俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【217話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は217をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 

 

 

 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



217話 ネタバレ

ベルは常に王に最も忠実な下僕として⾃分⾃⾝を誇りに思っていました。

しかし今、氷の君主の刑務所に閉じ込められた後、彼は無⼒の味がどのようなものであるかを理解しました。

(私はこれほど弱かったのですか?)

氷の君主は、ベルとは別の次元の存在でした。

数の暴力は旬の⾸を徐々に引き締めていきました。

次第に悪化する敵の攻撃と防御の猛攻が旬を押し戻し始め、ベルは必死に拘束を解こうと苦しんだ。

(我が王!!我が王!!)

王は危険にさらされていました!王は危険にさらされていました!王は危険さらされていました!

「私は、私の王を守らなければなりません!!」

ベルの頭の中の何かが外れた。

「Kiiiiieeeehhk!!」

ベルの表情は、⼤声で叫びながら恐ろしい悪魔のような顔になりました。

ベルの体のすべてのが膨らみ、彼を閉じ込めている氷の塊を押しのけ始めました。

ベルは全⼒を注ぎ、体をねじり、⼤きな⻲裂を氷のブロックを破壊する。

彼は純粋な⼒を使って、氷の刑務所から脱出した。




[我がおぉぉぉう!!!!!!]

旬が自分を読んでくれる幸せをベルは感じると同時に、旬の体にある小さな傷と擦り傷はすべてベルの視界に⼊った。

(ただの昆⾍のメスごときが我が王に触れた!!)

ベルの怒りは新たな⾼みに達し、彼は昆⾍の⼥王に飛びかかった。

[単なる影の兵士が私の拘束魔法から抜け出すことができただと!?]

本来なら、そのようなことは決して起こらないはずです。

[⼈間ごときが、どうやって元帥級の存在を育てたのですか?]

ベルは彼の抑えきれない怒りの標的である昆⾍の⼥王の前に到着していた。

[⾃分の⺟親すら認識できない馬鹿な⼦供を罰しなければならない!!]

「Kiiiieehhk!!黙れ!!売春婦が!!」

[何て⾔った!?]

混沌の世界の住⼈であり、そこに住むすべての昆⾍の主⼈である疫病の君主は、ベルの言動に驚きを隠せなかった。

ベルの雷鳴の轟⾳により、昆⾍は⼀瞬にして⼥王の体から落ち、その中に隠れていた疫病の君主の実体が⼀時的に姿を現しました。

疫病の君主は、本来の所有者に⽛をむき出しにしたアリに対して激しい怒りを⽰しました。

「Kiiiaaahhk !!」

⾍の⼥王からの叫び声が⼤声で響き渡り、天空を引き裂き、ベルは攻撃を阻⽌する⽅法がないまま押し戻されました。

昆⾍の⼥王は、その巨⼤な体をもう⼀度形成するために、再び虫達を引き寄せ始めた。




旬は⼆⼈のやりとりを⾒て、ベルを称賛した。

ベルが3つのうちの1つの注意を奪うことができれば・・・。

ベルが生み出した時間はそれほど多くありませんでした。

旬は全⼒で氷の君主に向かってダッシュした。

氷の君主は旬を睨みつけ、彼に向かって、両⼿の間に鋭い氷の槍を作りました。

しかし、ターゲットと衝突する直前に、旬は突然⽅向を変え、代わりに獣の君主に向かって跳躍した。

[・・・!!]

獣は旬の短剣を純粋な本能だけでブロックすることができました。

獣の君主の反射神経は、旬の予想よりも速かった。

「まずはお前からだ」

一瞬で、旬はカミッシュの怒りを逆手に握り、強⼒な攻撃の弾幕を降らせた。

獣は旬の猛攻に防戦一方だった。

旬は背後に鋭い殺意を感知し、緊急回避した。

氷の君主が放った氷の槍は、旬の腰があった場所をすり抜けた。

旬は短剣で氷の槍を叩き落とし、氷の君主の一瞬の隙を見逃さず、すぐに距離を縮めた。

旬はアイスエルフの傲慢な⽬を切り裂こうと刃を振ったが、残念ながら短剣は後一歩届かなかった。

後方には、氷の君主。

正⾯には、獣の君主。

異次元の力を持っている2⼈の君主からの恐ろしい攻撃が旬に降り注いだ。




2つの短剣が稲妻のように点滅し、二人の君主からのすべての攻撃をブロック、又は。回避した。

旬の動きは、今や、⾃分の視界の限界を超えていた。

動きの動作、⽬、呼吸、筋⾁のけいれん、魔力エネルギーの⽅向など。

絶対的な限界に追いやられた旬の知覚は、⼀つとして⼩さなことを⾒逃すことはなく、敵の攻撃のすべてを正確に読みました。

「より速く、より速く、より速く、より速く、より速く!」

数え切れないほどの攻撃が繰り出されるにつれて、旬はどんどん速くなりました。

(何が・・・。どうなっている!?)

(不可能だ!⼈間が影の君主の⼒を⼗分に活⽤することは出来ない!!)

