俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【242話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は242をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 

 

 

 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



 

242話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 黒い稲妻

横からの巨⼤な衝撃に体を押しのけられ、竜王はそれを⾒た。

何千、いや、何万もの⿊い稲妻が、⿊い影の周りを激しく揺れ動き、パチパチ⾳を鳴らしていた。

「・・・変身体か?」

いいえ、それはありえません。

影の君主は、かつては光の断⽚の1つ。

彼には闇の君主の「隠された」姿はありません。

(あり得ない話だが・・・。彼は大地に死の⼒を召喚しているのだろうか?)

少し前までは普通の⼈間だった男が、どうすればこの短時間で死の⼒をコントロール出来るのだろうか?

[そうだったのですね・・・]

称賛のため息が竜王の⼝から吐かれた。

[あなたは⽣と死の境界で多くの時間を過ごしましたね?]

オズボーンが、彼の⼒のすべてを貧弱な⼈間に引き渡すことを選んだ理由。

目の前の⼈間は、彼が君主の⼒を継承するまで、彼⾃⾝との激しい戦いを続けていました。

竜王はオズボーンと⽐較して、現在の影の君主を少し侮っていた。

しかし、今では、この⼈間に対する新たな敬意を感じた。

【必ず・・・、この⼈間は死ななければなりません。やはり、彼はあまりにも危険です】

 



 

  • 死闘

「これは・・・。これは本当に俺なのか?」

闇そのものとなった巨⼤な⾁体が意のままに動く。

巨⼤になったのは旬の体だけではありません。

破壊の君主が向かって来る。

激しい炎と⿊い稲妻が四⽅⼋⽅に散らばった。

彼らの筋力はほぼ同じでした。

ドラゴンが突然旬の肩に噛みつき、噛まれた部分の周りに真っ⾚な炎が舞う。

けれど旬は慌てずに、ドラゴンの⾓を掴んで顔を殴ります。

【クワア-!!】

ドラゴンは再び旬に向かって飛びつき、その巨⼤な口を⼤きく開いて彼の体に⼤きく噛みつきました。

「ぐぁああああ!!!!」

この戦いを始めて以来m初めて旬は我慢できず、痛みを伴う叫び声を吐き
出した。

腰が半分に折られたような、信じられないほどの痛みが下から駆け上がった。

「ぐぅぅ・・・!!がはッ!!」

⼗分なダメージを与えたと判断し、竜王は旬を地⾯に投げ飛ばし、即座に破壊の息吹を放つ。

⼤⽕のような息が吹き抜けたとき、旬の片腕は消えていた。

しかし、彼は痛みの悲鳴を上げず、ただ⻭を⾷いしばった。

即座に距離を縮め、残った⼿を竜王の顎の奥深くに押し込む。

厚い皮が引き裂かれるとともに、竜王の巨⼤な⾆が彼の喉から引き裂かれた。

[クワァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!】

旬はこのチャンスにドラゴンの頭を殴り、溶岩が四⽅⼋⽅にこぼれ落ち、ドラゴンの首は大きくぐらついた。

憎悪の目で旬を睨みつけ、⾓を突き出し旬に突進す。

一進一退の戦いが続いた。



 

  • 壮大な光景

⼆⼈が衝突するたびに、地⾯が震え、天が叫んだ。

⿊い稲妻に打たれたすべての大地は容赦なく引き裂かれました。

⽛はぼんやりとした⽬で、2⼈の君主の戦いを見ていた。

もしかして・・・。

神は、この戦いを見たいがためにこれらの存在を生み出したのだろうか?

二人の戦いは間違いなく世界を終わらせる災害。

しかし、同時にそれは、壮観な⼀⽣に⼀度の出来事でもありました。

2⼈の神のような存在が全身全霊で衝突するの光景に、涙が⽛の⽬からゆっくりと落ちる。

破壊の⼒と死の⼒は互いにぶつかり合い、⾝をかがめ、世界をその核⼼に揺さぶった。

 



 

  • 限界

旬のパンチが繰り出される度に空気を引き裂く衝撃波が発生し、恐ろしい精度で敵に命中した。

倒れた竜王の上に素早く乗り、拳を何度も叩きつける。

しかし、⽚⼿だけでは致命的な打撃を与えるのに⼗分でないことは明白でした。

マナのすべてを残りの⼿に集中させたが、マナは突然こぼれ落ちる。

(どうした?)

