俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【234話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は234をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



 

234話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 各代表の反応

旬の⻑い説明が終わると、代表者たちの顔には驚きの表情が浮かび上がった。

やがて、恐怖に満ちた好奇⼼を打ち負かすことができず、人々は旬に叫んだ。

「あ・・・あなたは私たちがその話を信じることを期待しているのですか!?」

「証拠・・・。証拠を⾒せてください!それがなければ、私はあなたを信じることができません!!」

「あなたの主張は、信じられないほど⾺⿅げていませんか!?」

この反応は、旬も予想していたと思います^^;

旬に浴びせられる非難の言葉は、彼のたった一つの行動で止まりました。

「・・・!!」

旬のすぐ後ろに、突然数⼗のゲートが現れました。

「それらは・・・。それらはすべてゲートではありませんか?」

まるで、地震が起こっているかのように、出席者全員の⽬が⼒強く震え始めました。

旬は、君主の⼒を⽬の当たりにした彼らの反応に満⾜しました。

普段旬が移動にゲートを使用しないのは、影の移動の方が圧倒的に早いからです

ほんの⼀秒前に起こったのが幻覚であったかのように、すべてのゲートは跡形もなく消えました。

同時に、記者は驚くべき事実に気づきました。

「だ・・・誰かさっきのゲートの写真を撮りましたか?」

記者たち内で繰り広げられるざわめきが、会場の隅々から騒ぎの声が爆発しました。

記者たちもとくダネを掴み損ねましたね笑

しかしその後・・・。

「水篠ハンター!!!!」

イギリス代表は、突然席から⽴ち上がって、甲⾼い叫びで皆の注⽬を集めることに成功しました。

「あなたもその⼀⼈なのか!?最初の超巨⼤なゲートから現れた⽣き物は、そもそも、私たち全員を殺すために召喚されたのではありませんか!?」

「・・・」

旬はしばらくの間、無⾔でイギリス代表をじっと⾒つめていました。

「ああ、ええと、まあ・・・。もちろん、私は、ええと・・・、惜しみなくあなたを信じています、水篠ハンター・・・」

本当に旬が敵だったら、既に世界は滅んでいるでしょう・・・

「私の⾔葉を信じるかどうか、私の⾔葉を受け⼊れるかどうか・・・。それはあなたの選択です。私は⾃分の目的を⾔い終えたので、皆さん、今あなた⾃⾝の決断をしてください」

アメリカハンター協会の局長であるデビッド・ブレナンは、ついに沈黙を破ることを決め、⼿を⾼く上げました。

「ブレナン局長?」

デビッド局長は⾝震いする⼼を落ち着かせようとし、慎重に質問しました。

「私たちは何をすべきか?」

「・・・」

旬は決⼼し、思いつく限りのアドバイスをしました。

「私は、あなたがそれらのゲートから可能な限り遠く離れることを祈ります。できる限
り。ほんの少しでも、⾒つけられる最も遠い場所に避難してほしいと思います」

流石に旬でも、世界中の人々を救う事は出来ません・・・
各国の賢明な判断に期待するしかありませんね

 



 

  • 最初の目的地

旬が提供した情報によって引き起こされた波紋は巨⼤でした。

【遠くに避難してください】

その⾔葉は全世界を動員するのに⼗分でした。

世界は大混乱です。果たして、何処が一番安全なのでしょうか・・・?

しかし、誰もが旬の⾔葉を信じているわけではありません。

カナダ⼈ハンターのようなジェイ・ミルズは、⾃信を持って異議を唱えました。

「彼の⾺⿅げた話に私は付き合う暇はないと、彼に伝えてください」

ジェイはスタジオに座っている専⾨家の前で、旬を⼝汚くし侮辱しました。

「それでも、水篠ハンターは世界で最⾼のハンターの⼀⼈ですよね?彼によって出された警告を本当に無視するべきですか?」

ジェイハンターのランキングは17位でした。

「もちろん水篠 旬は素晴らしいハンターです。彼はトーマス・アンドレを倒すのに⼗分な⼒を持っており、それから、すべての召喚された⽣き物も・・・。しかし、彼が素晴らしい⼈だからといって、彼の⾔うことすべてが信頼できるというわけではありませんよね?」

「その場合、水篠ハンターが⾔ったことと⽭盾する証拠はありますか?」

「はあ?では、水篠 旬はどうですか?彼にはどのような証拠がありますか?」

ジェイ・ミルズはカメラをまっすぐ⾒つめ、声を上げました。

「水篠 旬はソウルゲートの真正⾯に⽴っていましたね。化物が彼を⾒た後、それらの恐ろしく⿊いものすべてがひざまずいた。もしそれが彼ではなく別のハンターだったとしたら、それらのモンスターはその⼈に服従していたかもしれませんよね?」

それは、まるで旬に話しかけているように聞こえました。

「水篠ハンター、あなたは全員を怖がらせてゲートから離れるように仕向けていますよね?しかしお話ししましょう。これらすべてのゲートをあなたが独占することはできません。何故って?なぜなら、私はあなたを怖がらないからです。少しも怖くありません」

ここまであからさまなフラグを立てる人は中々いませんよね笑

犬飼はテレビのスイッチを切りました。

「ハンターたちはカナダのジェイ・ミルズの周りに集まっています。インドのように強⼒なハンターシステムを持っている国々は、襲撃の準備をしているようです」

旬は何も⾔わず、ただ頷きました。

彼は今、残りの君主との今後の戦いに集中する必要がありました。

「水篠ハンター、あなたはどうされるのですか?」

カナダと国境を接しているアメリカも、必死に旬の助力を求めていました。

ハンター協会の役割は、ハンターがモンスターを追い詰めることに集中できるよう
に⽀援することです。

「まず最初に・・・」

旬は頭を上げて犬飼に話しかけた。

「私は中国に向かいます」

旬の第一優先は、韓国にいる大切な人たちです
中国は韓国から一番近いので、この判断は妥当でしょう

 



 

234話 感想

各国の反応は予想通りパニックでした。

旬もゲートを使えるのは予想外でしたが、君主との戦いに役立つのでしょうか?

そして新キャラクターのジェイハンター。

彼は今後どのように動くでしょうか?

そして旬の目的地は中国です。

いよいよ、リューハンターが出てきますね!

俺だけレベルアップな件【233話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は233話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【235話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は235話をまとめまし...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...