俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【226話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は226をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



 

226話 ネタバレ

夜明け、誰もが深い眠りについた時間。

旬は、日本の⽴ち⼊り禁⽌区域として指定されている森にいた。

旬は家族に元気な姿を見せた後、雫を迎えに行く為に、日本に戻ってきた。

旬が急いでソウルに戻らなかったらどうなるか、雫は誰よりも理解していた。

しかし、不安な表情を我慢していた雫の表情は、なぜか旬の頭から離れなかった。

「・・・始めましょう」

この場所で、旬はしなければならないことがありました。

「出てこい」

彼らは旬の軍隊への新たな兵士たちでした。

彼は、昨⽇、初めて⾃分のルールを破ることになりました。

新しい兵⼠たちは、昨⽇までは一般人とハンターたちでした。

いいえ、彼らは君主たちによって殺害された犠牲者でした。

理不尽にに殺された一般人と、彼らを救おうとしたハンターから作られた何百⼈もの兵⼠は、彼らの新しい主⼈の前に⽴っていました。

旬は無実の魂を、影の兵士として決して使⽤しないという彼⾃⾝のルールを破った。

旬がこの場所を訪れた理由は、彼らの協⼒を求めたかったからです。

「この戦争が終わるまで、皆さん、私にあなた方の力を貸してください」

彼らの家族、彼らの恋⼈、彼らの友⼈と彼らの知り合いを、地球を侵略する怪物たちから守るために。

「戦いが終わったら、あなた方を永遠の休息に戻すことを約束します」

旬の誠実な⼼と願いが⼀⼈⼀⼈に伝わった。

「共に戦いましょう!私たちは、怪物たちが私たちの⼟地と、私たちの家族を破壊して略奪することを決して許しはしません!!」

影の君主が強くなればなるほど、影の兵士の能⼒が⼤幅に向上します。

システムを通じて影の君主の⼒を借りていた過去とは異なり、旬は完全に、その力を継承した。

「あなた方の⼒を貸してください」

彼らは拳を⾼く上げ、⼝を開けると、死の叫び声のような恐ろしい轟⾳を爆発させた。

彼らの恨みに満ちた悲鳴は、地球⾃体を揺さぶるようでした。

旬は、必ず君主たちに、自分たちを怒らせた代償を払わせると誓った。

憎しみに満ちた兵⼠たちの咆哮は、その後も⻑い間響き渡り続けました。

 



 

超巨⼤ゲートがダンジョンブレイクする前⽇。

システムによる制限がなくなって以来、彼にとって多くのことが便利になりましたが、逆に、苦労する事もありました。

旬は「インベントリ」に保管されていた、癒しのポーションのボトルを召喚し、じっと見つめていました。

ストアで販売していたすべてのアイテムは、実は、影の君主の⼒から作成されていました。

旬は静かに⽬を閉じ、頭の中で、癒しのポーションを想像しました。

集中すると、旬はマナの動きを感じることが出来ました。

「集中・・・、集中して・・・」

しかし、激しく動き回るマナは、空中に散らばり凝固することができませんでした。

それは失敗を意味していました。

「もう少し練習する必要があるな・・・」

机の上に置いてたスマートフォンが振動した。

「水篠ハンター、犬飼です」

「こんにちは。どういったご⽤件ですか?」

旬はベッドに腰を下ろし、電話に出た。

「すみません、水篠ハンター・・・。もし問題がなければ、今日協会に来てください」

ハンター協会は、旬からアドバイスをもらいたいと思っていました。

「分かりました。今から向かいます」

旬は通話を終了し、出発する準備をしました。

しかし、イグリットが突然、旬に話しかけました。

[王よ]

「んん??」

[私はあなたに話したいことがあります]



 