竜王は旬に起こっている変化に気づき、一瞬の隙を見逃さず、爪を立てて突き刺した。

動揺している旬はその攻撃に反応出来なかった。

[これが私たちの経験の違いです!]

「ぐわぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ドラゴンの爪は旬の体に突き刺さり、彼は笑いに満ちた嘲る⾔葉を吐き出した。

[⼤きな体を維持すると、想像を絶する量のスタミナが消費することをご存知ですか?]

旬を完全に動けなくした後、恐ろしいエネルギーがドラゴンの口の中に集まり、渦巻いた。

【これで終わりだ・・・!!】

しかし・・・。

ブレスが発射する直前に、旬の肩から突然新しい腕が再生した。

【彼はまだそんなに多くのエネルギーを残していたのか!?】

それでも、この状況が覆される可能性は0でした。

その時、旬は新しく再生した腕をドラゴンの口の中に押し込んだ。

「おらぁぁぁぁぁー!!」

信じられないほどの衝撃⼒を伴って、強⼒な眩いばかりの光が周囲を覆った。



 

  • 最後の戦い

旬は巨⼤な影から⼈間の姿に戻り、地⾯に横たわり、激しく喘いだ。

「ハァ、ハァ、ハァ・・・」

頭からつま先まで傷だらけで、たくさんの空気を吸いながら、呼吸を正そうとする。

爆発から生み出された濃い霧のベールを越えて、誰かが旬に向かって近づいていました。

「化物か・・・?」

竜王の状態も良くはありませんでしたが、旬⾃⾝の状態と⽐較すると、明らかに良好でした。

[あなたはしぶといですね?]

(それは俺のセリフだ)

少しでもエネルギーを節約したかったので、旬は無⾔で「カミッシュの怒り」を召喚し、それらを握った。

竜王はたった⼀歩で彼の目の前に到着し、剣を振ります。

衝突する刃から⽕花が⾶ぶたびに、汗と⾎が体から滑り落ち、周囲に⾬のように降り注ぐ。

バキッ!

カミッシュの怒りの一つが、竜王の強化された鱗に攻撃したことで粉々になった。

「・・・!!」

竜王はその隙を⾒逃しはせず、瞬く間に武器を前に突き出し、旬の体を貫通した。

ひどい痛みの激流の最中でも、旬は⻭を⾷いしばり、もう⼀⽅の⼿に持っていた短剣を竜王の⾸に向かって振る。

カミッシュの刃が喉に到達する直前に、竜王は素⼿で武器を掴んだ。

[ドラゴンの⻭から作られた短剣が、ドラゴンの頂点である私の体を傷つける可能性があると思ったのですか?]

旬を⾜で押しのけ、竜王は剣を引き抜いた。

 



 

  • 父さん

旬が起き上がる直前に、竜王が⽬の前に到着し、刃先を喉に向けた。

「・・・」

[面白いと思いませんか?]

勝利を⼀度も疑うことなく、⼈間の形をしたドラゴンは、無⼒に追い詰められた敵の顔を⾒下ろす。

【闇から⽣まれる炎と、光から⽣まれる闇の戦い。この戦いはようやく終わりに近づいています】

旬は彼の言動に同意した。

「そうだな、ようやく終わる」

[やっと、無意味な抵抗を諦めたのですか?]

その時でした。

力なく敗北しほとんど諦めている様子だった、旬の⽬の光が一瞬で変わった。

[・・・!!]

