俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【228話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は228をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



 

228話 ネタバレ

【頂点の位置を占めるのは1⼈だけである可能性があります】

ベリオンが現在の大元帥であると仮定した場合、ベルは、最近昇進した元帥として、ベリオンに挑戦する資格を持っていました。

「元帥の序列を決めたいという事か?なるほど・・・」

念のため、旬は別の元帥であるイグリットに視線を移したが、⿊騎⼠は丁寧に提案を断った。

彼は元帥間の階層を確⽴することに、全く興味がなかったようでした。

現在13万⼈の軍隊を担当しているリーダーはベリオンでした。

「私はあなたの意志に従います」

ベルの意志に従ってください、ベリオンはそう⾔いました。

ベリオンからにじみ出る空気には、決して負けないという、絶対的な自負が見えます。

ベルは既に闘志に燃えている間、自身の⽖を伸ばしていた。

恐らく。彼もその意図を読んだに違いない。

「Kiieeehk︕」

(うーん・・・)

旬は決⼼する前に少し考えた。

「わかりました」

旬はベルについて知っておくべきことは、ほとんどすべて知っていましたが、ベリオンは別でした。

ベリオンの戦闘⼒を知ることは、将来、軍隊を正しく配備する上で⾮常に貴重なデータになるでしょう。

王の許可を得た後、ベルの表情は絶頂に満ち溢れていました。

「私はあなた様の寛大なる心に感謝し、この機会を与えていただいた事を深く光栄に思っています。そして・・・」

「やめなさい」

「・・・我が王、あなたに感謝します」

反対に、ベリオンは静かに戦闘の準備をしています。

しかし、この2⼈が戦う前に、旬は最初に確認しなければならないことがありました。

旬は「カミッシュの怒り」を召喚し、その先端に少し⿊いオーラを流しました。

そして、旬は短剣を森に向かって軽く振りました。

短剣から⾶び出した⿊い「遠吠え」が森の⼀部を襲った。

しかし、被害は思ったほど深刻ではありませんでした。

⼆⼈の元帥の戦いで周囲が不当に破壊されることを⼼配する必要はなかったようです。

地⾯は凝縮されたマナによって⼗分に硬化されており、地球は間違いなく次の戦争を⽣き残るでしょう。

「じゃあ・・・」

マスターの命令を待つ、大元帥と元帥の両⽅が、同時にうなずいた。

「私たちは準備ができています、いつでも」

「おお、我が王、ご命令ください!」

旬は笑いながら2⼈に話しかけた。

「位置についてください」

 



 

⼀⽅、韓国ハンター協会では。

ハンター協会に殺到する電話の数は、考えられないほど多かった。

「ふうう・・・」

犬飼の仕事は、終わりを⾒ることが出来ないほどに積み重なっていた。

「なぜ水篠ハンターの召喚獣がゲートから出なければならなかったんだ・・・」

この部下の⾔葉に、犬飼は怒りが湧いた。

犬飼は、鋭い叱責を⾶ばした。

「忙しくて、あなたはそんな事も考えられなくなったのですか?」

実際に、昨⽇起こったことは、これまでに期待できる最⾼の結果でした。

ゲートから10万以上のモンスターが⾶び出しましたが、けが⼈はいませんでした。

そして、何も破壊されませんでした。

それだけでなく、モンスターはすべて水篠ハンターの戦闘⼒に吸収されました。

誰もが⾃分の期待をはるかに超えるような結果を出しました。

「水篠ハンターが突然姿を消した後、皆さんがどれほど慌てているかをよく知っています」

しかし、水篠ハンターが強い責任感を持っていた場合、そのように姿を消さなければならなかったのには、何か理由があったに違いません。

(もしかして、昨⽇の出来事で最も混乱したのは、水篠ハンター自身かもしれません)

⼤きな⼒には⼤きな責任が伴う。

今出来る協会の仕事は、水篠ハンターが混乱を整理し、現在の状況を説明するために戻るまで、負荷を分担することでした。

「ハンター協会の私たちが、水篠ハンターが何を考えているのかさえ理解できないのなら、他に誰が彼の負担を分担出来ると思うのですか?」

犬飼の熱烈なスピーチを聞いていたスタッフたちは、⽬尻に涙を浮かべ、いつの間にか、倦怠感を忘れていました。

「すみません、会長。私が愚かでした。本当にすみません・・・」

犬飼は無⾔で部下の肩を叩き、彼を彼の席に戻させた。

「ふうう・・・」

彼の⼼は、あらゆる種類のジレンマで⽴ち往⽣しているであろう旬を⼼配していました。

「水篠ハンターは今何をしているのだろうか?」



 

