俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【213話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は213をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



 

213話 ネタバレ

【水篠旬と向坂雫がテーマパークに⾏く】

記事には、テーマパークを訪れた話題の2⼈の⼈物のさまざまな姿がスマートフォンで撮影されていた。

誰もが名前を知る2人のS級ハンターに関する「スキャンダル」は、上空の超⼤規模ゲートに関連する記事の絶え間ない流れに、疲弊していたすべての⼈の気持ちに新たな活⼒をもたらしました。

世界最⾼のハンターと韓国最⾼の⼥性ハンターが付き合っている。

明らかに、⼈々はこの問題に信じられないほどの関⼼を⽰しました。

 



 

⽩⻁ギルドの白川大虎会⻑は舌打ちをして、新聞を閉じた。

仮に、水篠ハンターが⼥⼦⾼⽣ハンターと付き合っていたとしても、記事の見出しは同じであっただろう。

白川は⾃分の席から⽴ち上がり、窓を⼤きく開けて外を見ました。

彼の指先に感じたのは凍えるような寒さ。

「これはおかしいです」

その瞬間、白川はこの不気味に冷えた感覚が⾸の後ろを撫でているのを感じました。

「何か・・・何かが本当に気分が悪い」

 



 

最初に⽬を開いたのは旬でした。

雫は⽢い眠りからまだ⽬覚めていないので、昨⽇から疲れ果てていたに違いありません。

旬は雫を起こさないように注意深く⽴ち上がって近くの森へと歩いていった。

旬が体を流し終わった後、彼は雫がまだ眠っていたところに戻った。

旬は奇妙な何かを発⾒し、彼の歩みは突然⽌まりました。

それはどこでもよく⾒られる植物であると⾔いたくなるかもしれませんが、その葉は銀⾊に優しくきらめいていたのです。

この奇妙な⽊は⾮常にかすかな量の魔力エネルギーを放出していました。

旬はしばらくの間⽊を観察し、頭を上げてあちこちに同じ銀⾊の葉を⾒つけました。

⼟でさえ、魔力エネルギーの微妙な痕跡、⾹りが含まれていました。

この世界はすでに魔力エネルギーに深く取り憑かれていたのかもしれません。



 

旬は眠りからゆっくり⽬覚めた雫の動きを遠くから感じました。

変容する世界の影響を⼼配することは確かに重要でしたが、今はそれよりもさらに重要なことがありました。

雫はすぐに彼を発⾒し、安堵のため息をついた。

旬は微笑んで雫に挨拶した。

「おはようございます。よく眠れましたか?」

雫の顔⾊は⾚くなった。

「・・・はい」

「近くに素晴らしい朝⾷があるホテルを知っているので、⾷事のためにそこに⾏ってみませんか?」

旬は再びカイセルを召喚する前に、雫の手を取って⽴ち上がるのを助けました。

カイセルは⽻ばたき、⾶び上がった。

 



 

「それ」は突然突然現れた。

⽬の前には、⾝⻑が2メートルを超える⼤きな体格の⼤きな男が⽴っていました。

獣のような男は同じ場所に⽴っている間何も⾔わなかった。

巨⼤な男がハンターの頭をつかんで、男を持ち上げると、通⾏⼈がで叫び始めました。

砕ける何かの⾳を伴い、⾎液と脳の塊がいたるところに⾶び散った。

男は地⾯にいるハンターの命のない体を貪欲に貪り始めました。

その男の目は今や間違いなく野獣の⽬に似ていました。

[よく聞いてください、ちっぽけな人間共!!今からお前らを追い詰めます!!]

雷鳴のような轟⾳が、聞いている⼈すべてを⿇痺させた。

[私の⽛と⽖が弱者の⾁と⽪膚を容赦なく引き裂きます!]

それは百獣の王でした。

[俺を止めてみろ!!】



 

犬飼会⻑は、予告なしに街の真ん中に現れた「恐ろしい存在」についての報告をようやく受け取った。

「それ」は最初に明洞の地区で発⾒され、そして、直線で動いている間、⽣き物はそれが⽬を向けたすべての⼈間を殺し始めました。

「水篠ハンターはどうですか?」

「私たちはまだ彼に連絡することができません」

国で最も強⼒なハンターがいないと言う事実は、おそらく想像できる最悪のニュースでした。

「会⻑!」

犬飼は協会の従業員が許可なしに彼のオフィスに突⼊しても、特に怒らなかった。

「水篠ハンターと連絡が取れましたか!?」

「いいえ、そうではありません。しかし、近くに世界クラスのハンターがモンスターを⽌める準備をしていることを知りました!」

 



 

「私は・・・勝つことが出来るのだろうか?」

レナートは自信は無かったが、一流ハンターとして、無実の市⺠からの恐怖の叫びを無視することはできなかった。

レナートは自分がソウルに滞在したのはおそらく運命の悪戯だったと信じ、彼は⾃分の両⼿で怪物を⽌める決断をしました。

通りの端でようやく姿を現した怪物に⼀歩踏み出そうとしたところ・・・。

後ろから低い声がしました。

「どいてください」

 



 

俺だけレベルアップな件【212話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は212話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【214話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は214話をまとめまし...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...