俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【239話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は239をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。 ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。 人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。 ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。 「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!? 「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!? 果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



 

239話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 開戦

「起きろ」

旬が命令を出すやいなや…。

細かく裂かれた昆⾍モンスターはすべて、新しい影の兵士として⽴ち上がりました。

これらの兵⼠は、⽣きていたときよりも遥かに強くなりました。

旬はこれらの新しい兵⼠に最初の命令を出します。

「⼼ゆくまで暴れ回ってください」

そして旬も前に⾶び出します。

彼は即座に最前部の影の兵士を追い越し、敵のオークの真っ只中に⾶び込みました。

渦の中⼼に吸い込まれるように、可哀想なオークたちは容赦なく切り裂かれます。

その時、旬の頭上に、突然背の⾼い⽇陰が表れました。

旬が頭を傾けて⾒ると、⾸を痛めるほどの巨⼤なモンスターが彼を睨みつけています。

巨人が⽯の柱を投げる前に、彼は最初に動きました。

瞬く間に、旬は巨⼈の真下に到着し、逆手に握ったカミッシュの怒りを⼒の限り振ります。

突然⾜⾸の1つを失い、巨⼈の体は⽚側に傾き倒れました。

巨人が仰向けになって激しく叫んでいると、昆⾍型の影の兵士たちが巨人に登り始めます。

そして、彼らの貪欲な給餌時間が始まりました。

もう⼀度、影の君主は命令を出します。

「起きろ」

あっという間に、100を超える混沌世界の部隊が影の軍団に吸収されました。

巨人は⽯の柱を手に取り、全力でスイングしようとしていました。

モンスターたちはこの戦争を楽しんでいましたが、今では、すべてのモンスターが恐怖で後退しました。

彼はこれらの⽣き物に向かってモンスターの⾔語で話します。

[何が怖いのですか?]

旬の⽬には、殺⼈的で肌寒い空気がちらついていました。

その瞬間・・・。

巨人の兵⼠によって⼒強く振り回された⽯の柱は、すべての敵を払いのけて⼀掃しました。

 



 

  • 混乱

旬が戦場に出た直後。

⼀度も警戒を怠ったことのない竜王は、ついに影の君主の存在を発⾒しました。

「東部戦線か・・・」

竜王より少し遅れて、エンシェントドラゴンや他の君主も、最終的に影の君主の動きを検出しました。

変容の君主である亡霊の王。

彼は、竜王に敬意を表して演説しました。

[私たちはすべての部隊を率いるべきだと・・・]

しかし、竜王は⼿を挙げて、彼の⾔葉を突然遮りました。

部下たちは様々な困惑した表情を浮かべます。

竜王は自分の意⾒を表明しました。

[影の軍隊・・・。死者の軍隊がどこにいるか分かりますか?]

竜王は影の君主の忠実な兵⼠が、彼の影の中に存在していないという事実を⾒逃しませんでした。

「一体、どういう・・・!?」

変容の君主は慌てて⽬を閉じます。

東部戦線に、魔力を使って作成された⼤きな眼球が、影の君主が戦争を始めた場所の上空に現れました。

「・・・な!!」

影の君主は戦場の真ん中を⾃由に歩き回っていましたが、彼の影の中に隠されているはずの軍隊の力は1つも検出できませんでした。

竜王の眼差しは今や、怒りと答えのない疑問で構成されます。

「何を考えている・・・?」

敵が今何を企んでいるのかが分からないとき、彼らは単に軍全体を動員することが出来ませんでした。

エンシェントドラゴンの一体が⼼配そうに、自身の主に呼びかけます。

[ああ、私の君主・・・]

竜王はその部下を睨みつけ、エンシェントドラゴンは全員頭を下げました。

「影の君主・・・。あなたの目的は一体何ですか?」



 

  • 破壊の軍勢

旬は広⼤な敵の海を削ることを諦めました。

彼⾃⾝の影の兵士の数は急速に増加していましたが、それでも、敵軍の規模は⾮常に膨大なため、これまでの彼の⾏動はほとんど意味がありませんでした。

「ふう」

深呼吸をした後、旬は論理的思考ではなく感覚に⾝を任せます。

彼のたった1回の攻撃で、何百ものモンスターが引き裂かれました。

「起きろ!!」

そして、何百もの新しい影の兵士が彼の軍隊に加わります。

どれだけの時間が経過したのでしょうか?

