上がって旬に向かって歩いた。

「ミスター・水篠」

トーマス・アンドレは最初に⼿を伸ばしました。

旬は笑い、提⽰された⼿を握って振った。

しかし、トーマス・アンドレの顔の笑顔は⼀瞬で消えた。

(これは、どう言うことだ??)

⼀⾔で⾔えば、それは「強い」でした。

当時、旬は強かったが、今では、さらに強くなった。

(そのようなことが起きるのか??)




「韓国にはどのような用件で?」

「以前に約束したではありませんか?腕が治ったら⾷事をしましょうと」

トーマスは完全に治った左腕を上げ、振り回しました。

「ああ・・、そういえば・・・」

時間は明らかに昼⾷には遅すぎましたが、⼣⾷には少し早すぎました。

「⼣⾷の時間までにまだ多くの時間が残っているので…。待って・・・」

旬は急いで賢太に向かいました。

「ソウルで現在開かれている最⼤のゲートを教えてもらえますか?」

「兄貴、特に危険なA級ゲートを⾒つけました」

「おお!本当?」

「しかし、ハンタースギルドがすでに予約しています」

旬は全くがっかりしているようには⾒えなかった。

「⼤丈夫だよ」

旬はハンタースギルドに知り合いがいるので、⾃分で説明するほうが簡単だろうと思い、笑顔になった。

「すみません、少し⽤事があるので、しばらく外出するつもりです。約束の⾷事は帰ったら話しましょう」

トーマス・アンドレは、旬が姿を消した⼾⼝をぼんやりと⾒つめていました。

「では・・・。私はここに滞在しています」

トーマス・アンドレは、賢太に滞在しているホテルの連絡先の詳細を残しました。

「ふ〜・・・」

賢太は、安堵のため息を吐き出したが、すぐ隣に別の存在を感じた後、恐怖に襲われそうになった。

「あれ!あなたもまだここにいましたか??」

「私は事前に約束をしていました・・・」

レナートは無気力に⽴ち上がって、トーマス・アンドレが残したメモの⼩さな角に⾃分の連絡先の詳細を書き留めました。




向坂雫は旬から信頼を得る唯⼀の人物だった。

「あなたは私たちのダンジョンを借りたいのですか?何かあったの?」

向坂雫の前に突然現れた後に旬が最初に⾔ったのは、ハンタースが襲撃しようとしたダンジョンを借りることでした。

ハンターギルドのマスター、最上真が現地に到着しました。

「水篠ハンター!」

旬はダンジョン内のすべてのモンスターを殺すことを提案し、他のものに触れないことを約束しました。

最上真は、高ランクのゲートで仲間が怪我をするのをとても⼼配していたので、喜んでこの申し出を歓迎しました。

旬はすぐにゲートに向かった。

しかし、旬がく前に、誰かが旬の袖を引っ張り、旬はそれが誰であるかを⾒るために振り向いた。

そこには向坂雫が頬を⾚らめて、静かな声で旬に尋ねました。

「あなたはダンジョンの中で何をするのですか?」

「内部でテストをする必要があります。私の召喚獣の1人が変化しました」

向坂雫は好奇⼼をそそられ、静かな声でささやきました。

「もし良ければ・・・。あなたと⼀緒に中に⼊って⾒ても・・・いいですか?」

「それはあまりにも危険です。私は彼に無茶苦茶に⾛らせるつもりなので」

向坂雫はうなずき、それ以上は何も言いませんでした。

[ダンジョンに⼊りました]

旬は待機していたベルを召喚した。

「出てこい」

俺だけレベルアップな件【204話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は204話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【206話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は206話をまとめまし...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...