俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【215話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は215をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



 

215話 ネタバレ

最強のハンターは叫び声を上げ、近くにいる誰もがショックと驚きを隠すことができませんでした。

怪物を⽌めようとする国家権力級ハンターが痛みで叫んでいた。

「獣」はトーマス・アンドレの手首を地面に叩きつけた。

その後、トーマス・アンドレの上に登り、ポジションを逆転させました。

獣はトーマス・アンドレの顔を踏みつけ、⼤声で空に向かって叫びました。

捕⾷者は戦っていませんでした。

[今怖いですか?]

 



 

トーマスはめちゃくちゃな拳を⾮常に苦労して握りしめ、反撃しました。

彼は自分を睨みつけている獣の無関心な目を見て、自分の道を塞ぐたに空高くそびえ⽴つ壁を想像し始めました。

獣からの攻撃でトーマスの頭が左右に激しく揺れ、地⾯がどんどん陥没していった。

本当の攻撃がどのように見えるかを人間に教えるかのように、凶悪なパンチが容赦なく叩きつけられました。

トーマス・アンドレの唇は、獣が単にパンチに耐えた当時とは異なり、痛みを伴ううなり声を何度も繰り返し出し続けました。

 



 

獣は攻撃を⽌めました。あたかも⽳をあけたかのように、それはトーマス・アンドレの影でした。

[そこにネズミが隠れているのが⾒える。]

獣はトーマスの影に深く⼿を刺し、空間内の「何か」をつかみました。

獣は直⽴し、強⼒な握力でアリの⾸を掴む。

獣はアリの精神エネルギーを狙って、アリの存在そのものを完全に消去しました。

灰⾊の灰が宙に散らばるのを⾒て、獣はニヤリと笑った。



 

トーマス・アンドレは⽴ち上がって、誰も気づかないうちに獣の後ろに⾝を置いた。

獣の首を⼀気に押しつぶすのに⼗分な圧⼒をかけ、トーマスの腕には厚い静脈が膨らみました。

トーマスは⻭を⾷いしばって集中し、このチャスを逃したら殺されるだろうことを完全に知っていました。

トーマスは⾻が粉々に砕かれるの不快な⾳を聞いた。

獣はその首固定されている腕を、物理的な手の握りだけで粉々にしました。

その後、トーマスの頭を両⼿でつかみ、地⾯に叩きつけました。

獣はトーマスに襲いかかり、彼を噛み始めました。

捕⾷者の⾷事が始まった。

この恐ろしい光景を⾒て、その場所を守っていたハンター達は、無意識の恐怖で後ずさりを始めました。

 



 

ためらっているハンターの中で、⼀⼈の男が稲妻のように前に駆け寄り、獣に向かってまっすぐ⾛りました。

獣は勝利の美酒の味に酔っていたので、気付かずに捕まってしまい、この予期せぬ攻撃をまともにくらい、その結果、投げ飛ばされました。

トーマス・アンドレはレナートを認識し、何とか声を出すことができました。

「逃げろ・・・」

ハンターとして、レナートはこの状況から後ずさる気はなかったので、トーマスが彼をどう思うかは関係ありませんでした。

気づけば、レナートの足は無意識に震えていました。

レナートがそのように震えているのを⾒て、トーマス・アンドレは再び⼝を開きました。

「あなたが死んでしまう・・・」

臆病者の⼈⽣ではなく、レナートは栄光の道に出て⾏くことを選びました!

「私は間違っていません・・・私は間違っていません!!」

レナートは、彼に向かってどんどん速く⾛ってくる巨⼤な⼒をにらみつけながら、⼼を燃やし続けました。

「私は決して間違っていません!!」

獣が⼀瞬で距離を縮めたので、レナートはあらゆる全てのエネルギーを呼び起こし、拳を振りました。

 



 

レナートの拳で殴られた獣は、数⼗メートルの直線で飛び去っていました。

アスファルトが砕け散り、⾞が吹き⾶ばされ、街灯が真ん中で曲がった。

「え?私はこんなに強かったのですか?」

レナートは拳をじっと⾒つめ、誰かが彼のすぐ隣に⽴っていることに気づきました。

「水篠ハンター!!」

 



 

レナートがギルドオフィスに来たときに、旬は影の兵士を彼に付けていた。

そのおかげで、旬は2⼈の男の命を救うことができました。

トーマスが時間を稼いでくれた事に、旬は感謝した。

「奴を引き止めてくれて、ありがとう。申し訳ありませんが、トーマスを安全な場所に避難できますか?」

「はい!任せてください!!」

レナートは慎重にトーマスを持ち上げ、急いで離れた。



 

獣からにじみ出る、圧倒的な殺意。

目の前の獣は、旬が以前に会ったアイスエルフに似た種類のオーラを持っていました。

確かに、トーマスを追い詰めていたのは君主の⼀⼈でした。

獣は建物の残骸から完全に現れ、ゆっくりと旬の⽅向に歩きました。

[あいつの言った事は本当でした。影の君主の⾹りがその⼈間の⾹りに混ざっています]

獣は騒々しく嗅ぎながら、何かを発⾒したかのように尋ねました。

【しかしどうやって・・・。⼈間の体でどうすれば、ここまで⾼い⼒を引き出すことが出来るのか?】

旬は獣の好奇⼼を解くことを選択するのではなく、代わりに「カミッシュの怒り」を召喚しました。

旬の⽬から氷のように冷たい殺意の怒りが溢れ始めました。

[「設計者」が⽅法を⾒つけた可能性があります。まあ、結局のところ、影の君主と「設計者」の間の取引はずっと前からありました】

薄い霧のような煙は、突然単⼀の塊に凝固し、ヒューマノイドの形に変⾝しました。

それは古代のアイスエルフでした。

[その場合、私はこの⼈間の死体を⾷べることができますよね?]

⽿をすりおろすほど⽿障りな奇妙な⼥性の声が後ろから聞こえて、旬はすぐに振り返った。

昆⾍の⼤群が下⽔道から流れ出て、⼈型の⼥性の形をとるために⼀つに融合し始めました。

[私は君主がどんな味なのかを知りたいです]

 



 

これは罠でした。

旬を囲い込むためにソウル全体に仕掛けられた罠。

[スノーフォークの王、氷の君主があなたを敵として指定しました]

[百獣の王、獣の君主があなたを敵として指定しました]

[昆⾍の⼥王、疫病の君主があなたを敵として指定しました]

3人の君主は、旬を取り囲んでいると思っていました。

しかし、旬は一人ではありませんでした。

「出てこい」

 



 

俺だけレベルアップな件【214話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は214話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【216話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は216話をまとめまし...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...