俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【247話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は247話をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



247話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 死の神

一人の占い師の発言に、アメリカ合衆国は騒然となりました。

「今からそう⻑くはないが、死の神がこの地に降りてくるでしょう!」

普通なら誰も見向きもしないような発言でしょう。

けれど、今回の預言者はあの「セルナ夫人」です。

一体この女性は誰か?

約2年前に突然「予言者」として覚醒し、北朝鮮の指導者の死、ハイジャックテロリスト、株価の暴落を予言した人物です。

その彼女が世界の終わりを予言したのです。

世界が混乱するのは当然でした。

彼女は記者たちのインタビューを拒否し、一人の友人を介してメッセージを伝えました。

「死の神は、無数の兵⼠を伴って私たちの⼟地に降りてきます。死の⽀配から逃れることができないのと同じように、私たちも死の神から逃げることはできません」

そしてその翌⽇。

ソウルの空に突然巨⼤なブラックホールが開き、⾸都をほぼ完全に覆いました。

セルナ夫人の予⾔は、世界中のすべての新聞の⾒出しを⽀配した。

 



 

  • 故郷へと繋がるゲート

そんな中、ゲートの中には・・・。

旬は真下に集まる大勢の人の波を見て、驚きを隠せませんでした。

「どうしようか・・・」

全員が彼を歓迎するために集まっているのなら、それはとても素晴らしく感動的な光景になるでしょう。

けれど、そんな事はあり得ないと分かっているので、彼は苦笑いをするしかありません。

すぐに、このゲートは開きます。

外部から見ればこのポータルは恐怖かもしれませんが、旬にとっては故郷へと繋がる大切な出口です。

家に帰れるという気持ちが、彼の心の中を急速に満たしていきます。

ゲートに少し力を入れればひび割れが生まれます。

旬は何時でも帰ることが出来るでしょう。

少しの間、彼は今すぐ降下するべきかどうか考えたが、穏やかな笑顔で⾸を横に振った。

「・・・今は止めておきましょう」

彼らを必要以上に警戒させる必要はありません。

旬はこの瞬間を30年近く待っていたので、あと数日待つことは問題ではありません。

ふと気づけば、自分の手が大きいことに気づきました。

次元の狭間で27年を過ごした旬の肉体は、大人の体になっています。

けれど、地球上で旬は2年間行方不明になっているはず。

彼は自身の肉体を、中学3年生に合わせる必要がありました。

影の君主の力を完全に発揮出来る旬にとって、肉体を変化させる事は造作もありません。

やがて、旬の姿は中学⽣の姿にまで縮⼩した。

「これで大丈夫かな?」

旬の⼼と体の両⽅が、家族に会う準備が出来ました。

「あと2⽇・・・」

ゲートが開くまで待つことさえ、⻑い旅の終わりに近づいていた彼にとって楽しいものであることが分かりました。

ゲートが開くと、人々が叫び騒ぎ出します。

しかし、何か恐ろしいものが現れるという事は全く起こりませんでした。

「「・・・??」」

世界中の人々は、ゲートが徐々に消え去っていくのを眺めることしか出来ません。

その間に、旬は気配を消してゲートから飛び出し、群衆の中に混じりました。

家に帰ろうとする旬の目の前に、花束を持った男性が現れます。

男は明るく微笑んで、旬に話しかけました。

「お帰りなさいませ、水篠 旬様。それとも、影の君主とお呼びした方が良いでしょうか?」

旬の記憶に、目の前の男性はありません。

けれど敵意も感じないので、警戒レベルを下げます。

「どちらでも構いません」

花束を受け取り、微笑みます。

「少なくとも、歓迎してくれることに悪い気分はしませんから」

男は驚いたかのように話します。

「正直なところ・・・。あなたが任務を無事に終えて、帰ってくるとは想像もしていませんでした」

「あなたは花束を渡すためだけに来たのではないですよね?支配者は俺に何を望んでいるのですか?」

圧倒的なオーラを放ちながらも、旬はリラックスしていました。

ライオンが子羊を恐れることなど、あり得ませんから。

「最も輝かしい光」にも負けない影の君主の空気に直面し、男は丁寧に頭を下げます。

「支配者たちのメッセージがあります。少しお時間を頂きたいので、場所を移しませんか?」

「良いね」

男の横を通り過ぎて言います。

「立ち寄りたい場所を思い出しました」

 



 

