俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【210話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は210をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



 

210話 ネタバレ

ハンターたちがソウルを守るためにソウルに訪れてるのと同時に、市⺠がソウルから避難しようとしたので、道路は混乱した混乱になりました。

旬は避難中継ニュースを⾒て、お⺟さんに話しました。

「母さん、葵とどこか別の場所に⾏けば最⾼だと思いませんか?」

「私たちの地域は避難区域の1つでさえありません、旬も知っているでしょ?」

旬と⺟がソファの前にあるテーブルの周りに座っていたのとは異なり、葵は膝を伸ばしてソファ⾃体に座っていました。

「お兄ちゃんも⾏かないといけないの?」

旬は全国のハンターがソウルに集結しているニュースを調べて、旬に尋ねました。

「他の地域から来たハンターたちは、ソウルに到着したことを協会に報告しているんだって」

葵は⺟が剥いてくれたリンゴを受け取りながら、旬の返事を聞いた。

「へ〜」

家族は旬が家でより多くの時間を過ごすのを楽しんだが、旬は本当はありとあらゆる出来事に備えるために⾃分をさらに強化したいと思った。

「デイリークエストを放棄して、ペナルティゾーンに⼊るべきだろうか?」

それは良い考えのように思えましたが、同時に、現実的ではありませんでした。

旬は「カミッシュの怒り」をどうにかしてテストする別の⽅法を探す必要がありました。

 



 

旬が選択肢を考えていると、特定のシーンがテレビ画⾯に出⼊りしました。

⾶⾏中のヘリコプターから撮影されたハンター協会本部の建物でした。

「俺はあれを使えるのだろうか?」

旬はスマートフォンを引き出し、保存されている番号の1つをタップしました。

「こんにちは、水篠ハンター。犬飼です」

簡単な挨拶をした後、犬飼は今が良い時だと考え、彼の声はすぐに深刻になりました。

「あなたの側で何かが起こりましたか?思いがけない電話に、⼼配しています」

現在の状況がそうであるように、犬飼の神経のすべてが研ぎ澄まされていました。

「ええと、そんなに深刻なことではなく、実は・・・」

犬飼は、まだ緊張していて、唾液を飲み込んでいました。

「水篠ハンターにとって深刻な問題ではないにしても、それは私たちにとって重⼤な問題になるかもしれません」

本当に深刻なことではなかったので、旬はさりげなくお願いした。

「協会の体育館をしばらく借りることはできますか?」



 

忙しいはずなのに、犬飼が個⼈的に出てきて旬に挨拶した。

「ご覧のように・・・。これが私たちの体育館の状況です」

旬は頭を掻いた。

⼈⽬から離れた静かな場所を探すために、旬は協会の体育館を利⽤しようとしたが、現在は市内に集まったハンターを収容していました。

ハンターたちは、配られた武器と防具を装備し、厳しい表情をしていた。

一人のハンターが頭を上げると、偶然、旬の視線に出会った。

「水篠ハンター??」

体育館を埋め尽くすハンターたちは、同時に背後を⾒ました。

羨望と尊敬に満ちた視線が一斉に⾶び込んできた。

犬飼が電話で説明するときにこの光景を彼に⾒せたがった理由を、ここに来て、旬は初めて理解した。

犬飼会⻑は、突然召集されて緊張していたはずの、低ランクのハンターたちを、協会が現在味⽅にして最も優れたハンターを⾒せることで、一致団結する事を目論んでいた。

 



 

