俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【225話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は225をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 

 

 

 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



225話 ネタバレ

旬の声は世界中で聞こえましたが、彼は⼈間の⾔葉で話していませんでした。

ハンターたちは戦闘が⾏われた場所から、少し離れた場所で待機していた。

怪物が倒されたと聞いたとき、彼らは我慢できず、⼤喜びで吠えました。

韓国最⾼のギルド代表の最上 真と白河 大虎も、安堵のため息を吐き、⼤きな笑みを浮かべてお互いを⾒つめた。

「白河代表。数分前まで、あなたの顔⾊はあまり良くなかったですね。今は落ち着いたのでしょうか?」

「最上代表。他⼈のことを⼼配する前に、あなたの冷や汗を拭く必要があると思いますよ」

「私には予備の胃腸薬があります。あなたも欲しければ、お譲りしますよ」

「結構です。良かったら、私のハンカチを使っても良いですよ?」

トップの座を争った2つのギルドの代表は、状況が解決されたことで、冗談を⾔うことができました。

実際、この2⼈はほんの数分前まで、緊張から唾液を飲み込むことさえできませんでした。

もし水篠ハンターが負けた場合、彼ら全員は全滅していたでしょう。

激しいプレッシャーから解放された今、2⼈の男性は、幸せを噛み締めていました。

白河は、最上の肩越しに⽬を向けると、彼の視線は⽌まった。

「あれは・・・」

君主との戦いを終えた旬は、静かにハンターたちのいる場所に向かって歩いた。

「水篠ハンター・・・?」

「彼はどうしたのだろう・・・?」

戦いが勝利で終わったことは明らかであったが、勝利の雰囲気は、旬の⽬からにじみ出る鋭いオーラによって抑圧されていた。

白河が旬の視線に出会ったとき、白河はお辞儀をして挨拶をした。

⾮常に危険な任務の後に帰ってきた兵⼠に敬礼するかのように、ハンターたちは皆、旬の⽅向に頭を下げた。

「・・・」

旬は無⾔で彼らを通り過ぎて、⾒慣れたバンが駐⾞されている場所に向かって歩いた。

トーマス・アンドレは救急⾞に搬送されようとしており、レナートは彼の側で守っていました。

レナートは⼼配そうな顔で話しました。

「水篠ハンターはあまり嬉しそうに⾒えませんでした」

「彼はおそらく、あの怪物たちとの戦いの結果に満足していないのでしょう」

「・・・!!」

レナートはその答えに深くショックを受けた。

「私も信じられませんが・・・。おそらく、戦いの内容に納得が出来なかったのでしょう・・・」

恐らく、水篠ハンターのような強さを持っている強者にとって、勝利は当然の結果で、重要な事はそれまでの過程が大事ではないのか?