  • 支配者の提案

「・・・」

男は無⾔で旬の前にあるアイスクリームのボウルを少し⾒つめ、頭を上げた。

「⽴ち寄りたい場所とは、アイスクリーム屋さんでしたか?」

旬の見た目は中学生だが、実際の年齢はもっと上です。

「遠くの「場所」に⻑くいると、何か⽢いものが欲しくなりますからね」

旬は笑いながらそう答えて、アイスクリームを食べ始めました。

男が何度も本題を話そうとしましたが、彼はそれを遮ります。

アイスクリームを食べ終えて、旬はようやく口を開きました。

「それで、⽀配者たちは何と⾔いましたか?」

「ええと・・・。まず第⼀に、彼らは⼼からの感謝の気持ちを表したいと思っていま・・・」

「形式的な挨拶は止めませんか?」

支配者たちは地球に用事はない筈。

わざわざ使者を送って来たという事は、何か差し迫った問題があるのでしょう。

「何か新しい問題が?」

「いいえ、まったくありません。むしろ、すべての問題が解決されたという事を伝えに来ました」

旬の目は更に険しくなりました。

男は緊張しながらも乾いた唾液を飲み込み、自分の義務を果たすために口を開きます。

「彼らは・・・。彼らはあなたの⼒が、この世界に影響を与えるかもしれない事について⼼配しています。ご存知かもしれませんが、あなたが持っている⼒は、この世界が対処できるものではありません」

「・・・それで?」

「マナがなければ、この世界は簡単に崩壊するかもしれません。よろしければ、あなたの⼒を引き継ぐことが出来る世界にあなたを移したいと思います」

「・・・」

「もちろん、可能な限りの要望は・・・」

バン!

旬はテーブルを軽く叩き、男の言葉を遮りました。

影の君主の重い声が、旬の⼝からゆっくりと吐き出された。

「俺がもう用済みだから、彼らは俺を追い払うことを望んでいると?俺が持っている⼒を恐れているからですか?」

笑顔を浮かべたままですが、彼の眼差しは以前よりも⽐類ないほど寒かった。

男は恐怖で⾶び跳ねそうになり、すぐに⼿を振り回します。

「い、いいえ!それは違います!!誓っても良いです!!」

男はとある新聞を旬に見せました。

表紙にはセルナ夫人の予言が書かれています。

[今からそう⻑くはないが、死の神がこの地に降りてくるでしょう!]

「死の神」という⾔葉に、旬は反応します。

「彼⼥は元々、過去に戻っても占い師ではありませんでした。しかし、私たちの世界と接触することで、彼⼥の⼈⽣は⼤きく変わりました」

「あなたが⾔いたいことは、俺の存在がこのような変化を引き起こす可能性があるということですか?」

「⽀配者たちの考えは、あなたが滞在できる適切な場所を提⽰することです。彼らの意図は、この世界で起こる異常な変化を防ぐことです」

「・・・」

目の前の男からの悪意を感じることが出来ません。

支配者たちは善意で、このような提案を持ちかけてきたのでしょう。

けれど・・・。

どうして帰還の初日にこんな話を聞かなければいけないのか。

今はこの問題について話したくはありません。

「また来てもらえますか?」

「・・・勿論です。偉大なる影の君主さま」

男は深くお辞儀をして、その場に名刺を残して去りました。

苦い笑顔がゆっくりと顔に広がります。

家に帰れることへの期待と興奮は永遠に崩壊しました。

旬の頭の中で多くの考えが渦巻いて、目眩がします。

「すべての⽣き物が明確な目標、彼らの⼈⽣の⽬的を持つのなら・・・」

目的を果たした巨大な力の行く先は。

「俺はこの世界に不要なのだろうか・・・?」

思考の行き着く先が見えた時、目の前を走り去っていく知り合いの顔を見ます。

無我夢中で店を出ます。

これからも、この世界に留まって良いかどうかを迫られる事があるでしょう。

けれど・・・。

「俺が留まる理由がある限り、それがたった1つであっても・・・」

陸上競技のユニフォームを着た10代の少⼥は、後ろを振り返りました。

(何だろう?ここのアイスクリーム屋から凄く良い匂いが・・・)

少女は頭を少し傾けますが、ジョギングを続けることにしました。

彼⼥に再び出会い、旬の顔に笑顔が浮かびます。

「この世界には、まだ俺が愛する⼈々がいる」

それは地球に留まるのに⼗分な理由です。

旬は微笑んで、他の理由を⾒つけれるように考えました。

 



 

セルナ夫人が占い師として登場します。

死の神という表現は正しいですよね。

無事に世界を救った旬に、更なる試練が訪れます・・・。

具体的な影響はまだ分かりませんが、故郷を離れたくないですよね泣。

ところで、旬は寿命があるのでしょうか?

最後に登場した少女。

彼女との出会いも楽しみですね。

次回はイグリット目線の物語です^_^

俺だけレベルアップな件【246話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は246話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【248話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は248話をま...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...