俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【227話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。

今回は227をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は156話。 ...

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は156話。 ...



 

227話 ネタバレ

俺だけレベルアップな件【226話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 今回は226話をまとめました...

世界中から集結した約5万⼈のハンターが、⿊い怪物が旬の前にひざまずく光景を、ぼんやりと⾒守っていました。

集まったハンターたちは「何か」に目を奪われていました。

「あれ・・・、あれ、あれ!あれは現実なの!?」

ハンターは軍隊の後ろにいる3匹の⿊いドラゴンを指差していました。

⼈類の歴史の中で最初、そして最後に登場したドラゴンは「カミッシュ」でした。

たった一体の⽣き物だけで、当時⽣きていたほぼすべてのエリートハンターを⼀掃することができ、全世界が危険にさらされていました。

しかしその生物が、現在は3つあります。

もし彼らがこの軍隊と衝突することを決⼼したとしたらどうなるでしょうか?

ハンターは、これらの⿊いモンスターに対する戦闘を想像し、背筋が凍りつく感覚を感じました。

旬は、大元帥ベリオンと、彼の後ろにひざまずいている膨大な数の影の兵士を⾒つめました。

「これが俺の軍隊・・・」

イグリットが⾔ったことは正しかった。

[我が君主、影の兵士はすべての準備を完了しました]

旬はその⾔葉を完全に理解するのに少し時間が必要でした。

世界中からやってくるハンター全員に、⼈類史上最悪の災難になるゲートを攻撃しないよう説得するのは、信じられないほど難しいことでした。

旬はまず⾃分の⽬で真実を確認できるまで決断しないことを決め、ゲートが開くまで待ちました。

そしてその結果は、旬の⽬の前にひざまずいていた。

「これが、かつての影の君主が私に与えた遺産・・・」

大元帥ベリオン。

この男が持つ称号にふさわしい尊厳と強さを持っていました。

ベリオンには、ドラゴンさえも含む影の兵士を率いる資格がありました。

そして、旬に忠誠を誓うのは目の前の兵士たちだけではなかった。

「出てこい」

ベル、イグリット、グリード、No。6、牙、アイアン、ジマ、タンクなど、多くの兵士が旬の後ろのスペースを埋めていました。

巨⼤なゲートから出てきた影の兵士のように、彼らもひざまずいて頭を下げました。

ついに、分離された影の兵士は完全になりました。

しかし、旬はかなりの数の視線が自分に⾶んでいるのを感じ、彼の⾸を痛々しく刺しました。

旬は恐る恐る、後ろを振り返った。

「さて・・・と」

旬はぎこちない笑顔を作った。

「・・・どうやってこれを説明しよう?」

 



 

全世界が⼤騒ぎになりました。

超巨⼤なゲートから出てきたモンスターは、水篠ハンターの前にひざまずいた。

テレビ局は衝撃的なシーンを繰り返し放送し続け、分析して適切な推測に⾄るために最善を尽くしました。

しかし、前例のないサイズを誇るゲートから出てきたモンスターではなく、⼀⼈の⼈間に属した⽣き物について説明できる専⾨家がいませんでした。

専門家の⼀⼈⼀⼈が途⽅に暮れ、⾸を横に振るしかありませんでした。

すぐに、専⾨家はこの事件をまとめて・・・と定義しました。

・・・奇跡と。

そして、旬は⽂字通り⾃分の影に滑り込み、跡形もなく姿を消しました。

司会者は眼鏡を調整しながら、⾸を専門家に向けました。

「この混乱の主⼈公、水篠ハンターは今どこにいるのでしょうか?」

韓国ハンター協会には電話での問い合わせが殺到したようだ。

これまでのところ、彼らの唯⼀の返事は「私たちも知らない」でした。

司会者は興奮した顔でカメラをまっすぐ⾒つめ、視聴者に話しかけました。

「すべての質問を明確にするために、私たちに出来ることは、水篠ハンターができるだけ早く戻ってくることを祈ることしかできません」



 

旬はしばらくの間、多くの⼈々の好奇⼼を捨てて、⽇本の樹海へと向かった。

13万⼈以上の軍隊は2つに分割され、広⼤なフィールドの両側に⽴っていた。

「開始」

旬は命令を出し、2列の軍隊が互いに⼒強く突進するよう促した。

旬の⾏動指揮の滑らかさは、海に流れる川のようでした。

彼がこれまでに戦った経験に基づく兵⼠の配置と操作は、この10万⼈の強⼒な⼤軍にも適⽤されました。

「もういい」

軍隊はすべて⼀瞬で停⽌しました。

模擬戦闘を⽌めた後、旬は彼の隣を⾒た。

「それで、あなたはどう思いますか?」

大元帥ベリオンは、驚き、称賛に値する声のトーンで話しました。

「私はこのように部隊を動員することを考えたことがありません。これは本当の事です」

ベリオンにとって、この⽅法で戦闘員を制御することは、彼がかつての影の君主と数え切れないほどの戦場を歩き回っていたとしても、見たことがない戦術でした。

携帯がポケットの中で突然鳴り出し、旬は電話を取った。

「兄貴、俺です。賢太です」

「やぁ、調⼦はどう?」

賢太によれば、旬が⼀⾔も⾔わずに姿を消した後、協会だけでなくアジンギルドにも電話が殺到し、⼀時的に電話回線が故障したという。

「・・・、ごめん。⾃分の考えを整理するまで、もう少し待ってもらえますか?」

「⼼配しないでください、兄貴。このような事に悩まされず、戦闘に集中出来るように、このギルドを設⽴したんじゃないですか!」

賢太の笑顔が電話から感じた後、旬も笑顔を⾒せた。

「そう言えば、家族に電話はしましたか、兄貴?」

「ええ。頭を少し冷やしてから家に帰ると言いました」

「それなら、彼らはあなたのことをあまり⼼配しないはずです。安心しました、兄貴」

ゲートと旬の影の兵士を説明するために、当然のことながら、彼は君主と⽀配者の問題についても話さなければなりませんでした。

旬はどうやって他の⼈たちに、全世界が⾎なまぐさい戦場になるだろうと告げれば良いか分かりませんでした。

もう少し。

旬は⼈類が少しでも平和な生活を迎えることを望んでいました。

「あと数⽇遅らせることが出来るはず・・・」

旬は⾃分にそう言い聞かせていました。

「ああ、我が王・・・」

「んん?」

旬は振り返ってベルが地⾯にひざまずいているのを⾒た。

ベルは⼝を開いて、頭を地⾯に向かって深く下げた。

「私はあなたに、大元帥の地位を争う機会を頂けないでしょうか?」

「大元帥の⽴場、と言いましたか?」

しかし、彼らはすでに元帥の称号を持っていなかっただろうか?

旬は、習得可能な称号で影の兵士に関するシステムの情報を突然思い出し、⼾惑いを感じました。

(ベルが言いたい事は、もしかして・・・?)

案の定、ベルは頭を上げた。

「軍の元帥として、私を大元帥ベリオンに挑戦させてください」

 



 

俺だけレベルアップな件【228話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 今回は228話をまとめました...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバレを含む...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は156話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は53話。 ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は52話。...