旬は2⼈の元帥からかなり遠くの場所にいました。

ベルは⽖を限界まで伸ばし、⼤声で叫びました。

「Kiiiiiieeeeehk- !!」

その間、ベリオンは腰に取り付けられた剣を無⾔で取り出した。

「んん・・・?」

旬の視線はベリオンの剣に固定されました。

「あれを刃と呼んでもいいのだろうか?」

その刃は数⼗に分割された刃で構成されていて、ムカデの体に似ていました。

準備が整った⼆⼈は、同時に旬を⾒ました。

「始め!!」

合図が発せられた瞬間、ベルはすぐに前に⾶び出した。

ベルは驚異的なスピードで距離を縮め、⼒強く⽖を振った。

ベリオンは爪をブロックし、攻撃を防ぎました。

そして、ベルの勢いがベリオンを遠ざけると、現在の大元帥は遠⽅のアリの兵⼠に攻撃を仕掛けました。

ベリオンは剣をその場で突き出し、その剣は、突然⻑い蛇のように伸びて、ベルに向かって⾶んだ。

ベルは急いで回避し、反射的に刃を叩き落とした。

ベリオンは剣を鞭のように使い、ベルに向けて、信じられないほどの攻撃の弾幕を降らせた。

ベルが今できることは、攻撃からかろうじて防御するために、すべての力を集中させることでした。

「Kiiiieeehk︕」

剣型兵器の限界を明らかに超えたベリオンの攻撃を⾒ながら、旬はその弾幕に直⾯したらどうなるか想像した。

旬の⽬は、今や冷たいまぶしさを放ち、予測不可能な剣舞のすべての軌道を追いかけ、捕らえました。

旬の頭の中の彼はすべての攻撃を回避し、ベリオンの前に⽴っていました。

そして、旬はベリオンを切り倒した。

ベリオンが旬の⽅向を⾒ると、⾸が切り落とされる寒気を誘発する感覚を、瞬間的に感じました。

(おっと・・・)

ベリオンのやや混乱した視線に出会った旬は、謝罪の表情を浮かべた。

ベルはこの隙を⾒逃さず、稲妻のようにベリオンに向かってダッシュしながら、ベリオンの苛⽴たしい粘り強い刃を激しく叩きました。

「Kiiieeeehcck !!」

しかし、旬の予想に反して、武器を刺したのはベリオンでした。

恐ろしいくらいの反射神経!!

