俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【246話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は246話をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 

 

 

 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



246話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 旬の日課

次元の狭間に入った後、旬は今までにない習慣を付けました。

その日に起きた事を日記に書くことです。

それは決して、君主たちとの戦いを残すという崇高な目的ではありません。

何もないこの世界では、戦いが無ければ恐ろしいほどに孤独でした。

二度目の人生を過ごしている旬にとって、以前は気づかなかった事があるかもしれません。

又は、重要な何かを忘れてしまう可能性も。

それを思い返すために、彼は日記をつけることにしました。

果てしなく深い闇の中で、文字を刻むペンの音だけが静かに鳴り響きます。

旬の表情に笑顔が浮かぶ。

「それでも俺は、ここでの出来事を一生忘れないだろうな」

彼は頭を上げて、数え切れないほどの死体を見ます。

君主たちの中でも厄介な「変容の君主」を遂に倒す事が出来ました。

次元の狭間に入ってから、既に27年が経過。

ようやくこの戦争に終わりが見えてきました。

残っている敵は、竜王とその直属の部下である「破壊の軍隊」です。

「ここは外の時間との流れが違うんだよな」

葵はどのくらい変わったのだろうか?

父さんは?母さんは?

彼らは心配して倒れていないでしょうか?

ここに来る前に説明した方が良かっただろうか?

あらゆる不安がよぎります。

「待て待て」

旬は頭を横に振り、不安を取り除きます。

ベリオンが近づいてきて頭を下げた。

[私の王よ、周囲は⽚付けられました。敵は残っていません]

周囲を見回すと、生き残っていた敵は影の軍団によって虐殺されていました。

無限にも見える軍勢は、静かに王の命令を待っています。

旬は日記を閉じます。

「分かった」

今こそ、彼の最大の脅威に立ち向かう時です。

影の君主になって以来、初めての敗北を味わされた「一人」に会いに行きましょう。

以前は支配者たちが介入し最終的に勝利はしましたが、間違いなく、旬は竜王に敗北しました。

「・・・⼆度と負けない」

彼の鼓動は激しく、そして雷鳴のように響きます。

竜王のオーラを感じる方向に向きを変えます。

最後の戦いに参加する兵⼠たちと共に・・・。

「起きろ」

旬のすぐ後ろに、3⼈の元帥、ベリオン、ベル、イグリット、そして多くの指揮官が整然と⽴っていました。

この世界には空気の流れはありませんが、それでも戦争の終わりを知らせる⾵が吹いているようです。

この⻑い戦争の終わりを告げる⾔葉。

「俺たちは竜王を倒すために進みます」

 



 

  • 最後の戦い

いつからだろうか?

影の君主が、混沌世界の膨大な軍隊を削り始めたのは?

彼を追いかけていた軍隊の立場は逆転し、今、竜王は彼に追いかけられていました。

最後の戦い。

竜王は、永遠にも見れる戦争が⽀配者との壮⼤な戦いではなく、君主間の紛争として終わるとは想像もしていませんでした。

それでも、この戦いで全てが終わると確信しています。

その⾎は、数⼗年前に起こった影の君主との戦いを思い出しただけで沸騰したのではないでしょうか?

部下の⼀⼈が恐る恐る近づいてきました。

[ああ、我が皇帝・・・]

腕を組んでいる竜王が言います。

[ユグムントが亡くなった]

変容の君主が死ぬという知らせを聞き、部下は唖然とした表情を⾒せました。

[でしたら・・・、離れた場所に移動することを提案しますが・・・]

[いいえ]

竜王から殺⼈的なオーラが現れ、⽛をむき出しにしました。

[逃げるのにはうんざりしています。私たちはここで奴と戦うつもりです]

その男は20年以上を費やして、君主の軍隊を狩り、削り落としました。

彼の包囲から逃れることが不可能であるならば、竜王は正⾯から立ち向かいます。

[戦いの準備を!!]

