俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【219話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は219をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



 

219話 ネタバレ

「私はあなたです」という⾔葉。

黒い心臓に触れていたので、旬はその⾔葉の意味を理解できた。[そのとおりです]

影の君主は旬に話しかけた。

[私の領⼟内では、あなたはあなたが望むことを何でもすることができます]

世界を創造し、変えるこの⼒は影の君主の領域に限定されていましたが、旬はそれでも賞賛のため息を吐きました。

 



 

[私は影の君主です。私は死者の王であり、死の⼒の⽀配者であり、闇の最も深い部分の管理者です]

やっと旬は、システムが彼の⼈⽣の⼀部になったときから、ずっと頭に残っている1つの質問をすることができました。

「なぜ・・・私が選ばれたのですか?」

なぜシステムは旬を「プレイヤー」として選んだのだろうか?

[お⾒せします]

影の君主はゆっくりと⼿を旬の額に向けて伸ばした。

[これが私たちの始まりと終わりです。そして、あなたの始まりです]

 



 

水篠ハンターが無⼒に地⾯に崩れ落ちるのを⾒て、悲しみに打ちひしがれたあえぎがみんなの唇から出ました。

「え?何が起こっている!?」

カメラマンがパニックで叫んだ直後、中継さえも遮断されました。

衝撃と混乱の真っ只中で、⻑い間中継が遮断されていたにもかかわらず、⼈々は画⾯から離れることができませんでした。

 



 

氷の君主は厄介な⾶⾏装置を破壊することに成功しました。

[彼の⼈⽣は終わりました]

獣の君主の⽬と⽿は彼の獲物の死を確認しました。

対象からの⽣命の兆しはまったく感じられませんでした。

彼らの⽬は、勝利の興奮の中で泳いでいました。

2⼈の君主は頭を上げ、彼らの視線はトーマス・アンドレに固定された。



 

レナートは彼らの視線を感知した後、思わず怯んだ。

「水篠ハンターはどうやって彼らと戦ったのか・・・?」

「水篠ハンターの存在がちょうど今消えました。何が起こっているのか教えてくれませんか?」

「彼は・・・」

 



 

レナートの⽅向にのんびりと歩いている2⼈の君主は、同時に後方を⾒ました。

⼼臓が破壊されていることが確認された⼈間の体から、激しい⿎動が聞こえてきました。

2⼈の君主は互いに信じられないという視線を交わしました。

[まさか・・・?]

今回の対戦相⼿は死者の王でした。

⼀⼈の終わりは、他の誰かの始まりにもなり得ます。

[いいえ・・・!そんな事は起こさせません!!]

2⼈の君主が即座に旬までの距離を縮め、⻑い⽖と氷の槍を向けた。

「隠密」に隠された⼈物が彼らの前に軽く着地し、彼の短剣が⽖と氷の槍をブロックしました。

[・・・??]

彼らの全力の攻撃が防御された後、2⼈の君主はショックを隠すことができませんでした。

それはフードをまとった姿でした。

「ここからは、誰もこの者に触れてはならない」

 



 

光と闇は、何も存在しなかった時代に存在していました。

神は光を分割し、神の使者を創造しました。

神は闇を分割し、8つの君主を創造しました。

絶え間ない終わりのない戦争に疲れて、最も明るい光の断⽚は神に尋ねました。

なぜあなたはあなたの名誉で戦うあなたの最も忠実なしもべを助けないのですか?

どうか私たちを助けてください。

しかし、神は断片に何も言いませんでした。

それは断片と君主の戦いは、神の娯楽の一つに過ぎませんでした。

神が存在し続ける限り戦争は決して終わらないことを知り、断⽚は絶望に陥りました。

この無意味な戦争を終わらせるために、彼らは彼らの刃を磨いた。

 



 

それが反逆の始まりでした。

しかし、突然遠くから兵⼠の軍隊が現れ、断片の⾏進を妨害した。

[それは遠い過去の私でした]

彼は反乱に⽴ち向かった唯⼀の神の使者でした。

しかし、結局、彼が率いた哀れな兵⼠たちは、断片の統⼀軍の前に無⼒に落ちました。

彼はこれで終わりだと思った。

しかし、暗闇の中で⽬を再び開いたとき、彼は神が彼の中に特別な⼒を隠していたことに気づきました。

彼は残りの翼の痕跡を引きちぎり、周囲の暗闇から新しい鎧を作り上げました。

彼は新たな軍隊を率いて戻ってきました。

しかし、彼が戻ってきたとき、すべてはすでに終わっていました。

残りの断⽚は神を殺し、彼ら⾃⾝を新しい神と呼び、「⽀配者」の地位を引き継いでいました。

始まりの君主である巨⼈の王が捕らえられたとき、両者のバランスが崩れ、残りの君主は状況の深刻さに気づきました。

こうして、7⼈の「⽀配者」と9⼈の「君主」の間の戦争は永遠に続いた。



 

戦争が⻑く続くほど、影の君主の軍隊は⼤きくなりました。

誰もが知らないうちに、破壊の君主「竜王」が率いる破壊軍に匹敵するように成⻑したのは、影の軍の⼒を恐れる⽀配者だけではありませんでした。

2⼈の君主は影の君主を恐れていました。

それらの2つは悪魔の君主と獣の君主でした。

旬が二重ダンジョンの「保存されたデータ」内で⾒た映像を再び⽬撃したのはこの時点でした。

その結果、彼はほぼ全滅に追いやられました。

バランの頭上に、6つの翼を持つ4⼈の天使がゆっくりと空から降りてきました。

以前は、ここで、旬が⾒た「データ」の映像は終わっていた。

4⼈の⽀配者はすぐに影の君主を取り囲みました。

⽀配者たちは影の君主の前にひざまずき始めました。

[どうか、私たちを許してください、ああ・・・、光の最⼤の断⽚]

 



 

要約

支配者と君主の関係

  1. 宇宙の神が光と闇を生み出した。
  2. 光側→神の死者 闇側→8つの君主
  3. 光と闇の戦争が続く。
  4. 光が神に戦争を止めてくれるように願う。
  5. 光と闇の戦争は、神の暇つぶしの遊びだった。
  6. 光は神に反乱する。
  7. 影の君主は、元々、光の使者だった。
  8. 影の君主は、光の死者の中で唯一、神を裏切らなかった。
  9. 立ち向かった影の君主は敗北したが、闇の力を手にして君主となった。
  10. しかし、神は既に滅ぼされており、光の使者は自分たちを「支配者」と呼ぶようになった。
  11. 7人の「支配者」と9人の「君主」が誕生した。
俺だけレベルアップな件【218話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は218話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【220話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は220話をまとめまし...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...