「ちなみに、水篠ハンター。なぜ体育館を借りたかったのですか?」

「これを使いたいのです」

犬飼は、旬の⼿のひらに乗ってい種を⾒た。

「これは何ですか・・・?」

「これを地⾯に植えると、⽊に似たモンスターが現れます。それでテストをしたかったのです」

「モンスターがポップアップするのですか!?」

この⼩さな種は、新しいモンスターが同じ場所で再び芽を出すことを意味しました。

旬はこれらのモンスターを「アーマードツリー」と呼んだ。

「現在の不安な雰囲気の下で、多くの⼈が外で動いている怪物の姿を見たらびっくりします」

「ですので、私は⼈⽬のない静かで補強された場所を探していましたが、これでは・・・」

旬は帰ろうとするが、犬飼が決断し、毅然とした声で発⾔しました。

「大丈夫です」

「え?」

「今⽇の体育館の午後のスケジュールは、水篠ハンターのために使います」

「本当に⼤丈夫でしょうか?」

旬は⼼配そうに尋ねたが、犬飼は笑った。

「私はあまり見えませんが、この場所の責任者です。この建物の権利は私にあります」



 

窓から、街を脱出しようとする⾞を無⾔で⾒下ろしている男がいました。

彼はトーマス・アンドレでした。

「本当にまだ帰らないのですか?マスター?」

「そうです」

トーマスはゲートを指していた。

「どうすれば、あの⼤きくて美しいゲートを置き去りにして逃げることができますか?」

「確かに⼤きいですが・・・。美しい・・・ですか・・・?」

「私の⼼を動悸させるものは、すべて美しいです」

トーマスは⾃分の胸に⼿を置き、⼼臓が脈動しているのを確認した。

「炎を吐き出すドラゴン、あの巨⼤なゲート、そして水篠ハンターの⼒でさえ、それらはすべて私にとって美しいものです」

トーマス・アンドレは⼿を胸から離し、明るく笑いました。

「それに加えて、すべてのゲートが姿を消したので、今戻る意味はありますか?」

「しかしながら・・・。ハンター局は⼼配し始めていました

「⾯⽩い事を言いますね。水篠ハンターの隣より安全な場所はありますか?」

トーマスは「巨⼤」の領域を超えて、「超⼤規模」の領域に⼊ったゲートを見つめた。

「あのゲートがここで⽌められなければ、私たちに未来はありません」

 



 

「よし、これで⼗分でしょう」

旬は種を床に置き、⽔を注いだ。

旬はゆっくりと安全な距離に下がった。

種は巨⼤なモンスターに変⾝し、その頭は体育館の天井に5分もかからずに触れた。

「出てこい」

ベルが地⾯から浮上した。

[ああ、我が王!!]

ベルの体から⽴ち上がる⿊い煙もさらに⽬⽴つようになり、今では霞のように⾒えるのではなく、代わりに⿊い炎が燃えているように⾒えました。

旬はベルの情報ウィンドウをもう⼀度確認しました。

【ベル Lv。MAX]

元帥級

「ベル、あなたが持っているすべてのもので、あのの⽣き物を攻撃してください」

ベルは、王から自身に与えられた命令に従って、自分の体の大きさを増加した。

ベルは次第に速度を上げ、全速力で突⼊し、アーマードツリーに襲い掛かった。

 



 

ベルが全力を注いだ攻撃は、⽊の怪物を半分に切断することができず、代わりに⼿⾸と同じくらい深く掘り下げることができた。

まるで冗談のようにS級のモンスターをバラバラに破ることができるベルにとって、これは大きな誤算だった。

しかし、その光景は、ほとんどすべての物理的な損傷に対する防御を専⾨とし、魔法の攻撃を除外した「アーマードツリー」にふさわしいものでした。

旬は満⾜のいく結果を達成したベルに命令を出した。

ベルは、即座に脇に移動しました。

⼀⽅、旬はインベントリから「カミッシュの怒り」の双剣を召喚しました。

アーマードツリーはその⾼い防御以外に何も持っていませんでした。

その防御能⼒について疑いの余地はありませんでした。

旬の⼿の端から広がり始めた⿊いオーラは即座に刃を包みました。

「俺に必要なのは破壊⼒だよな?」

(1,500の攻撃ダメージ・・・。どれほどの力か⾒てみましょう)

 



 

俺だけレベルアップな件【209話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は209話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【211話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は211話をまとめまし...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...