彼らの敵は⼈類の限界を超え、⽬の前でどんどん進化していきました。

旬は両⽅の君主の武器を刃で受け止め、そして⼒だけで、両⽅を遠くに押し込んだ。

衝撃と驚きは、2⼈の君主の表情をすぐに染めました。

賞賛のため息だけがレナートの⼝から漏れ続けた。

トーマス・アンドレは彼の好奇⼼に勝つことができず、それらすべての疑わしい爆発的な⾳から⽬覚め、尋ねなければなりませんでした。

「・・・何が起こっている?」

レナートは信じられない声でつぶやき、旬から視線をそらすことができなかった。

「・・・私は世界の終わりを⾒ています」




旬はベルの叫び声を聞き、彼の頭はその⽅向に向かった。

ベルは⾍の⼥王の⾜元に踏みにじられ、逃げるために必死の闘いを繰り広げていましたが、それが無理という事はすぐに分かった。

魔力エネルギーがベルの体を消そうとし、彼の存在は徐々に薄れていきました。

旬はこんな所でベルを失うわけにはいかなかった。

「ベルが消え、昆⾍の⼥王の動きが戻れば、この不安定なバランスが崩れます」

旬はもう⼀度氷の槍と刃を振り払い、昆⾍の⼥王に向かってダッシュした。

⼥王は最も強⼒な影の兵士を破壊することに集中しすぎていたので、旬の接近に反応が少し遅れた。

[人間風情が!!]

女王は急いで緑⾊の液体を旬の顔に吐き出しました。

空気中に残っている明らかな毒に関しては、旬の自動バフがそれを簡単に中和しました。

疫病の君主の⼒は旬を少しも脅かすことができず、彼⼥はすでに彼の攻撃範囲内にいました。

旬は昆⾍の⼥王に触れる距離に近づくまでさらに近づき、短剣をしっかりと握りました。

「乱刀!!」

刃は昆⾍の⼥王に⾬を降らせ、⽣き物の全⾝が⼀瞬で引き裂かれたぼろきれに変わりました。

しかし、ウジはモンスターの体の中で揺れ動き、絡み合って、すぐに体を元に戻しました。

体を再⽣する能⼒を持っていれば、再⽣速度を超える攻撃を継続的に注ぎ出すだけでした。

旬は、昆⾍の⼥王が再⽣する可能性のある⾁のすべての⼩さな部分を完全に崩壊させるまで、「乱刀」を全⼒で繰り返しました。

[あなたは9⼈の君主の1⼈、疫病の君主を殺しました]




旬は⾝を守るために強烈な殺意の⽅向に急いで向きを変えようとしたが・・・。

鋭い5つの爪が旬の背中の後ろから出てきた。

「・・・」

獣の君主は狼男に変⾝し、右⼿に5つの刃のような⽖で旬の背中を正確に刺しました。

その瞬間、旬の体が凍りついた。

氷のような冷たい空気がアイスエルフの⼿で回転して凝固し、氷の短剣を作りました。

[これで終わりだ]

氷の短剣が旬の腹を刺した。

「わ・・・我が王!!」

ベルが感じた絶望と悲しみは、旬にも完全に伝わっていた

[これがあなたの限界です、⼈間]

アイスエルフは旬の耳元で囁いた。

[あなたは、私たちの軍隊がこの世界に⾜を踏み⼊れた瞬間を⾒ることができません。それが起こるとき、⼈間の死体は⼭を形成し、彼らの⾎は無限の川を形成します]

氷の君主は旬の⽿から距離を置き、彼の固い表情を⾒つめた後、陰湿な笑みを浮かべた。

[しかし、あなたが育ったこの国は違います。私はこの⼟地のすべての⼈間を一人一人凍らせ、彼らを永遠の地獄で苦しませます。私は彼らが永遠に⽣きたり死んだりしない存在を受け入れる事を保証します]

アイスエルフは短剣を引っ張り出し、すぐに旬の心臓に刺した。

氷の君主は、⼈間の⼼臓が破壊されたことを確認しました。

「まだだ・・・。俺はまだ・・・」

すべての感覚の突然の喪失とともに、旬の意識は急速に薄暗くなった。

旬の⼼臓はついに機能を停⽌しました。

[「プレイヤー」のHPが「0」に達しました]

[「プレイヤー」が死亡しました]

[「プレイヤー」は「黒い心臓」を所有しています]

[「パッシブスキル:(不明)」のすべての要件を満たしています]

[「パッシブスキル:(不明)」がアクティブになりました]

スキル情報ウィンドウが⾃動的に開き、点滅している「パッシブ」内のスキルの1つに⼩さな変更が発⽣しました。

【スキル】
パッシブスキル
–(不明)Lv。MAX
–粘り強さLv.1
–短剣Lvのマスター。MAX

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【スキル】
パッシブスキル
–進化Lv。MAX
–粘り強さLv.1
–短剣Lvのマスター。MAX

俺だけレベルアップな件【216話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は216話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【218話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は218話をまとめまし...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...