翌⽇。

アメリカで最⼤の放送局の1つである「ハンターチャンネル」は、専⾨家を招待しました。

専⾨家の1⼈は、ゲート下の地上を完全に埋め尽くしているハンターを⾒て、はっきりとした口調で話しました。

「さまざまな国から多くのハンターが⼀か所に集まりましたが、この状況は何年振りか知っていますか?」

司会者は微笑んで答えた。

「分かりません・・・。国籍の異なるギルドが⼒を合わせてレイドを⾏うことは珍しくないので、それほど昔ではないと思います」

専⾨家は⾸を横に振った。

「8年以上前です。そして今、9年⽬が近づいています」

「8年・・・。つまり、この光景は「カミッシュ」襲撃以来初めてだという事ですか?」

他の国を⽀援するために⼤規模に集まったこの状況は、⾮常に珍しい事です。

「水篠ハンターが、⽇本のダンジョンブレイク解決することから、全ては始まりました」

⽇本は旬の援助のおかげで危機を乗り切ることができました。

「もし、水篠ハンターが倒れたら、誰が災難を⾷い⽌めることができるでしょうか?」

専⾨家が答えました。

「誰もいません。⾔い換えれば、水篠ハンターが最終ラインです。彼が倒れたら、すべてが終わります」

専⾨家は、説明の続きを話そうとした瞬間・・・。

「ああ!ほら、今!!」

中継映像には、巨⼤なゲートが⼤きく開いている様⼦が映し出されています。スタジオ内にいる全員が、想像をはるかに超えた映像から目を離せなかった。

ゲートのすぐ下の場所を取り巻く何万⼈ものハンターが息を⽌めて待っていた。

最前線に⽴つ旬は、陰鬱な表情で空を睨みつけていた。

旬の黒い心臓は、胸の中で⼒強く脈動していた。

旬の隣に⽴っていた雫は、彼の表情を⾒て、彼にささやきました。

「こんなに緊張しているのを⾒たのは初めてです、旬さん」

「本当?」

旬はにっこり笑って、自分は平気だと彼⼥に知らせた。

雫も返事として微笑みを浮かべ、ゲートを振り返った。

雫も⽣死の戦いの始まりがここにあると感じていました。

旬は胸に⼿を置き、静かに⽬を閉じた。

旬の胸に湧き出る感情は緊張でも恐怖でもありませんでした。

旬は、興奮していました。

 



 

「ゲートが開かれた!!」

ついにゲートが開き始めた。

この世界とゲートを隔てる壁が消え、そこにとどまっている特定の「もの」が果てしなく流れ出し始めました。

ハンターたちは、少なくとも10万を超えると思われる⽣き物の数に完全に唖然としました。

「みんな、攻撃開始!!」

それらのものが地⾯に着陸する前に、彼らは少しでも数を減らすように考えた。

ハンターはチャンスが今しかないと感じて、攻撃を開始しようとした。

[誰も動くな!!]

マナを込めた旬の意志は、韓国語をまったく知らないハンターにもはっきりと伝わった。

そして彼らは、攻撃を止めた。

何万⼈ものハンターが「理解不能」と叫んだ⽬で旬を⾒つめていました。

旬は同じ言葉を、何度も繰り返した。

[みなさん、動かないでください]

遠くから⾒守っていた犬飼は、額の汗を拭き取った。

今こそ決断する時でした。

犬飼の頭は、攻撃を開始するための⾔葉を送るように願ったが、犬飼は旬を信頼することに決めた。

「攻撃しないでください!!」

犬飼はハンターたちの指揮を担当した。

犬飼が攻撃しないように彼らに⾔い始めたとき、彼らは理解することが出来なかった。

混乱と恐怖が戦場の周りを渦巻き始めた・・・。

ついに、それらの⽣き物は地⾯に着陸しました。

ハンターたちの視界を完全に埋め尽くす⿊い怪物の数は⾮常に多く、その規模の⼤きさだけで⼼が絶望に染まりました。

集まったモンスターの群れの中から、ある特定の存在が彼らに向かって歩き始めました。

旬も前に出た。

ハンターたちはきちんと呼吸することさえできず、旬を注意深く⾒守っていました。

「・・・」

旬は歩くのをやめ、「モンスター」も歩くのをやめました。

そして・・・。

旬を⾒ている「怪物」は突然地⾯にひざまずきました。

そしてその瞬間、その背後にいる兵⼠たちも同時にひざまずきました。

同時に頭を下げた10万⼈以上の兵⼠の光景は、信じられないほどの圧倒的な衝撃値をもたらしました。

短い沈黙が過ぎた後、真正⾯にひざまずいた「モンスター」が頭を上げて話しました。

[大元帥ベリオン、我が王への挨拶として、影の軍隊を率いて参りました]

 



 

俺だけレベルアップな件【225話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は225話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【227話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は227話をまとめまし...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...