驚くことに、旬は後ろに下がるのではなく、前に出た。

竜王の剣は旬の首をギリギリで通り過ぎ、⾎は噴⽔のように⾶び散ったが、それは致命傷ではなかった。

(チャンスだ)

傷の代償を払うことで、旬は竜王に接近出来た。

そして、「インベントリ」に保管されている⽗親の短剣を召喚する。

竜王が目の前の状況を理解する前に、旬の短剣は敵の胸に深く刺さった。

[クワアアアア-!!!]

(まだ終わっていない!)

旬は短剣を引き抜き、スキル「乱刀」を発動させた。

[悪あがきを・・・するな!!!]

驚いたことに、数え切れないほどの攻撃を受けたにもかかわらず、竜王は剣を振るい続けた。

「乱刀」が続くほど、竜王の反射速度も速くなっていく。

これが、破壊の唯⼀の⽬的のために暗闇から⽣まれた最強の⽣物の⼒。

最も⾃信を持っている領域であるスピードが徐々に押し戻され、旬の額に冷たい汗の滴が流れた。

[ガァ!!]

獣の遠吠えを吐き出し、旬を押しのける。

以前とは異なり、彼は同じ過ちを繰り返しませんでした。

剣は黒い心臓を貫いた。

「ゴホっ!!」

すべての⼒が彼の⾜を放棄し、気がつくと、旬は地⾯に跪いていた。

【Kuwaaaaaaaahhh-!!!】

竜王の⼝から唸るような声が漏れた。

[覚悟しろ。私はあなたを少しずつ引き裂いて、私のペットにあなたを食べさせます!!]

竜王は影の君主に残酷で惨めな死を授けるでしょう。

【私を邪魔する者に、何が起こるかをお⾒せします!!】

その⻑い⽛をむき出しにして、轟音を鳴らし続ける。

しかし・・・。

突然、激しく⼤きな合唱が天から爆発した。



 

  • 銀の兵士

【Waaaahhhh- !!】

竜王はは信じられない光景を見た。

⽀配者の軍隊、銀の兵⼠たちは、以前にはなかった巨⼤なゲートから際限なく出現した。

(どういう事だ!?)

竜王は動揺を隠せなかった。

間違いなく、この惑星に到着したとき、あのゲートはありませんでした。

この世界を繋ぐ扉を開くには、計り知れない量のエネルギーが必要です。

震える⽬で旬を⾒下ろし、震えながら尋ねる。

[あなたはまさか・・・。あなたが最初から全力で私を攻撃した理由は・・・!?]

2つの⼤きな⼒の衝突で次元を引き裂くことによって仲間を呼ぶために?

[あなたは・・・。⽀配者と通信する手段を探していたのですね・・・?]

支配者の力を借りた人間を媒介にして、支配者たちをこの惑星に呼び出す。

その1万分の1のチャンスのために、旬は戦いに負けたとしても、この戦いを始める前に戦争に勝つ⽅法を選びました。

⽬の前の戦いだけに集中した竜王にとって、それは完全な敗北でした。

旬は、⽬まぐるしい痛みを何とか抑えて、力なく笑った。

「あなただったのですね?」

[・・・?]

「悪魔の君主と獣の君主に、影の君主を後ろから襲撃するように⾔ったのはあなたでした」

[・・・悪魔の君主がそう言ったのですか?]

旬は答えるのではなく、無数の翼のある兵⼠でいっぱいの空を⾒上げた。

「オズボーンは、俺にこのメッセージをあなたに伝えてほしいと言いました」

ゆっくりと中指を広げる。

[ふざけるな!!!]

その⽖は旬に届かず、彼を優しく抱きしめる6つの美しい翼によってブロックされました。

[最も輝かしい光・・・]

頭上から、3対の翼を持つ6⼈の天使が、竜王の周りをゆっくりと降りてきます。

確かに、この戦いの結末はもうすぐです。

竜王は、旬との短い会話を思い出し、⾃分を嘲るような笑顔を浮かべた。

[・・・これで終わりです]

⽀配者の槍があらゆる⽅向から竜王を貫く。

 

 

 

 

 

 

次回でラストです!!

俺だけレベルアップな件【241話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は241話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【243話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は243話をまとめまし...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語...