俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【236話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は236をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



 

236話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • カナダの状況は?

「カ・・・カナダの状況はまだ・・・」

通信を担当するハンターは、時計が壊れたようにどもりました。

旬は本気で焦りを感じていたので、代わりに携帯を取り出しました。

旬はハンター協会のアジア⽀部を担当する特別捜査官「アダム・ホワイト」の連絡先番号を押しました。

「水篠ハンター!」

切羽詰まった声が電話のスピーカーから聞こえました。

「アダム?カナダの超巨⼤なゲートで何が起こっているのか教えてくれませんか・・・?」

旬は「ワァー!!」という⼤きな歓声を聞いた。

「今どこにいるのですか??」

「私は、他のエージェントと⼀緒にサポートを提供するために、カナダの超⼤規模なゲートの場所にいます」

「なぜそこにいるのですか!?」

旬の怒りの声に、アダムは驚いた声で返答し、明らかに動揺を隠すことが出来ませんでした。

「カナダでの出来事が、私たちとは無関係であるかのように無視することができ
ませんでした・・・。それに・・・」

アダムは、彼の現在の位置はカナダのハンターがいた場所からかなり離れているので、何か起きた場合、⽐較的簡単に逃げることができるはずだと付け加えました。

その説明を聞いた旬は、⾔葉では⾔い表せないほどの失望感を味わった。

「俺がみんなに警告したことは・・・」

誰もまだ敵の規模を理解していないようでした。

旬もアメリカが疑っているとは思わなかったでしょう・・・

しかし、アダムがまだ無傷であるということは、旬の予測が間違っていたことを意味する可能性があった。

「ゲートはどうですか・・・?何か変更はありますか?」

「いいえ。他のすべてのゲートと同じように、内部は空だったようです。実際、この場所は本当に静かです」

旬はほっとした。

「ふう・・・」

どうやら旬の予測は間違っているようでした。

・・・

 



 

  • 地獄の始まり

しかし、それは起こりました。

「え?お待ちください・・・」

アダムはすぐに現在の状況を説明しました。

「たった今!何かが下降しています。え?ええと、ええと?⼈・・・⼈がゲートから降りてきました!」

「たった⼀⼈・・・⼈?」

旬は、はっとした!

「その⼈の髪の⾊は!?」

「⿊と⾚の⾊が混ざり合っています・・・。⾚みがかった⿊です」

オズボーンの記憶の中の君主も同じ髪色でした

何てことだ。

「アダム!今すぐ、そこから逃げろ!⾞かどうかは関係ありません、今すぐそこから脱出してください!!!」

「一体どういう・・・」

KWA-BOOOOOM-!!!!

電話のスピーカーからでも、その残忍さが聞こえるほど恐ろしい⼤爆発が鳴り響きました。

「ああ、親愛なる神よ!!」

アダムの声は今、悲鳴に変わっていました。

「アダム!!」

旬の叫び声から少し落ち着きを取り戻したかのように、アダムは涙声でつぶやき始めました。

「ハ・・・ハンターが・・・!! 最前列のトップハンター全員が1秒⾜らずで炭に変わりました!!彼らの体を燃やしている炎はまだ荒れ狂っています!! 何てことだ!!」

「アダム!アダム、聞いてくれ!⼤丈夫だから、今すぐ⾛り始めましょう!できるだけ早くそこから脱出してください!!」

「ああ・・・、分かりました・・・」

すすり泣き始めたが、それでも彼は、それが彼の最後の義務であるかのように彼が⾒ることができるすべてを旬に説明した。

「ドラゴン、空からドラゴンが・・・。ゲートからドラゴンが延々と降り注いでい
ます!!いいえ、あらゆる種類のモンスターが⼤群に混じっています!ああ、ああ、どうしてこのようなものが・・・」

おそらく、ジェイハンターも即死でしょう・・・

旬はただ座って聞くことができなくなった。

危険にもかかわらず、彼はアダムの影に忍ばせていた影の兵士と彼の感覚を結びつけました。

彼がそうしたとき、彼はアダムが⾒た光景を⾒ました。

⼤きく開いたゲートからは、死と破壊の使者が群れをなして流れ出し、天を⿊く染めていました。

彼らと戦うためにここに集まったハンターたちは、他の誰よりも早く到着した破壊の君主の一振りで、すべて灰に変わっていました。

「それでも・・・」

⼀⼈を救うことができるはずです・・・、アダムホワイトを。

まだ間に合うはずです!!

旬の配下であるハイオークは、アダムの⼿⾸に⼿を伸ばして握った。

「う・・・うわぁあ!?」

ハイオークが⿊い鎧を⾝に着けているのを⾒て、彼は恐怖で叫んだが、すぐにこのモンスターの⽬の中に⾒慣れた男の影が⾒えた。

「み・・・、水篠ハンター??」

旬は、アダム・ホワイトを⾜元の影に引きずり込もうとしたが・・・。

しかし・・・。

[影の⼦、どこに⾏こうとしているのですか?]

その男は⼝を⼤きく開けた。

すると、恐ろしいレベルの⼒が、突然彼の⼝の中に集まり始めました。

旬は視線をアダムに戻しました。

その瞬間、何かに気づいたかのように、アダム・ホワイトは旬を深く⾒つめていました。

「水篠ハンター、私は・・・」

KWWUAAAAHHH-!!!