旬はついに、これまで戦ってきた混沌世界の勢⼒とは全く異なる存在の接近を発⾒しました。

何百ものスカイドラゴンと、その上に乗っているドラゴンライダーが現れました。

「破壊の軍隊が、ついに動きだしたのか?」

しかし、旬はまだ竜王の存在を感じることが出来ませんでした。

スカイドラゴンは⼤きな叫び声を出し、すべてのスカイドラゴンが⽅向を変え、旬のいる場所に向かってきました。

旬は両⼿をスカイドラゴンに向けて⼿を伸ばします。

「支配者の力!!」

まるで天国そのものを絞って乾かすかのように、彼は握りを強め、⽬では⾒えない「何か」を引きずりました。

旬に向かってくる何百ものスカイドラゴンが⾒えざる⼿に捕まり、地⾯に叩きつけられます。

地球のマナはスカイドラゴンを激しく揺らし、全てを墜落させ倒しました。

スカイドラゴンの群れによって隠れていたドラゴンが現れます。

「・・・!!」

炎でできた恐ろしいドラゴンのブレスが空から落ちてきます。

「Kuwaaaaaaaah- !!」

ターゲットにブレスを発射した後、ドラゴンは⾼度を上げました。

⼗分な⾼度に達したと思い、ドラゴンは⾶ぶのをやめ、地⾯を⾒下ろして影の君主の存在を確認します。

しかし、影の君主の痕跡はどこにも⾒られませんでした。

「奴はどこにいる・・・??」

寒気を誘う感覚がドラゴンの⾸の後ろを通り過ぎましたが、それはもう⼿遅れでした。

「しまった!!」

ドラゴンが⾒上げる前に、頭上に⽴っている旬は「カミッシュの怒り」で敵を刺しました。

短剣の先から⾶び出した鋭く⿊いオーラがドラゴンの頭をきれいに貫通し、あごの下から出てきました。

旬は動かないドラゴンの頭から軽く⾶び降り、近づいてくる敵に向かって歩きながら、後ろを振り返ることさえせずに話しました。

「起きろ」

そして、ドラゴンと何百体ものスカイドラゴンが彼のすぐ後ろで再び⽴ち上がり始めました。

 



 

  • 出陣

誇り⾼い軍隊の⼀部は影の君主によって失われました。

破壊の軍隊が影の軍勢に飲み込まれるという出来事は、どんな犠牲を払っても防がなければなりません。

[私たちは彼を打ち倒します]

竜王は、戦争に参加するチャンスを待っていたエンシェントドラゴンに新しい命令を出します。

[同⾏しなさい]

念のために、彼は変容の君主に異なる命令を出しました。

[あなたはここに留まり、影の君主による奇襲の可能性に備えてください]

[仰せのままに]

竜王とエンシェントドラゴンの前に、東の戦場に接続された何百ものゲートが表れました。

「私はあなたを逃がしません」

怒りの炎で燃えている竜王はゲートの中に消えます。



 

  • 西武戦線

激しい勢⼒変化の嵐があった東部とはまったく異なり、⻄部戦線では⽐較的静かな戦いが終わりに近づいていました。

そしてついに、アメリカ軍は急速に崩壊しました。

「うわぁぁぁぁぁ!?」

⻄部戦線での略奪軍の役割は、敏捷性と鋭敏な感覚を備えた昆⾍型モンスターに与えられました。

【Shashashashak…】

モンスターは弾丸の弾幕を無視し、人間を引き裂くために彼らに襲いかかりま
した。

⼈間の兵⼠との饗宴を終えた昆⾍は、次の獲物の波に向かって頭を回転させます。

⼩隊⻑の表情は、兵⼠たちを⾒たときに決意しました。

⼩隊⻑は⼿榴弾を引き抜き、安全ピンを引っ張ります。

モンスターは⼈間の雰囲気がおかしくなったと感じ、⼤声で叫びながら⼩
隊⻑に猛烈に襲い掛かりました。

【Kiiiiaaaahhkk- !!】

彼らの鋭い下顎が彼を飲み込むために⼤きく開いた直前に・・・。

・・・ある⼈物が、⼩隊⻑の前にどの昆⾍よりも速く⾜を踏み⼊れ、⼿榴弾を奪い、モンスターの攻撃を背中でブロックしました。

「ト・・・トーマス・アンドレ???」

トーマスは、⼿榴弾を昆⾍の開いた⼝に押し込む前に、ウィンクして昆⾍に向かって回転しました。

そして彼は巨⼤な拳を振り、その昆⾍の頭を簡単に吹き⾶ばしました。

「おっと・・・。今はそれどころではありません」

⽣き残った兵⼠たちは、助けに来た⼈々が誰であるかをすぐに認識し、明るい表情が彼らの顔を満たしました。

「あれはスカベンジャーです!!」

「彼らはスカベンジャーギルドのハンターです!」

「ああ、ああ!ありがとう、神よ!」

トーマス・アンドレの⾮常に鋭い眼差しは、⼊ってくる敵を⼀掃しました。

オーク、オーガ、トロール、ミノタウロス、サイクロプスなど・・・。

雑魚たちの真ん中に、強⼒な存在が隠れていました。

やがて、その⽣き物はまるで状況を観察したかのように、ゆっくりと⼤群の前に出ます。

[あなたはあの時の⼈間ですよね?獣の君主によってほとんど死に追いやられた、
⽀配者の弱体化した肉体]

巨⼤な図体の人間は、不快な笑いを浮かべました。

獣の君主は捕⾷者の⼒を持っていましたが、基本的には、自身で獲物を追い詰めることに特化していました。

しかし、この君主はオークやオーガなどの巨⼤生物を⽀配し、同じ図体でありながら現在死んでいる獣の君主とは異なりました。

巨⼤生物の王、鉄の君主は、その巨⼤なマナを解き放ち始めました。

しかし・・・。

[・・・?]

トーマスの後ろにいるハンターの顔⾊が急速に変化しているのとはまったく対照的に、⽀配者の肉体はリラックスした態度をまったく失っていないようでした。

「・・・だから、これだけで⼗分でしょう?」

トーマス・アンドレは独り⾔を⾔います。

そして、暗闇が彼の⾜下から突然広がり、瞬く間に大地を完全に覆いました。

[影だと・・・!?]

トーマス・アンドレの後ろから、懐かしい声が突然聞こえてきました。

[おお、巨⼤生物の王様、お久しぶりです]

大元帥ベリオンは、丁寧でありながら脅迫的な声で挨拶をしました。

そして彼のすぐ後ろには、トーマス・アンドレの影の中に隠れて⾟抱強く待っていた13万⼈以上の影の兵士が同時に地上に⽴ち上がりました。

 



 

俺だけレベルアップな件【238話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は238話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【240話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は240話をまとめまし...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...