俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【248話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は248話をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 




 

248話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • イグリットの思い出

私が初めて「彼」に会ったのは、不思議な⼒によって作られた不規則な空間の中だった。

私の使命は、この場所に⼊ろうとしている⼈間をテストすること。

私の王は、その⼈間が彼の器に適しているかどうかを知りたいと⾔っていました。

けれど、私は真実を知っていた。

この命令が私に与えられる最後の命令かもしれないことを。

私の王は⽀配者を許した後、戦争への興味を失っていた。

ある時点から、彼がこの⽬⽴たない⼈間に注目していた事は知っている。

しかし、王の命令は絶対だ。

私は彼の動機を疑ったり、彼の考えを変えたりすることを考えていない。

私に出来ることは、王の命令に従うこと。

それが私の全て。

私の⼒のほとんどが封印された後、私はその⼈間のテストが⾏われる場所に⼀⼈で⽴つように言われた。

「この世界の⼈間は、この空間をダンジョンと呼んでいるのですね」

王の城に似せたこの架空のダンジョン奥深くに、⼤きな⽟座が⾒える。

⼈間だった頃の⾊褪せた記憶をくまなく思い出す。

設計者はかなり忠実にこのダンジョンを作成したようです。

その時でした。

この場所に近づいてくる⼈の存在を感じます。

「もうここに来るのか・・・?」

私はこの予想以上に速い被験者の到着に慌てて、王の座に座りました。

しかし・・・。

「・・・」

この場所に座っていることは、無礼と見なされるのでは無いだろうか?

「・・・」

結局、私は無礼な光景を⾒せないようにと判断し、急いで王位を降りて最も近い柱の後ろに隠れました。

そのタイミングで巨⼤な⼊り⼝が開き、周囲が暗すぎたため、その⼈間は私がそのように壮⼤なパニックに陥っているのを発⾒できなかった。

ホッとします。

私の過ちでこの試練を終了させてしまう所でした。

私は安堵のため息を吐き、⼈間が私から約10歩離れたとき、ゆっくりと柱の後ろから出て彼の道を塞いだ。

「・・・!」

静かな空気の中、私は彼の緊張を感じた。

彼は若い男だった。

明らかに、私の視線は彼を好意的に見ていないでしょう。

(それでも・・・、彼は私の王が選んだ人間です・・・)

王が選んだ人間だとしても、私は手を抜く気はありません。

彼が資格を持っていないと確信したら、私は⾃分の⼿で彼を殺す。

目の前の⻘年は突然拳をしっかりと握りしめ、構えをとりました。

「・・・?」

待って・・・、彼は私を拳で倒そうとしているのだろうか?

その勇気に、私が賞賛出来る行為。

平等な条件で彼と戦うために、私はマントを脱いで武器を⼀つずつ取り除いた。

「・・・!!」

なぜ彼は私がしたことに、とても驚いたのでしょうか?

まさか彼は私が武器を身に付けていたとしても勝てる自信があるとでも?

・・・結果はかなり早く出ました。

「ゴホッ!!」

私が全⼒を発揮することを禁じられていたにも関わらず、彼はすでに私の前に跪いていた。

がっかりです。

しかし、がっかりしたのと同じように、同じくらいの安堵感もありました。

なぜなら、私の王の⼒を受け継ぐはずの人間が資格を持たないことが判明した場合、それは私の王が存在するという意味だから。

そして、彼が単なる⼈間であるにも関わらず、彼が私に⽰した勇気に値する適切な終わりを与えることに決めました。

私は⾃分の王から簡単に与えられた「支配者の力」を使い、捨てられた剣を手元に戻した。

彼の頭を一瞬で切り落とし、最⼩限の痛みで彼を葬ります。

それがこの⼈間に⽰すことができる慈悲の最良の形であると思いました。

おそらく彼は私の⼼を読んだのだろう、私の前に自分の⾸を差し出した。

(あなたは正しい決断をした。あなたの勇気は・・・。あなたの喪失は嘆かわしいことですが、これ以外に王の⼼を変える⽅法はありません)

男が⽴派な死を選ぶために、私は斬⾸を⾏いました。

しかし、その瞬間。

私の剣は彼の⼿に塞がれ、代わりに彼の短剣が私の顔に深く刺されました。

びっくりしました。

彼が私の刃を防いだという事実ではなく、現在の状況下でさえ、最後まで彼の⼈⽣を決して諦めなかったという事実に。

彼の⽬に冷たく光る光を⾒て、それが王の⽬の中の光に⾮常に似ていることに気づきました。

「ああ・・・、ああ・・・だから私の王は・・・」

戦いたいという欲求を完全に失い、降りかかる攻撃に対応することが出来ませんでした。

彼が持っていた強さ、そして私が持っていた強さ。

これは彼が⼗分な資格を持っているかどうかを確認するためのテストだったので、私は彼よりも⾼いステータスを持っているはずです。

しかし、私は負けました。

視線が天井に向かって漂うにつれて、意識はぼやけた。

(王の選択が正しいことが判明したことを嬉しく思うのか、それとも彼の決定を変えることが出来なかったのが悲しいのだろうか・・・?)