たった一つの命令で、彼らは即座に戦う準備が出来ました。

エンシェントドラゴン、ドラゴン、スカイドラゴンは頭を⾼く上げて吠えた。

【来るぞ!!】

竜王の頭は、巨大な力の動く方向に向きました。

無限とも思える混沌世界の軍勢が敗北した理由、それは。

(・・・卓越した機動力)

自由に召喚できる影の軍隊の機動性に、近づくことすら出来ません。

暗闇からゆっくりと現れる影の君主。

それと同時に何百万もの兵士が、彼の後ろに並びました。

竜王は僅かな嫌悪感から、一瞬怯みます。

しかし。

【クハハハハ!!】

竜王はこの信じられないほどの軍隊と対⾯した後、⼤笑いしました。

[すごい。本当にすごいぞ、ああ・・・、影の君主よ]

圧倒的な戦力差があったにも関わらず。

[あなただけで軍全体を完全に揺さぶることが出来るとは想像もしていませんでした]

漆⿊の鎧を⾝に着けている旬は、竜王を無⾔で⾒つめていました。

以前には見受けられていた未熟さはなく、彼はかつて無いほどの強いオーラを放っていました。

強大な敵を前に、竜王の体は武者振るいが止まらず、今すぐに旬をバラバラにしたいと思いました。

凶暴なドラゴンの性質が、竜王の中で狂ったように暴れ回ります。

この出会いが幸か不幸か分かりませんが、それでもこの瞬間を楽しみたい。



  • アンタレス

[⼀つ聞きたいのですが]

けれどその前に、竜王はどうしても聞かなければいけない事がありました。

[なぜ⽀配者たちは「再⽣の聖杯」を使⽤したのですか?なぜ彼らはすべての死んだ君主と彼らの兵⼠を復活させたのですか?]

あの⽇、彼の命は⽀配者の⼿によって終わったことは間違いありませんでした。

体に突き刺さった槍の痛みは、今でもその記憶に鮮やかに刻まれています。

それは君主にとって完璧な敗北であり、⾔い訳をする余地は少しもありません。

しかし、支配者たちは「再⽣の聖杯」を通して時間を逆転させることによって、何らかの理由で全ての君主を復活させました。

それ以来、⽀配者の意図を何度も解読しようと試みましたが、理由を推測することすら出来ません。

だから、当時⼀緒にいた影の君主に尋ねました。

[・・・から]

完全に予想外の答えは、竜王を驚かせました。

[何だと・・・?]

[もう⼀度⾃分の⼿でお前を殺したかったので、「再生の聖杯」を使うように頼みました]

竜王は何とか、目の前の狂人に罵倒することを抑えました。

⽀配者が「再生の聖杯」を使⽤し、影の君主が暴れ回った理由。

2つの問題は関連していました。

[はは・・・。あはははは!!]

その馬鹿げた考えに、彼は笑うことしか出来ません。

むさぼり⾷うか、むさぼり⾷われるか。

竜王は初めて、敵の名前に興味を持ちました。

[私の名前はアンタレスです]

その名前は神によって与えられましたが、今まで誰にも明らかにされませんでした。

[それが私の名前です。よく覚えておいてください]

真⾯⽬な表情で、アンタレスは質問をしました。

[お名前は何ですか?]

[水篠 旬]

そして、これ以上の質疑応答はないという声を上げた。

[他に⾔いたいことはありますか?]

真っ暗なオーラが不吉に震えます。

その光景を見て、アンタレスの表情は自然と笑顔になりました。

[・・・いいえ]

彼は燃えるドラゴンに変⾝し、旬の前に立ちました。

旬も⿊い巨⼈に変⾝しました。

最後の戦いの直前に、2つの巨⼤な存在がお互いを睨みつけます。

しかし、その落ち着きはほんの⼀瞬しか続きませんでした。

【Kuwaaaaaahー!!!】

アンタレスはまるで次元を揺さぶるかのように⼤声で吠え、破壊の軍隊全体が突進した。

旬は前方を指差すだけですが、すぐに、1000万人近くの兵士が動きました。

⻑い戦争の終わりが来ました。

旬は、竜王との再会を待ち望んでいました。

燃えるドラゴンの⼝から破壊の光がゆっくりと爆発したように、真っ⿊なオーラに包まれた旬の拳が前に突き出た。

光と闇は次元の狭間の中でもう⼀度衝突しました。

27年間の戦いで、旬はどれくらい強くなったのでしょうか?

戦いが長引けば長引くほどに強くなる影の君主。

圧倒的な力を得てリベンジに向かいます!

そして遂に明かされた破壊の君主の名前。

本編では明かされていないはず?

アンタレスには負けたままですので、ここでのリベンジマッチは熱いですよね^_^

戦闘シーンが描かれるのでしょうか?

俺だけレベルアップな件【245話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は245話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【247話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は247話をまとめまし...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語...