俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【229話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は229をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 

 

 

 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



229話 ネタバレ

夜遅く。

旬は無名の丘を登り、頂上に着きました。

淡い光の下で、旬は影の兵士たちに自由時間を与えた。

最初に注意を引いたのは、3匹のドラゴンと巨大化した「牙」でした。

ドラゴンたちは炎を空に吐き出しました。

炎の大きさを確認した後、⽛はにやにや笑い、⼀歩前進した。

巨⼤な炎が牙の⼝から爆発し、炎は⾼く上昇して暗い夜空を明るく照らしました。

どうやら、彼らは誰がより強い炎を持っているかを競っているようでした。

しかし・・・。

「そんな競争に「貪欲の玉」を使うのは反則じゃないだろうか?」

おそらく、牙は自分が反則をしている事を理解していたので、⽛はそれをポケットに忍び込ませようとしていました。

しかし、最後の1秒で牙の視線は旬に会い、彼は慌てた様子で頬を掻きました。

旬は⼼から笑い、⼼配することは何もないことを合図するために、⼿を振った。

それは、とても平和な光景でした。

旬はこの地球にどんどん近づいてくる別の世界からの存在を、かすかに感じることができました。

君主たちとの戦いが避けられないという事実は、旬の⼼に重くのしかかった。

彼は再び頭を上げる前に深く考えた。

すると、アリの兵⼠が材⽊や⽯のようなものを運ぶ姿を⾒つけました。

「・・・彼らは何をしようとしているのですか?」

「彼らは、私の家⾂が快適に休むための、⼩規模な宿泊施設を建設してくれるそうです」

その声は、大元帥ベリオンの声でした。

「恐らく、ベルの考えた提案でしょうね」

「牙」は影になる前の性格と違ってかなりユーモアな性格になりましたよね(笑)

このシーンは読解不足で、「貪欲の玉」を使っていたのか、使おうとしたのか判断出来ませんでしたm(__)m

そして、アリたちは兵士たちが休める場所を作っていました。

アリは家族で生活する生き物ですので、ベリオンたちも家族の一員として迎えたのでしょうか?




ベルは、旬が考えている事を察知して行動することができる唯⼀の元帥でした。

⼀⽅、イグリットは旬が求めたすべての要求を完璧に行動する元帥でした。

(・・・、彼はどうなのだろう?)

旬はベリオンについてほとんど何も知りませんでした。

「質問を宜しいでしょうか?なぜ兵⼠たちを、あなたの影に呼び戻さなかったのですか?」

「あなた達はここに到着するまで、⻑い間、次元の狭間と呼ばれる場所に閉じ込められていましたよね?」

「・・・」

ベリオンはしばらくの間、その予想外の答えに何も言葉を発せなかった。

「かつての影の君主、オズボーンに会えないという事実に悲しんでいませんか・・・?」

彼は、ほんの数⽇前、⽗親が消えた光景を思い出し、⼤切な⼈を失ったときの気持ちを痛感しました。

ベリオンの感情はそれに似ているはず。

旬にとって、王に忠実な元帥が感じていたはずの喪失感を理解することは難しくありませんでした。

「私は、オズボーンが神に反抗する⽀配者を⽌めることを決⼼した瞬間から、オズボーンの側を守ってきました。そして、彼が死を⽀配する⼒を獲得した後、私が彼の最初の忠実な兵⼠になりました」

ベリオンは⾃分⾃⾝の過去を説明し、彼の声は揺るぎないものでした。

「私はオズボーンのサポートとして、ほぼ永遠に一緒に⾏動してきましたが、彼の決定に疑問を感じたことは⼀度もありません」

「それは私があなたに尋ねたものではありません」

ベリオンは少しためらって、自分がどのように感じたかを明らかにする為に、答えを熟考した。

「私は⾃分の気持ち、兵士たちについてまだ何も分かりません・・・」

「だからこそ、私はあなたにこのチャンスを与えています。時間をかけて考えてみてください」

「・・・」

沈黙の答えから、旬はベリオンの本当の気持ちを感じることが出来た。

⾔葉は無かったが、旬はすでに⼗分に理解出来ました。

「あなたの視点からオズボーンについてもっと知りたいです。教えてくれませんか?」

「しかし、私の王。それは、とても⻑い話かもしれません」

「構いません。まだ眠くないので、何か⻑い話を必要としていました」

ベリオンは旬の隣に静かに座りました。

「この出来事は、私がまだ世界樹の実であったときに起こりました」

「果物の実??あなたは・・・果物だったのですか!?」

「天界の⼀⼈⼀⼈の兵⼠は、世界樹の枝に実として⽣まれます。その樹は、枝だけで空全体を覆うのに⼗分な⼤きさでした」

「ヘェ〜・・・」

壮⼤なオープニングから始まる物語が話し出された。

旬とベリオンはお互いに何も知りませんよね。

現状の最大戦力であるベリオンですが、彼の背景は詳しく分かっていません。

「オズボーン」が決めた作戦だから彼は何も言いませんが、恐らくは寂しいという感情があるのでしょう・・・。

「オズボーン」視点の物語も面白そうですよね( ´ ▽ ` )




