俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【208話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は208をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



 

208話 ネタバレ

【アイテム:カミッシュの怒り】
レアリティ:??
タイプ:短剣
攻撃⼒:+1,500
職人の⼿によってドラゴンの⻭の中で最も鋭い⽛から作られた最⾼品質の短剣。
この世界では、ドラゴンの刃の鋭さは同じではありません。

また、マナに対する優れた感受性を誇り、使⽤者の能⼒に応じて⼤幅に強化することができます。

 



 

(1,500 !? 純粋な攻撃ダメージだけで??」

攻撃のダメージが⼤きいと敵を簡単に切ることが出来ることを思い出し、旬はこの短剣がどれほど恐ろしいほど効果的であるかを想像することすらできませんでした。

旬は頭を上げ、この短剣で何かを切りたいという欲望が、旬を強⼒に刺激しました。

「ああ、ミスター・水篠。防御⼒を⾼めるために強化スキルを発動しても、その剣は私を切る事が出来ます。私の贈り物で私を殺そうと思わないでほしいのですが?」

「これはマナに対して優れた感受性を持っていますね?」

「マナに対する優れた感受性」が何を意味するのかを知るために、旬は魔力のエネルギーのほんの少しを剣に注ぎました。



 

(何てことだ・・・)

トーマス・アンドレは彼の⼈⽣の中であらゆる種類の狂気を経験しましたが、トーマスはショックを受けたあえぎが彼の⼝から漏れることを抑えることができませんでした。

旬の⼿から、短剣全体から、⿊いオーラがゆっくりと⽴ち上がっていた。

(この短剣は・・・。俺の魔力エネルギーに反応している)

短剣の重さも⼀瞬で消えた。

この武器は、旬の意のままに、そして重さを制御することさえ可能にしました。

「カミッシュの怒り」は、新しい所有者に挨拶するかのように振動し始めました。

旬の⼼臓はさらに強く鼓動した。

旬は⼼を落ち着かせ、短剣を元の位置に戻しました。

短剣の振動が終わった。

⿊いオーラは、呼吸することさえできないほどにローラとボディガードを圧迫していました。

 



 

トーマス・アンドレは、旬を⾒ることをやめ、ローラに視線を移しました。

「あなたはまだ私が間違いを犯したと思いますか?」

トーマス・アンドレの意味深い視線に、ローラは頭をすばやく横に振りました。

「私のプレゼント、ミスター・水篠は気に入っていただけましたか?」

旬は親指を静かに⾼く上げた。

これらの短剣は二人の友情の証でした。

「このようなものを無料で受け取っても良いのでしょうか?」

「無料で?どういう意味ですか?」

トーマス・アンドレは笑顔を消し、次に真剣な表情を作りました。

「実際、ギルドのメンバーと私⾃⾝の命を⽀払うには安い価格だと思います」

旬はただ笑ってトーマスに返事をしました。

「それなら、ありがとうございます。喜んで受け⼊れます」

「そうしていただけると、私も嬉しいです」

・・・旬とトーマスは同時に動きを⽌めました。

「ミスター・水篠、今のは・・・」

旬の横を通り過ぎた不吉な感覚。

トーマス・アンドレは、それに⾮常に似たものを感じたに違いありません。

 



 

事前の合意があるかのように、二人は席から⾶び上がり、すぐに窓の隣に⽴ちました。

「・・・」

トーマスは空⾼く舞い上がる巨⼤な⾨を⾒つめ、⼤声で叫びました。

「私はこれを信じることが出来ません。こんなに巨⼤なゲートを⾒たことがない!」

カミッシュを吐き出すゲートでさえ、目の前のゲートほど⼤きくはありませんでした。

ソウル市の上空を覆う巨⼤なゲートのサイズは、旬が「データ」内で⾒たゲートとほぼ正確に⼀致していました。

トーマス・アンドレ、ローラ、そして彼らのボディーガードでさえ、全員が何も喋る事が出来なかった。



 

彼らはスマートフォンを上げて、空を⿊く染めるポータルの写真を忙しなく撮りました。

かなりの数の報道陣が混雑していた。

テレビ局が「ソウル上空のゲート」について報道する特別番組を企画した。

招待された専⾨家は、ベルツァー博⼠でした。

「ソウルの空に現れた巨⼤なゲートはほんの始まりに過ぎないと私は恐れている」

ベルツァー博士は危険を公衆に知らせる義務があった。

「博⼠、あなたは⾮常に⻑い間ゲートとモンスターを研究してきました、それは正しいのでしょうか?」

「その通りです」

「その場合、この状況で私たちが思いつくことができる最も賢明な対応は何かについてあなたの意⾒を教えていただけますか?」

「私たちは祈ることしかできません」

ベルツァー博士は視線を聴衆に移した。

「私たちは、この前例のない出来事が悲劇で終わらないことを祈ることしか出来ません」

聴衆の表情が重々しくなっても、ベルツァー博士は説明を続けた。

 



 

「しかし、1つだけあります。悪いとは⾔えない知らせです」

放送が終わる直前に来たベルツァー博⼠の⾔葉は、なんとか司会者の表情を変えた。

「その知らせは何でしょう、博士?」

「ゲートの場所がたまたま韓国にあるのは幸運なことです」

ベルツァー博⼠の衝撃的な宣⾔は聴衆に騒々しい混乱をもたらしました。

「韓国は偉⼤なハンターの本拠地です。世界を終わらせる災難をすでに⼀⼈で止めています」

ここにいる誰もがハンターが誰であるかをはっきりと知っていました。

「私は、架南島からアリの怪物をすべて取り除き、⽇本の巨人をすべて殺した水篠ハンターについて話しています」

ベルツァー博⼠は、これは単なる偶然ではないと感じた。

「彼があのゲートを⽌めることができないなら、誰にもあのゲートを防ぐ事は出来ません」

ベルツァー博士は彼の要点をもう⼀度強調しました。

「私たちが韓国⼈を同情しなければならない状況になった場合、それはもうこの惑星に互いに慰め合う⼈間がいないことを意味します」

 



 

俺だけレベルアップな件【207話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は207話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【209話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は209話をまとめまし...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...