俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【221話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は221をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 

 

 

 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



221話 ネタバレ

「立て」

その一言でシステムは旬と切り離されました。

旬は影の君主の力を完全に引き継ぎました。

イグリットは完全体に戻りました。

ベルは能力が大幅に強化された。

そして影の君主「オズボーン」は虚空の世界に還った。

システムは完全に削除されました。




ローブを着た男は、氷の君主と獣の君主を二人同時に戦った。

支配者の力を使えば、男も無事では済まないでしょう。

二人の君主は、なぜ支配者が影の君主を護るか理解出来なかった。

影の君主の復活まで時間はもう少なかった。

二人の君主は左右に分かれて、ローブを着た男に両側から近づき、絶え間ない攻撃の雨を降らせた。

獣の爪と氷の槍をローブの男は容易く捌き対抗しました。

その動きは、生涯を通じて戦場を生き延びた戦士の動きでした。

獣の君主は狼男の姿から人間に戻りました。

[もう、ここまでです]

獣の君主が立ち去ろうとした時、氷の君主はその同志を⽌めるために急いで叫びました。

[ここまで来たというのに、諦めるのですか!?気が狂ってる!!]

【周囲のマナが騒ぎ始めた。まもなく、影の君主が降臨する]

獣の君主の視線は、空を見上げた。

[私は帰ります]

[獣の王と呼ばれるあなたが、尻尾を巻いて逃げて良いと思うのですか!?]

獣の君主はその⾔葉に激怒し、アイスエルフの⾸を掴んだ。

[貴様は影の君主の真の⼒を味わったことがないから、そう言えるのだ、氷の君主!!]

獣の君主は獣の王であり、その⼒は周囲の⽣き物の豊富な⽣命⼒に基づいていた。

その⽣命⼒を⾷い尽くすことができる死の⼒は、宇宙で最も恐ろしいものでした。

[あなたの幸運を祈ります]

獣の君主は、時間が無いと判断し、一足先にその場から脱出した。

[なんて馬鹿な奴なんだ!!]

影の君主は何があっても殺さなければいけませんでした。

そう判断して、氷の君主は⾃⾝の全力を出しました。

[真の氷の恐怖を味わってください、貴様はもう終わりだ!!]

氷の君主は巨⼤な氷の嵐に変わり、即座に⼟地を覆いました。

嵐に変⾝した後、氷の君主はローブを着た男を冷たく睨みつけ、雷鳴のように吠えました。

[これが私の本当の⼒です!!]

空気中の結晶化したマナから作られた何万もの氷の槍が、雪が降るように降り始めました。

氷の槍は⼀発で⼈を殺すのに⼗分な⼒を持っていました。

しかし、ローブを着た男は、彼の場所から⾝をかがめることさえせず、彼の後ろにいる旬を全身全霊で護った。

氷の君主の猛攻は更に続いた。

[私の兵⼠たちよ!!]

雪の中から、魔力エネルギーでできた氷の人形が次々と浮かび上がってきました。

[攻撃]

氷の人形は命令を聞き、一斉にローブを着た男に襲い掛かった。

ローブの男は、氷の人形を切断し押しのけることで必死に抵抗しました。

しかし・・・。

ローブの男は氷の槍で肩を貫かれて、ぐらついた。

ローブの男は⻭を⾷いしばった。

氷の君主は結晶化した形に変わり、全⾝から⽩い煙を放出した。

[どいてください!!]

氷の君主はローブの男の前に⽴ち、その⼝を⼤きく開いた。

信じられないほど冷たいエネルギーが、氷に君主の⼝の中に集まり始めた

このままでは、事態は⾮常に危険な状態だった。

しかし、ローブの男がこの攻撃を回避すれば、まだ地⾯に横たわっている旬を正⾯から直撃するでしょう。

ローブの男は、氷の君主からにじみ出る恐ろしい殺意と対峙したときでさえ、回避の兆候を⽰さなかった。

【ただの⼈間風情が、運良く支配者の⼒を借りて、この氷の君主である私に勝てると思うな!!】

冷たく恐ろしいオーラが、激怒した氷の君主の⼝から発射されました。

ローブの男は冷たい空気の爆発から⾝を守るために「X」で腕を組んだ。

氷の君主がローブの男を攻撃するたびに、彼の上半⾝は⽬に⾒えてよろめきました。

しかし、ローブの男は⼀歩も後退しませんでした。

[⼈間風情がどうしてここまで耐えられる!?]

氷の君主は肩を傾け、右腕を⾼く上げました。

⼀瞬にして、冷たい空気が腕の周りに集まり、巨⼤な氷の塊に変化した。

【さあ、これに耐えられるか⾒てみましょう!!】

氷の君主は自身の魔力エネルギー全体を呼び起こし、氷の塊を叩き落としました。

腕が砕けても、体が潰れても、何があっても旬を守らなければならない。

ローブの男は⽀配者によって、彼に与えられた⼒のすべてを引きずり出しました。

不思議なことに、衝突はあったものの、衝突⼒は全く感じませんでした。

(何が・・・?)

ローブの男は⽬を開いて、⽬の前に⽴っているものを発⾒した。




「・・・!!」

巨大な氷の塊は、真っ⿊な鎧によって破壊さた。

それは影の君主の忠実なしもべ、イグリットに他なりませんでした。

その攻撃が完全に防御された後、氷の君主は⾃分の⽬を疑わなければなりませんでした。

[イグリットだと!?]

アイスエルフはびっくりして、急いでその視線をローブを着た男の後ろの場所に移しました。

案の定、そこに横たわっていたはずの男はもういなかった。

空気が震えた。

イグリットは振り返り、丁寧にひざまずき、頭を下げた。

「Kiiieeehhk !!」

イグリットと並んで現れたベルは、主⼈の帰りを告げるように⼤声で叫び、同じ⽅向を向いて素早くひざまずきました。

そして⼆⼈の間に、旬は静かに現れた。

「獣は逃げたのか?」

[・・・]

真の影の君主と対峙した後、アイスエルフは、獣の王が怖がって逃げ出した理由に気づきました。

「・・・俺は逃げることを許可していない」

[何だと?]

「俺がいつ逃げても良いと言った?」

[あなたは何を言って・・・?]

旬はアイスエルフを無視し、目を閉じた。

旬の知覚範囲は⼀瞬で韓国の国境を越え、地球全体を包み込んだ。

旬は、獣の君主の存在を発⾒した後、さわやかに微笑んで⽬を開けた。

「⾒つけた」

俺だけレベルアップな件【220話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は220話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【222話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は222話をまとめまし...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...