闇が完全に浮き上がる前に、旬はのんびりと森の中をジョギングしていた。

夜明けの光に包まれた、森の爽やかで涼しい空気を浴びながら、旬はついに考えを整理し終えた。

「・・・戻る必要があるな」

この惑星に到着するかもしれない8つの巨⼤な軍隊の存在について、世界に知らせるべきだと旬は考えた。

世界中の人々に、本当の戦争が間近に迫っていることを伝える必要がありました。

オズボーンの記憶からわかるように、竜王の力は圧倒的でした。

だからこそ、旬だけでなく、全世界が準備する必要がありました。

旬は⾃由に使⽤できるようになった、「影の交換」を使いました。

彼が最初に向かった場所は、アージンギルドの建物の中だった。

オフィスの⼊り⼝から出てくる⾒知らぬ⼥性に出会った。

二人が交差した時、女性は突然振り返り、旬に話しかけた。

「うーん、すみません。もしかして・・・」

「・・・?」

女性は何故か少し怯んで、「気にしないで」と⾔いながら、急いで彼の視界から逃げ出した。

旬はアジンギルドの事務所に⼊った。

「兄貴!!」

「今、オフィスを出たあの⼥性は誰でしたか?」

「ああ、彼⼥?彼⼥は私の姉です。姉の電話に出ることを避けていたら、ここに押し⼊りました。ちなみに、姉は兄貴に何か迷惑を掛けましたか?」

「いいえ、そのようなことは何もありません」

旬は事務所の出⼝をちらりと⾒返し、賢太にもう⼀度尋ねた。

「しかし、彼女はあなたに何か用事があったのですか?」

「家族は、私がアージンギルドの副マスターを降りて、ハンターライセンスを返納して、危険なことをやめることを望んでいます」

賢太の家族が彼にハンターを止めるように願うのは当然なのかもしれない。

しかし、旬は賢太の決意をすでに知っていたので、彼は何も言いませんでした。

昔から自分を兄として慕い、ギルド結成を共にした賢太に、旬は心の中で感謝した。

旬は⼿を伸ばして、賢太の髪をクシャクシャにした。

「あ、兄貴?」

「少しの間、社⽤⾞を使いますね」

「どこへ行くの、兄貴?」

「ハンター協会」

賢太は慌てて⽌めようとしたが・・・。

旬はすでにオフィスから出ていました。

その時、スクープのために睡眠とご飯を犠牲にしている記者は、建物の外でキャンプし、旬が現れるのを待っていました。

「水篠ハンター!! 水篠ハンターです!!」

しかし、記者達はそれ以上、話し続けることができませんでした。

「えっ、えっ??」

彼らは皆、⾃分たちに何が起こっているのか理解出来ませんでした。

彼らは、⾃分だけでなく、周囲のみんなが地⾯から約10センチ離れたところに浮かんでいることに気づきました。

記者達が混乱している間に、旬は既にいなくなっていました。

旬は社用車をハンター協会に直⾏させた。

彼は出発前に犬飼に電話をかけていたので、協会会⻑とスタッフが外で待っているのを⾒ても驚かなかった。

しかし・・・。

「・・・何かあったのか?」

犬飼の表情はかなり険しかった。

旬が車から降りると、犬飼は急いで旬のところへ歩いて⾏き、震える声で尋ねた。

「水篠ハンター・・・。もしかして、最新のニュースを聞いていますか?」




すみません、賢太の姉の名前が分からなかったので、今後も「賢太の姉」で表記させていただきますm(__)m

賢太の存在は本当に素晴らしいと思います。

旬が人間としての気持ちを未だに失っていないのは、彼の存在もありますよね♪

そして、犬飼会長の最後のセリフは一体どういう意味でしょうか・・・?

俺だけレベルアップな件【228話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は228話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【230話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は230話をまとめまし...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語...