レナートがショックでその場に立ち尽くしていた時、トーマスは最後に言いました。

「本当に怖い男です、水篠 旬」

「・・・私もその考えに同意します」

その後、トーマスは病院に運ばれました。




賢太は、旬がテレビでモンスターに倒されるのを⾒て、あと先考えずに、車に⾶び込んで戦場に駆けつけた。

賢太はすぐに旬を⾒つけ、涙を流して⾛りました。

「あ〜にぃき〜!!!」

旬は、賢太が涙を流しながら向かって⾛ってくるのを⾒て、にじみ出ていた怒りがほんの少し和らぎました。

⼀⽅、賢太は走った勢いのまま旬をしっかり抱きしめた。

いつもなら、対応するのが少し⾯倒で、脇に寄せていましたが、今⽇は違いました。

旬は、抱きしめてきた賢太の背中を優しく撫でました。

心から自分を⼼配してくれる温かさに、冷えていた⼼がゆっくりと溶けていきました。

少し落ち着いた旬の唇に薄い笑顔ができた。

賢太はやっと落ち着き、涙と⿐⽔の顔を持ち上げて質問した。

「兄貴、大丈夫ですか?」

「いいえ、⼤丈夫ではありません」

「えッ!?」

賢太は驚いて⾶び上がり、⽬を⼤きく開いた。

涙と⿐⽔でしわくちゃになったシャツを、旬は無言で指指した。

「ごめんなさい、兄貴。兄貴が無傷であるのを⾒て、とても嬉しくなって・・・」

旬はそっと笑った。

「兄貴、念のため、新しい服を⽤意しました」

君主との激しい戦いの結果、旬の服はボロボロでした。

「そのまま家に帰ったら・・・ご家族が心配されると思います。だから新しい服をいくつか用意しました」

「ありがとう」

旬が賞賛の⽬で賢太を⾒たとき、賢太は嬉しくて、鼻の下が伸びそうになるのを我慢した。

「⾏きましょう、兄貴。家まで送らせてください」

旬はその提案に頷いた。

(母さんと葵もテレビを⾒ていたと思うので、落ち着かせることを優先しないと)

賢太が運転席に向かう間、旬は振り返り、少し前まで⽣死の戦いがあった街の中⼼部を最後に⾒た。

「まず第⼀に・・・、どんな場所からでも通信可能な装置を⾒つけなければいけない」

旬はこのような間違いを⼆度と繰り返さないと誓った。

旬は⽗親が残した⼀組の短剣を⾒た。

「父さん・・・」

「兄貴、何か言いました?」

旬は短剣を軽く撫でて、助⼿席に乗る前に倉庫に保管しました。

「いいや、何も。帰りましょう」

「はい、兄貴!!」

⻑い⼀⽇が終わりに近づきました。




韓国ハンター協会はソウルに登場したモンスターの詳細を「不明」と発表しました。

水篠ハンターが戦いの最中に⾒せた信じられないほどの⼒は、世界中の人々の様々な影響を与えました。

その影響はすぐに⾏動に移されました。

しかしその行動は、まったく予想していなかった国からでした。

ソウルに現れた怪物の余波への対処と、超巨⼤ゲートに対する対応について話し合うために、犬飼会⻑は大統領宅を訪れた。

短い挨拶をした後、犬飼は気になっていた質問をした。

「ソウルの郊外に避難したほうがいいのではないですか?」

キム大統領は少し困った表情を見せて、返答した。

「前回、あなたに無礼な事をしたことを認めます。そのことについて、お詫び申し上げます。けれど、私を責任感の無い男と思わないでください。思い出してください、私はこの国の⼤統領です」

犬飼は、キム⼤統領を、自分の事しか考えていない男と思っていたが、予想外の返事を聞いて、彼も国の責任を負っていると考えを改めた。

その後、大統領宅で働くスタッフが慌てて事務所に⼊り、キム大統領の⽿に何かをささやいた。

「何??本当ですか!?」

キム⼤統領は、信じられないという顔で席から⽴ち上がった。

スタッフは真剣な表情で答えました。

「本当です。大統領、どうなさいますか?」

「とりあえず、電話を繋げてください。彼と話さなければいけません」

韓国の大統領が電話を引き継ぎ、キム大統領が慣れ親しんだ声がスピーカーから出た。




「私はこの問題について⾮常に⻑い間考えました。そして、韓国を⽀援することが私たちの最⼤の利益になるかもしれないという決断に⾄りました」

その声は北朝鮮の大統領の声だった。

「・・・私たちに協力してくれるのですか?」

「我が国のハンターを派遣します。この問題に対処するために、協力関係を結びましょう」

北朝鮮は、韓国が以前から警戒していた国でした。

北朝鮮は、超巨大ゲートが出現し応援要請を出した時、彼らはその要請に対して冷淡な反応を⽰しただけでした。

しかし今、彼らの態度は⼀瞬で逆転しました。

韓国、いや、水篠ハンターを敵に回してはいけない。

これは、旬と「未知の」怪物との戦いを⾒た後、さまざまな国が到達した結論でした。

北朝鮮、⽇本、中国、ロシアなどの最も近い国々から、アメリカ、ドイツ、イギリス、フランスなどの遠く離れた国々まで。

各国のハンターは、急いでソウルに向けて出発しました。

そして今、韓国のハンターだけでなく、世界中のハンターが東アジアの⼩さな国の⾸都に集結しました。

俺だけレベルアップな件【224話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は224話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【226話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は226話をまとめまし...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語...