俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【209話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は209をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



 

209話 ネタバレ

これまでに地球上で開かれた最⼤のゲートは、カミッシュの出現したアメリカ合衆国のゲートでした。

パイロットと副操縦⼠、および協会の2⼈の従業員がヘリコプターに搭乗し、ゲートの近くまで⾶んでいきました。

「先輩、こんなものを⾒たことがありますか?」

先輩が⾸を横に振った。

「いいや。この世界の誰も、これほど⼤きなゲートを⾒たことがないでしょう」

全世界がこのゲートをめぐって⼤きな混乱を迎えた。

ヘリコプターは⽬的地の近くに到着し、徐々に上昇速度を遅くした。

「これより近づくとヘリコプターが危険にさらされます」

従業員は、ゲートを測定する準備を終えました。

スイッチがオンになるとすぐに、測定デバイスは「ON」になりました。

そしてすぐに測定を停⽌しました。

これは、デバイスがゲートから漏れる魔力のエネルギーレベルを処理できなかった証拠です。

 



 

調査結果を協会に報告するため、後輩が連絡をしようとしました。

「注意してください!」

部下は恐怖に襲われ、すぐに周囲を調べました。

「え?モンスターがもう出てきた??」

1⽇も経たないうちにゲートからモンスターが出現?

「あそこ!」

先輩は先ほど⾒たものを改めて指摘した。

「どうしたの?何を⾔っている?そこで何が起こっているのか教えてください!」

「はい、あれはモンスターです!ヘリコプターの近くに⼤きな怪物を発⾒しました!」

「何だと!?」

「ええと、会長。・・・モンスターの上に乗っている⼈がいます」

モンスターの背中に乗ったある男の画像が犬飼の目に⼊り、声が⼀瞬途絶えた。

「すみません・・・?モンスターに乗っている男の顔が⾒えますか?」

「ちょっと待ってください。はい、確認出来ます」

「あれは水篠ハンターではないでしょうか?」



 

カイセルの背に乗っている旬は、ゲートに接近した。

旬は協会のヘリコプターが地⾯に降り始めたことを⾒ました。

おそらく彼らにとって、このゲートがあまりにも危険であると評価しました。

「・・・」

旬は慎重に⼿を伸ばしました。

「このゲートが壊れてモンスターが溢れ出す前に、俺はおそらくダンジョンに入って問題を解決する必要がある」

少しの期待を胸に秘めながら、旬は⼿の先端をゲートの画⾯に押し付けました。

 



 

「何・・・?」

旬はゲートに⼊ることが出来なかった。

ゲートが⿊い画⾯で遮られたため、旬の⼿はゲートに⼊ることができませんでした。

覚醒者が通過できないゲート。

確かに、これは他のすべてのゲートとは異なりました。

「どんな事が起きても・・・」

ゲートから出てきたものは何が来ようとも・・・。

旬の家族や友⼈はこのゲートの下にいました。

旬は彼らに簡単に自分を通り越させる計画はありませんでした。

旬は「プレイヤー」になり、システムの⼒を得て以来、彼の存在には理由、⽬的があると信じていました。

もしそうなら、それは自分がこの災難を⽌めるつもりだったのでしょうか?

 



 

旬がバイブレーションのみのモードのままにしていたハンター発⾏のスマートフォンは、突然ポケットの中で震えました。

呼び出し先は、⽇本ハンター協会から来ました。

「こんにちは、水篠ハンター」

「どうしましたか?」

「今、⽇本の全⼟を衛星でスキャンしましたが・・・」

スタッフからの回答は、旬の予想を完全に超えていました。

「水篠ハンター、ゲートを1つも⾒つけることができませんでした。⽇本で⽣成される新しいゲートは1つもありません」

「1つも新しいゲートが登場していないのですか?」

スタッフはためらいながら話した。

「超⼤規模なゲートがソウルの空の上に現れたとき、すべての新しいゲートは突然世界から消えました」

「・・・」

旬はそこで通話を終了しようと考えました。



 

「韓国が我が国が耐えなければならなかった恐怖を経験することのないように祈ります」

旬は彼の嘆願を聞いて、⾃信を持って返信しました。

「そんな絶望はあり得ません」

スタッフは旬の返事を聞いて静かに笑った。

「やはり、あなたはトップランクのハンターです。私もあなたと⼀緒に戦いたかったです」

旬はハンター協会が発⾏したスマートフォンをポケットに⼊れました。

「持続時間が他のゲートからのダンジョンブレイクと同じであるなら・・・」

残り約6⽇。

「・・・行こう」

旬を乗せたスカイドラゴンは精⼒的に⽻ばたき、降下しました。

 



 

ゲートは姿を消した。

犬飼は緊張した表情で、提出されたレポートを読んで決定を下しました。

「私たちの国のすべてのハンターをソウルに呼びなさい」

「全員!?しかし、それはあまりにも危険です」

「それを実⾏し、発⾒できなかったゲートが完全なダンジョンブレイクになるとしたら・・・」

「ハンターの約半分を要請し、残りは・・・に任せてください」

犬飼は、多くの異議を聞いて、怒って会議のテーブルを叩きつけた。

「私たちは今、⽬に⾒えない危険を⼼配するために必要な余裕があると信じていますか?」

犬飼は部屋の壁の向こうを指さした。

「私たちは今、前例のない災難に直⾯しています。私たちが持っているすべてのものを注いでも、あのゲートを⽌めることができるかどうかは分かりません!」

犬飼は⼤声で叫び、出席者の顔を観察しました。

「他の地区で事件が発⽣した場合、私は全責任を負うものとします。私の全財産を放棄するように⾔われても、私はそうします。私の命を優先して戦うように⾔われたら、喜んでそうします!」

犬飼の厳しい決意に反対する⼈は誰もいなかった。

ダンジョンを攻略するため、関係者全員が勝利するために命をかけなければならない真の戦争でした。

「国内のハンター全員をすぐにソウルに召喚してください!彼らが戦える限り、誰も置き去りにしないでください!」

そして、犬飼会⻑の直接の命令の下で、韓国のハンターはソウル市に向かい始めました。

 



 

俺だけレベルアップな件【208話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は208話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【210話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は210話をまとめまし...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...