これが、影の兵士の大元帥として君臨する兵⼠、ベリオンでした。

「・・・。それでも、決して警戒を怠ってはならない」

案の定、お腹に刃を刺したまま、突然ベルの体は⼤きくなった。

ベルは巨⼤な拳をベリオンの頭に振り下ろした。

その⼒は非常に強力で、ベリオンの兜の⼀部が壊れて、空中に⿊い煙が散乱しました。

「Kiiieeehk︕」

更に、ベルは2回⽬の攻撃を仕掛けました。

しかし、ベルの⼿⾸はベリオンの強⼒な握力によって掴まれた。

⼤量のマナがベリオンの腕に集まった。

そして。

ベルの胸は強打され、まっすぐ後ろに⾶んだ。

飛ばされた衝撃波がベルの周りの森を⼀掃し、⽊々は根元から引きずり出された。

「Kiiiieeehck︕」

ベルがなんとか安定した瞬間、ベリオンはすでにベルの顔の直前に到着していました。

その後、地⾯に向かって強⼒な衝撃が発生しました。

隕⽯が地球に衝突したかのように、巨⼤な⽕⼝が地⾯に陥没し、ベリオンは軽く着陸しました。

その⽕⼝の真ん中で、ベルは急いで⽴ち上がり、ベリオンに反撃を仕掛けた。

以前のベルだったら引き裂かれていたでしょうが、彼はこの攻撃に耐えることができました。

ベリオンは⼿の甲を使ってベルの⽖を叩き、ベルに攻撃を仕掛けた。

それがドッグファイトの始まりでした。

ベルの攻撃は、ベリオンのバランスを⼀時的に乱すレベルでしかありませんでしたが・・・。

ベリオンの攻撃全てが、致命的なダメージを与えていました。

「Craaaack、crack !!」

ベルの体に段々⻲裂が生み出されていきました。

「Kiiieehk︕」

それでも、ベルは最後まで必死に抵抗し、この戦いをあきらめる気配を⾒せなかった。

ベルはベリオンの肩を切り倒そうとしたが、ベリオンはベルの⾸を掴み、押しのけた。

動けなくなったベルは、何とかその場を離れようとしたが、ベリオンは動かなかった。

ベリオンはマナを腕にもう⼀度集中させて、全力攻撃でこの戦いを終わらせようとしていた。

恐ろしい量のマナは、ドラゴンの頭を一撃で簡単に粉砕するのに⼗分な量で、ベリオンの腕の周りの空間を歪めました。

「これで終わりです」

ベリオンの必殺の一撃はベルの顔に向かって⾶び出した。

しかし、旬はベルの頭が爆発するのを⾒たくなかったので、それが起こる前に⼿を伸ばしてベリオンの拳を掴んだ。

「もういい」

ベリオンは自分の拳を⽌めたのが、彼の王であることに気づき、すぐに攻撃を撤回した。

「私の王」

大元帥は急いでひざまずき、頭を下げた。

「素晴らしい力でした」

旬は、その腕前を⾒せてくれたベリオンを賞賛した。

それから旬は、地⾯に倒れたベルに向かって歩いて⾏きました。

「Kiieehhk、我が王、私、私…kiieehk!私はまだ・・・」

「・・・」

旬は、純粋な好奇⼼からベルに尋ねる前に、哀れな⽬で動揺し、不安な表情のベルを観察しました。

「ねえ、ベル。なぜあなたは大元帥の⽴場に、そんなにこだわっているのですか?」

「Kiiehk、私だけが、私が、大元帥になり、常に我が王の隣に⽴っていたいのです・・・」

ベルは悲しみに打ちひしがれたため、その後に何も言えませんでした。

「大元帥は私の右に⽴つことができますが、あなたは私の左に⽴つことができますよね?」

「・・・!!」

その時、ベルは彼が大元帥でなくても、彼の王の隣に⽴つことができることに気づきました。

そしてベルの⽬は大きく開いた。

「・・・私は・・・光栄です」

ベルは、感動のあまり目に大粒の涙を浮かべた。

しかしその後・・・。

別の影の兵士が静かに旬に近づきました。

何も⾔わずに旬とベルの会話を聞いていたのは、イグリットに他ならない。

「私の王、私にも挑戦する機会が与えられますか・・・?」

イグリットが慎重に尋ねた時、旬はすぐに答えました。

「あなたは私の後ろに⽴つことができます」

「・・・!」

イグリットは、彼の王の鋭い洞察⼒のために、残りの言葉を話すことが出来ませんでした。

 



 

「そうですか・・・結局、影の君主は私たちの敵になったのですね」

現在人間の形をしている竜王は、すでに地球に降りていた君主からの報告を受けていました。

「分かりました。結構です。私は彼に個⼈的に対処します。誰も動かないでください。これ以上の損失を防ぐ必要がありますので」

竜王は状況を完全に分析し、君主との連絡を終わらせました。

君主たちにとって、この場所は地獄そのものと何ら変わりはありませんでした。

何故なら、破壊するものが何もなかったからです。

だからこそ、すべての存在を破壊するという唯⼀の⽬的で暗闇から⽣まれた破壊の君主は、この場所から逃れるのに最も苦労しました。

そして遂に、この場所から脱出する直前まで迫ってきました。

竜王は振り返り、背後の闇に向かって命令を出しました。

「私の軍隊よ。戦争の準備をしてください」

暗闇の中に隠された数⼗のエンシェントドラゴンと、数百、いいえ、数万のドラゴンがまぶしさを放ち、⼀⻫に吠えました。

 



 

イグリットとベリオンの対決も見たかった!!

俺だけレベルアップな件【227話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は227話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【229話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は229話をまとめまし...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...