俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【214話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は214をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 

 

 

 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



214話 ネタバレ

「ハンター協会から?」

旬が少し離れている間に何か悪いことが起こったのでしょうか?

「み・・・水篠ハンター!?」

「はい、どうされましたか?」

「少々お待ちください、会⻑が説明します。すぐに電話を代わります」

犬飼会長が直接説明するほど深刻な問題なのだろうか?

「水篠ハンター!! どうして電話に出なかったのですか?」

おそらく、頻繁なダンジョンブレイクによって汚染されているためか、その広⼤な⽊の海の中にいるときは、外部に連絡することはほとんど不可能でした。

(森にいる間に超⼤規模なゲートが開かれたのだろうか?)

しかし、少なくともあと2⽇残っていたはずです。

「ソウルの真ん中にモンスターが現れ、⼤暴れしています!」

(何だって!?)

旬は、束の間の休憩を楽しんだ後、活⼒を感じていました。

「モンスターの⼤群の規模はどれくらいですか?」

「いいえ、⼤群はありません。それはただの一体の生物です」




(一体だけ?)

「⽣物と戦おうとしたギルドは⼀瞬で全滅しました。モンスターは普通の⽣き物ではないようです」

犬飼会⻑の声は、不安に満ちていました。

「トーマス・アンドレハンターがモンスターと戦う準備ができているという連絡が少し前にありました」

(ちょっと、待て・・・)

旬が何かがずれていることに気づいた。

信じられないほどの⼒を持っている敵、それと戦っている国家権力級ハンター、そして最後にブロックされている通信。

(まさか!?)

旬の頭に浮かんだ明確な可能性の1つ。




「会⻑!その怪物は影を持っていますか?」

「何だって?」

「そのモンスターに影があるかどうか確認してください!」

「ええと・・・そうです、水篠ハンター!写真で確認しましたが、怪物には影がありません!」

旬は、後藤を襲撃したアイスエルフも影を持っていない事を思い出した。

旬は、これ以上の説明を聞く必要がないことに気づき、トーマス・アンドレに忍ばせている影の兵士と「影交換」を発動しようとしました。

[指定された影の兵士が⾒つかりません]

旬は数回試しましたが、同じ結果でした。

「俺の兵士が・・・消えた?」

スキル「影交換」に必要な影の兵士は、どういうわけか跡形もなく消えていた。

(俺の意志とは関係なく影の兵士が消える?)

困惑した声が旬の⼝から漏れました。

「⼀体何が起こっているんだ?」




「どいてください」

レナートは以前に同様の状況を経験していましたが、彼が今感じている感情は当時とはかなり異なっていました。

「トーマス・アンドレ!」

現場から逃げ叫び声をあげている⼈々でさえ、国家権力級ハンターの巨⼤な体格を認識し、彼らの歩みは徐々に⽌まりました。

「ああ、親愛なる神よ!ありがとうございました!」

トーマス・アンドレは近くのハンターたちに怒りで叫んだ。

「⾺⿅のように⽴ち⽌まっていないで、市⺠の避難誘導をして下さい!!」

レナートは、韓国のハンターとともに無⼒な市⺠の避難誘導に協⼒しました。

その「怪物」はゆっくりとトーマスの⽅向に進んだ。

トーマスが⾒たのは⾎に覆われた獣でした。

「悪臭を放つ野獣が、⻑い間暴れ回っていたのですね」

トーマス・アンドレの怒りをあざけるかのように、「獣」は⻭を⾒せるようなにやにや笑いで⾁の⼩⽚に覆われた⽛をむき出しにしました。

「強化」

トーマスの筋⾁は鎧のように変形し、すでに巨大な体格は以前よりもどんどん⼤きくなりました。

2⼈の巨⼈が⼀瞬で距離を縮め、互いの前に⽴った。

そして、彼らは新たな敵を観察するために視線を交換し、すぐに、彼らは同時に⼤きな声で叫びながら、巨⼤な魔力エネルギーの筋⾁を圧迫しました。

強大な拳の交換は、あらゆる種類の技術を考慮せずに、⼒ずくでのみ⾏われていました。

「私の方が勝っている」

旬に負けた後、トーマスは⾃信がやや落ち込んだと感じたが、このドッグファイトを通して、再び成⻑していると感じた。




他のハンターたちは喜んだが、トーマス・アンドレ⾃⾝は、少しの喜びの兆しも⾒せなかった。

「いいえ、今のは・・・。今のは・・・ではなかった。私が欲しかったほど、ダメージは深くない」

トーマスは、建物の崩壊した破⽚の向こうから密集した殺意を放つ獣の存在をまだ感知することができました。

獣はトーマスの目の前まで近づきました。

「崩壊!!」

地⾯から発⽣する恐ろしい衝撃波が獣を打ち負かした。

墜落する前に空中に投げ落とされた獣は、苦しみの中で叫んだ。

トーマス・アンドレはこのチャンスをつかみ、モンスターの上に⾶び乗った後、信じられないほどの魔力エネルギーを帯びた拳を振り始めました。

「パワースマッシュ!!」

それは、世界最⾼と呼ばれる国家権力級ハンターにふさわしい圧倒的な勝利でした。

しかし・・・。

トーマス・アンドレの額に冷たい汗が形成され始めました。

(明らかに有利な⽴場にいるのに、なぜ私はこの不安を感じるのですか?)

戦いの最初から今まで、獣はまったく無関⼼な⽬でトーマスを⾒ていました。

それはまるで獣がトーマスをからかっているかのようであり、トーマスにもっと他にないのかと挑発しているようにも見えた。

(これで終わりだ!)

トーマスが持っていたすべてのもので、自分の拳の両⽅を獣に叩きました。

「崩壊!!!!」

獣が⽬を閉じて、再び目を開くと、以前は⼈間の⽬に似ていた⽬が、今では完全に野⽣の捕⾷者に似ていることを明らかにしました。

獣は⽚⼿でゆっくりと⼿を上げ、トーマス・アンドレの2つの拳を簡単に抑えた。

[あなたは破片の単なる⼈形であるにもかかわらず、なんとかこのくらいの⼒を引き出すことが出来ました]




獣の⿊い髪は、その⾊が⽩に変わるにつれて、より⻑く成⻑し始めました。

「狼男!?」

これまでに、トーマスがハンターになってからの10年間に⽩い狼男は一度も見た事がありませんでした。

「あなたは・・・。あなたの正体は何ですか?」

狼男は何も答えず、純粋な⼒だけでトーマスの⼿の⾻を粉砕しました。

俺だけレベルアップな件【213話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は213話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【215話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は215話をまとめまし...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...