俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【238話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。

今回は238をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は156話。 ...

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。 ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。 人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。 ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。 「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!? 「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!? 果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は156話。 ...



 

238話 ネタバレ

俺だけレベルアップな件【237話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 今回は237話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 人類の抵抗

「地獄」を地球に移植するとしたら、こんな感じでしょうか?

地⾯は、⾎、悲鳴、灰、そして刺激的な悪臭で満たされています。

竜王は彼らの前に⽴っていました。

「あの男はどうしているのだろうか?」

あの短い挨拶の後、影の君主は隠れて姿を現しません。

次元の狭間をさまよいながら眠っていた竜王の魂が、再び⼒強く⿎動しました。

真の戦争は間近に迫ろうとしていました。

けれど、竜王が待っていたイベントは実現しませんでした。

「・・・。彼は何かを狙っているのだろうか?」

影の君主がいつ戦闘を開始するか分からなくなった今、彼の兵⼠たちは慎重なペースで移動するしかありませんでした。

竜王は、彼を悩ませているすべての障害をできるだけ早く取り除き、⽀配者との戦いの準備をしなければいけません。

「・・・彼は人類の全滅を待ち、それらすべてを彼の兵士に変えようとしているのか?」

しかし、マナを使う⽅法を知らない⼈間を兵⼠に変えることは、破壊の軍隊に対してあまり効果がありません。

その時でした。

「⼈間がやって来ます、我が王」

側近のエンシェントドラゴンの1体が、攻撃の到来を知らせます。

竜王は困惑した表情で頭を上げます。

その瞬間、空から無数のミサイルが降りました。

「・・・退屈だな」

不安は苛⽴ちに変わり、苛⽴ちは怒りに変わりました。

[全員止まれ]

竜王は配下に動かないように警告し、この世界に⾜を踏み⼊れて以来初めて、その真の姿を明らかにしました。

擬⼈化された災害の真の姿が彼らに近づいているのを⾒た後、勇敢なパイロットの⼀⼈⼀⼈が完全に⾔葉を失いました。

「母さん・・・」

【クワアアア!】

パイロットたちの勇気ある妨害は1分も稼げず、彼らの犠牲は結局無駄でした。

それは、影の君主に対する破壊の君主の宣戦布告でした。

 



 

  • 3人の元帥

考えを整理する為に閉じていた旬の目が、静かに開きます。

「・・・時間です」

ベルが作成した「宿舎」の光景が彼の視界に⼊りました。

初めてこの⽩い要塞を見た後、ベルを叱ったことに罪悪感を覚えたので、彼は静かにベルを彼の側に召喚します。

「ねえ、ベル・・・。ありがとう」

彼は下の暗闇から頭をこっそりと現れました。

「ああ、我が王・・・」

「ええ、知っています」

旬は別の⾔葉が発せられる前にベルの言葉を切りました。

次に、ベリオンが⽔⾯に上がってきました。

「あまりにも危険です、私の王よ・・・」

イグリットですら、まるでこのチャンスを待っているかのように、影から現れました。

「私も彼らの意⾒、私の家⾂の意見と同様です」

3⼈の元帥全員が、彼らの王に計画を実⾏することを思いとどまらせようとしていました。

影の兵士は、君主が殺されない限り死ぬことはありません。

「オズボーン・・・。元・影の君主は、彼が私の性格が好きだと⾔いました」

旬は話を続けます。

「もし彼が今と同じ状況にあったとしたら、彼は何をしただろうか?」

「・・・」

ベリオンは、かつての影の君主の⾏動を思い出し、すぐに答えを出すことが出来ませんでした。

もし彼なら⾃分が直⾯している状況に関係なく、彼の義務を決して諦めないでしょう。

旬はベリオンに微笑みます。

「私たちは・・・お互いに似ています」

ちょうどその時、旬の顔はベリオンの⽬にオズボーンの顔と重なっていた。

(やはり・・・)

ベリオンは再び頭を下げ、旬に誓います。

「私は最後まであなたに同⾏します、私の王よ」

他の元帥も思いは同じだったので、何も言いませんでした。

「ありがとう」

旬は残り時間があまりないと感じて、ポケットから携帯電話を取り出しました。

これが家族と話す最後のチャンスになるかもしれません。

「・・・」

しかし、彼は「通話」アイコンをタップすることは出来ませんでした。

愛する⼈の声を今聞いたら、前に進めないと思ったからです。

旬は自身の決意を再確認し、ストレージから「カミッシュの怒り」を召喚しました。

「よし・・・」

頭の中で数え切れないほどのシミュレーションを実⾏した計画は、もう⼀度、彼の⼼を通り過ぎました。

「さあ⾏こう」



 