中年の男の⼝から流れ出るブレスは、影の兵士を完全に消し去った。

「ぐぁあああ!!」

旬は全⾝が⽕に包まれた感覚に悩まされ、残酷な痛みから体が⼒強く震えた。

彼は神経だけでハイオークと繋がっていたので、そこから問題なく逃げることができましたが、エージェントのアダム・ホワイトにとっては別の話でした。

アダムが炎の中で焦げた灰に変わったときの⽬を思い出して、旬は純粋な怒りで歯軋りをしました。

アダムは好きなキャラだったのでショックです( ;  ; )

「俺は何故・・・」

旬はそれを考慮すべきだった。

敵が影の兵士と対決することを知ったら、戦闘場所の数を最⼩限に抑えようとするだろうと推測するでしょう。

「彼らは私から最も遠いゲートに全ての⼒を集めました」

他の場所が攻撃されている間に影の兵士を増やし、反撃を⾏うという旬の計画
は、見事に玉砕されました。

劉は、旬の表情から何か酷いことが起こったことに気づき、慎重に近づきました。

「水篠ハンター・・・」

通信を担当したハンターは遅ればせながらニュースを受け取り、真っ⻘な顔で慌てて⼆⼈に向かって話した。

「ハ・・・ハンターたちが・・・。カナダ、カナダが・・・」

旬が上空を睨みつけたとき、空を覆っているゲートは、⽬的を果たしたかのよう
に、すでに視界から消えていた。

この絶望的な状況から事態はどう動くのでしょうか?

 



 

  • 破壊の君主

一体の影の兵士とその隣に⽴っている⼈間の両⽅が蒸発して灰になりました。

「・・・」

竜王はその⾏動の結果、⾜元の灰の⼭を⾒て⼤いに満⾜し、すぐに後ろを振り返りました。

彼はゆっくりと⽬を閉じ、腕を⼤きく開いて⾃由を楽しんだ。

すべての⽣き物の絶望の鼓動・・・。

そして彼らの死にゆく悲鳴・・・。

破壊されるすべての⾳は、素晴らしい交響曲のように鳴り続けました。

エンシェントドラゴンが⼒強く地⾯に着陸するのを伴って、2⼈の君主が彼らの前に着陸しました。

彼らの⼀⼈⼀⼈が、現存する最強の君主である竜王の前に丁寧にひざまずきました。

彼らの「準備」も完了していました。

「クワハハハハ!!!」

竜王は、⼟地を揺るがすのに⼗分なほど強⼒な笑い声を上げ、ゲートからまだ流
れ出ているモンスターに向かって叫びました。

[すべてを破壊する!それが私たちに授けられた唯⼀の栄光の使命です!!]

何百ものドラゴンが頭上を⾶んでいき、凶悪な炎が彼らの⾜から降り注いで、地⾯にあるすべてのものを焼き払った。

一瞬で影の兵士を破壊した竜王の力は計り知れませんね・・・

 



 

  • デビッドの苦悩

アメリカハンター協会の局長であるデビッド・ブレナンは、すべての照明を消した状態で⾃分のオフィスに⼀⼈で座っていることに気づきました。

彼は⾃分の机に殺到する報告の終わりのない流れと、上層部からの着信を無視しながら、娘の結婚式の⽇の為に貯⾦していたブランデーを飲んでいました。

彼の暗いオフィスの中で、ミュートされたテレビ画⾯内の画像がちらつきました。

ニュース速報を報道しているテレビ局が、まったく同じ映像を何度も何度も再⽣している理由を彼は知っていました。

「彼らは既に死んでいるからです・・・」

カナダのハンターを⽀援するため送られたすべてのエージェントと同じように。

あの状況を⽣き延びた⼈は⼀⼈もいなかったでしょう。

「すべてが終わった!!」

デビッドは突然狂ったように叫んだ。

こんな状況だと現実逃避もしたくなります・・・

水篠ハンターは当時、誇張していませんでした。

彼は今、水篠ハンターがゲートから遠く離れるように、誰にでも分かる⾔葉で繰り返し⾔った理由を理解しました。

この世界はもう終わりました。

「なんて馬鹿な事を!!」

水篠ハンターはそのような⽣き物と戦うために召喚獣を連れて中国に⾏ったのではないですか?

あのようなモンスターが存在することを知って、彼はどうして奴らと戦うことを考えることが出来たのだろうか?

実際に、戦力差は圧倒的に分が悪いです

デビッドはジャケットから⼀枚の写真を引き出しました。

明らかにイライラした表情をした⾃分と、パーティーハットをかぶった娘の写真でした。

彼と娘の両⽅を含む写真が1枚しかないことを考えて、デビッドは静かにショックを受けました。

「これで・・・。すべて終わった」

カナダのほぼ半分は、地図から⼀掃されました。

「奴らの手で殺されたりはしません・・・」

彼は遠い地⾯が⾒える窓枠の隣に⽴ちました。

彼は涙⽬で⽬を閉じて窓から飛び降りようとした。

すると・・・。

誰かが突然彼の肩をつかんだ。

「へ!?」

彼は恐怖から⾶び上がり、⽬を⼤きく開いてすぐに振り返った。

「み・・・、水篠ハンター???」

恐ろしい幽霊を⾒ているようにデビッドの顔が⻘ざめたので、旬は静かに彼に話しかけた。

「私はあるものを探しています」

旬が探しているものとは?

 



 

236話 感想

アダムが死んだのは凄く悲しいです・・・。

カナダは破壊されました、次はおそらくアメリカでしょう。

トーマスハンターもいますが、彼だけでは無理です。

影の軍勢を強化出来ない旬に対抗策はあるのでしょうか?

俺だけレベルアップな件【235話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は235話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【237話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は237話をまとめまし...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...