俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【211話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は211をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



 

211話 ネタバレ

「とりあえず、ほんの少しだけ」

旬の右⼿にある短剣は斜めの線を上向きに引いた。

鋭い空気⾳とともに、何かが地⾯に落ちました。

腕として使っていた太い枝の⼀つはきれいに切断され、床を転がっていました。

旬は軽くそれを⼀度だけ振ったが、結果はすでに驚くべきものでした。

悪魔王の短剣で何度も刺されても、アーマードツリーに適切なダメージを与えることはできませんでした。

超鋭利な刃の振動を感じた旬の⼼臓は、再び激しくなった。

 



 

[ああ、我が王!!]

「⼼配しないでください、知っています」

旬は枝が動く前にもう⼀度「カミッシュの怒り」を素早く振りました。

アーマードツリーは突然両腕を失い、空を⾒上げて叫びました。

旬は2つの短剣の破壊⼒を確認することが出来ました。

次は、彼らが全力で使用したときに何が起こるかを確認する時間です。

旬が全⾝の魔力エネルギーを右⼿に集中させたとき、刃の周りを微かに渦巻く⿊いオーラは、それがほとんど制御不能になるまでさらに激しくなりました。

ベルの⽬には、オーラが周囲の空間を完全に歪めているように⾒えた。

(何が起きているのですか!?)

ベルは震える両⼿を握り締めた。

「ああ、我が君主・・・」

ベルは、これまで君主に対する絶対的な忠誠以外の感情を感じたことはありませんでしたが、初めて⽊の形の怪物を気の毒に思いました。

旬は右⼿に持った短剣の先端に集められた彼の魔力エネルギーを解放しました。

「⾏け!」

ベルに与えられた彼の命令のように、それが持っていたすべてのものを使って!

敵のつま先、⾜、腰、肩、そして⼿⾸まで、全⾝が斬りつけられました。

 



 

「え?」

剣の先端から発射された⿊いオーラは、いくつかの太い鎖に分かれ、巨⼤な恐ろしい獣がその⽖で切り裂いたかのように、旬の前のすべてが⼀度に⼀掃されました。

破壊⼒はそこで⽌まらず、体育館の壁と床に恐ろしい傷跡を残して前進し続けました。

旬は完全に⾔葉を失った。

ハンターの活動を促進するために魔力エネルギーで補強された体育館の壁は、一髪の攻撃に耐えることができず、崩壊してしまいました。

ドラゴンの遺体から作られた魔力エネルギーを使う武器。

「ああ、我が王!!」

ベルは王の⼒の誇示に⾮常に感動し、彼は旬の前でひざまずくために急いで⾶出した。

「この虚弱で弱い召使いは、あなた様の深くて⼼のこもった感情を・・・、君主の底なしで無限の⼒から目を離す事が出来ません!!」

「・・・」

旬は当分の間、テレビの時代劇のドラマチャンネルをブロックする必要があるように思われました。

ドラマを楽しんでいた⺟親にとっては悲しいニュースですが、それでもです。

もちろん、ベルが興奮しすぎた理由が理解できなかったわけではなかった。

「カミッシュの怒り」が残した破壊の規模、ドラゴンが全⼒で攻撃すると、このような消滅を引き起こすのだろうか?

鋭さも破壊⼒も、これらの短剣は以前の武器を⼤幅に上回っていました。

「さて、テストが終わったので・・・」

・・・次はこの後始末でした。

この短い時間で体育館を台無しにしました。

「・・・どうしよう・・・」

旬は電話で犬飼会⻑に連絡する前に、⾃分の選択肢について深く考えて、連絡しました。

「ああ、会⻑?どうか、落ち着いて、私が⾔わなければならないことを聞いてほしい。ほら、素晴らしい仕事をしているアリが約300匹いて・・・」



 

ゲートが姿を消してから3⽇。

ダンジョンの襲撃に多くの時間を費やしていた旬は、最近の⽇々を家で過ごし、何もすることがありませんでした。

「暇なの?」

「うん?」

「退屈なら、外に出てみない?こんなに家にいるのは久しぶりじゃない?」

旬の妹は、⺟親の⾔うような事を突然⾔い始めました。

「どこにも⾏くところがないよ」

「会う人はいないの?友達は?」

多くの顔が彼の⼼から出⼊りしましたが、その中で特に鮮明な顔は1つだけでした。

彼⼥も自分と同じで、剣を振り回しているかもしれません。

「良い考えだ、葵」

旬は突然ベッドから起き上がり、彼⼥の前に⽴ち、葵は急いで⼀歩下がった。

「な・・・、一体どう言う事?」

「ちょっと、ごめん」

旬は巧みに葵の横を通り過ぎて、バスルームにまっすぐ向かいました。

「何〜?どこへ行くの?」

旬は明るく笑って葵に答えた。

「デート」

 



 

「今⽇はここまでにしましょう」

向坂雫の⼿が木刀を振るのをやめた。

雫は振り向いて師匠に向かいました。

彼は道着を着た⽼⼈だった。

この⽼⼈は雫の先⽣でした。

雫はS級ハンターだったので、彼⼥の⾝体能⼒に追いつくことができる⼈はほとんどいませんでした。

⾃由な時間があると、剣術を磨くためにここにやって来ました。

馬渕は雫の前に座り、落ち着いて話しました。

「最近、向坂くんの刃にはためらいの痕跡が含まれていると感じざるを得ません」

馬渕は静かに続けました。

「あなたの⼼に恐怖の感覚がまだ残っている事が心配です」

馬渕は雫の恐怖がどこから来ているのかを⾮常によく理解することができました。

誰も⾒たことのないゲート。

馬渕は自身の過去を振り返っているように⽬を閉じ、ゆっくりとうなずいた。

「あなたが怖いのは分かります。私も同じように感じました。もちろん、私が戦ったモンスターは、あなたが戦ったモンスターと⽐較することはできませんが、腕を失ったときは・・・」

雫の、ハンターが発⾏したスマートフォン。

道場の隅に隠れて邪魔にならないようにしていたが、⼤きな⾳が鳴り始めました。

「申し訳ありません、師匠」

馬渕は彼⼥が電話を切るのを待っていたが、雫の表情が⼀秒ごとにどんどん明るくなっているのを⾒た。

(んん・・・?)

雫は間違いなくそれを隠そうとしていましたが、彼⼥の⽇常⽣活は普段とても無表情だったので、馬渕でさえ彼⼥の表情の変化を簡単に⾒つけることができました。

「ええと、師匠・・・、私は・・・。約束があるので、行ってきます」

雫の頬は⾚くなっていた。

雫の⽬が活⼒で満たされているのを⾒て、馬渕は彼の考えが的を外れていることに気づきました。

「分かりました。もちろん、行ってきてください」

「じゃあ・・・」

馬渕は雫が出発するのを⾒つめ、やがて彼の唇に優しい笑顔が浮かんだ。

「ああ、そういうことでしたか・・・。理由が分かりました」

こんなに素晴らしい若い⼥性の愛を受けた幸運な奴が誰なのかと疑問に思っている間、雫が⽰したのと同じくらい幸せな満⾜感の表情が馬渕の顔に浮かびました。

 



 

俺だけレベルアップな件【210話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は210話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【212話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は212話をまとめまし...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...