  • 奇跡

韓国ハンター協会会⻑の事務所内。

犬飼は⼥性ニュースキャスターの表情を観察しました。

本当に悲惨な事件の場合、ニュースキャスターは、落ち着いた表情を保つ為に最善を尽くすことによって、視聴者の⼼に咲く不安と興奮を防ごうとします。

テレビニュースの⼥性キャスターは、祖⽗が警告したとおり、穏やかな表情
で、北⽶で起こっている事件について落ち着いた声で話しています。

[・・・。進撃を⽌めるために、前線に向かったハンターとのすべての接触が遮断されたとき、アメリカ政府は⺠間⼈が避難するのに⼗分な時間を費やす為、彼らのすべての軍隊を緊急に動員しました]

犬飼は⽬を閉じました。

最⼤の戦闘⼒を誇る国、アメリカ合衆国はモンスターの⼿によって無⼒に崩壊しました。

そして今、⼈類が出来ることは奇跡を祈ることだけでした。

「彼なら・・・」

水篠ハンターとの接触がすべて途絶えてから、もう3⽇以上経ちました。

彼はすでに安全な場所に避難しているのかもしれません。

だから、残ったのは奇跡を祈ることだけでした。

「お願いします。・・・しないでください」

返事はないが、犬飼は事務所の天井を⾒上げてそっと呟きます。

「・・・私たちを⾒捨てないでください」

そして、それはその時起こった。

「・・・???」

犬養は驚いて跳ね上がり、彼の視線はすぐにテレビに固定されました。

 



 

  • 絶体絶命

「うわぁぁぁぁぁぁぁ!!」

世界最⾼の空軍である⽶国空軍は無敗の歴史を誇っていましたが、その歴史はカナダの空で散りました。

爆発の衝撃⾳と⽕の⽟の閃光が空を満たします。

「ハァ・・・ハァ・・・」

彼の⽬の端に溜まった涙は、体を壊す痛みからでしょうか、それとも彼⾃⾝の無⼒さに感じた恨みのせいでしょうか?

周囲は⾎の刺激的な臭いと化学物質の刺すような煙で満たされていましたが、モンスターはそれでも遠くから⽣命体の呼吸を感知し、彼の場所に向かってきます。

パイロットは急いで腰に取り付けられた拳銃を引っ張り出しました。

「死ね!死ね!!死ね!!!」

⽿を刺すような銃声が空中に響き渡ったが、予想通り、それらはモンスターを倒すのに不⼗分でした。

弾丸がなくなった今、パイロットはすぐに⾃分の⾏動を後悔し始めました。

彼は彼⾃⾝の最後の瞬間のために最後の弾丸を確保するべきでした。

彼がぼんやりと⿇痺してそこに⽴っていたときに到着した最初のモンスターは、
巨⼤なゴキブリに似た混沌世界の住⼈でした。

⾍型の怪物が視界を完全に埋め尽くすのを⾒た後、パイロットは何も考えられなくなった。

絶望的なうめき声が彼の⼝から漏れます。

「あぁ・・・」

その瞬間・・・。

巨⼤な⽣き物の⽖がなぎ払ったかのように、⾍は⼀気に引き裂かれました。

「奇跡か!?」

そしてすぐに、彼は⼀⼈のアジア⼈が彼の⽬の前にそっと着陸するのを⾒つけました。

「水篠 旬・・・。水篠ハンター??」

パイロットは旬の表情を見て、彼が味⽅なのか敵なのか⾒分けがつきませんでした。

しかし、旬の⽬は間違いなく「逃げろ!」と⾔っています。

旬はカミッシュの怒りを猛烈に振り回し、その結果、モンスターは紙で作られた⼈形のように細かく砕かれました。

「行け!!」

「は・・・はい!」

旬は、視線を再び前に戻す前に、脱出する男の背中を⾒ました。

彼は2つの攻撃で数⼗体の敵を倒しましたが、それは巨⼤な氷⼭から⼩さな断⽚を
削り取るようなものでした。

数百倍の数の敵が、ここで起こった戦闘の匂いに気付いたようです。

これが戦争の第⼀歩となるでしょう。

「ふう・・・」

旬は素早く深呼吸をし、混沌世界の兵⼠たちが⾃分に向かって来る⽅向に、この戦争のターニングポイントとなる⾔葉を吐き出しました。

「起きろ」

 



 

俺だけレベルアップな件【239話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 今回は239話をまとめました...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバレを含む...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は156話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は53話。 ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は52話。...