決められないまま、意識を失います。

それは・・・、あの男が近づいて私に「起きろ」と叫ぶまでの間。

 



 

  • 彼との思い出

彼は本当に私を⼤事にしてくれました。

私が最初の兵⼠だから?

彼から感じる優しさに感謝する機会は多かった。

ある⽇、彼は私にこう⾔った。

「能力が上がれば話せますよね?」

彼の明るい笑顔を⾒たとき、感情でいっぱいになりそうな私の⼼の状態をどのように説明すれば良いのだろうか?

彼が私をどう思っているかは分かりませんでしたが、少なくとも私にとっては、彼は私の主⼈であり、私の友⼈であり、私の味⽅でした。

彼と私は⼀緒に多くの戦いを乗り越えました。

時には、混沌世界の住⼈に対して、時にはインスタントダンジョンのモンスターに対して、そして時には他のハンターに対して。

彼が幸せだったとき、私も幸せだったし、彼が苦労していたとき、私も苦労した。

そして彼が悲しかったとき、私も悲しみを感じました。

彼への忠誠⼼が深まるにつれ、前の主人への憧れがどんどん薄れていることを私は知っていました。

それにも関わらず、私は徐々に私の新しい王を受け⼊れるようになりました。

もちろん、それは必ずしも順調な道ではありません。

初めて耳を疑ったのは・・・。

「これを使え」

例えば、いくつかの制限の下で、遥かに強い⼥性ハンターと戦ったとき、稲妻を撃ち抜くことが出来る剣を渡された時です。

「あなたの⿊騎⼠は本当にあなたの最強の召喚獣なの?」

(・・・)

私はそのような侮辱を王から受けました。

そして、意外と異常な戦闘⼒を持った影の兵士と「ルームメイト」にもなりました。

Kiiiieeehhhk- !!

「・・・」

私が女性ハンターに敗れたことに、「ルームメイト」が笑っています。

彼は基本的には忠実ですが、性格はとても悪いです。

私の本当の力をあなたはまだ知らないのです。

ベリオンと再開した時も、そう感じました。

私に本来の力があれば・・・。

彼がベルを叩きのめした時、私はほんの少しスッキリしました。

ちょっとだけです。

残念ながら、昔の仲間と再会する喜びは⻑くは続かなかった。

なぜなら、ベリオンがベルの性格に影響されるようになるまで、それほど時間が経っていなかったからです!

[⾒て、イグリット。この⿊い旗を・・・この城の上に飾れば、私たちの王が幸せになると思いませんか?]

[・・・。正気ですか?]

[私はアリのように、ものを作るスキルを持っていませんが、王のためならば何でもする所存だ]

[い、いいえ。そういう意味では・・・]

[Kiieehk-hehehet、それは私たちの王の旗ですか?]

[・・・良いんじゃないか]

もちろん、私たちの王の反応については⾔及する必要はありませんでした。

次元の狭間からの召喚を⾟抱強く待っていた影の兵士たちを吸収した後、私たちの王の⼒はさらに⼤きくなりました。

・・・そして、私たちは、君主たちとの戦争を始めました。

決定的な勝利で君主との戦争を無事に終わらせました。

王が竜王と戦っていたとき、私たちは息を切らして、この信じられないほどの⽣死の戦いを影の内側から⾒ていました。

2⼈の君主の⾒事な対決はとても美しく、感情が激しく揺さぶられます。

[Kiiehhk?何ですか?イグリット、泣いてるの?]

[・・・黙れ]

その後、⽀配者の軍隊は空の出⼊り⼝を開き、戦争はここに終結しました。

援軍を⾒て、私たちは皆⼤喜びで叫びました。

残念ながら、私たちは⻑い間お祝いの歌を歌うことが出来ませんでした。

なぜなら・・・、私たちの王が言ったから。

彼は時間を逆転させ、この世界から君主と⽀配者の兆候を完全に消したいと⾔いました。

たぶん、私が同じ決定をすることを許されたなら、私は同じ道を選んだでしょう。

私は王の選択を尊重しました。

残念ながら、誰もがこの戦いに招待されたわけではありません。

時間が逆転すると私たちの何⼈かが姿を消すだろうと知ったとき、その状態に陥った兵⼠たちは皆倒れ、悲しそうに泣き始めました。

私に出来ることは、⻑い間私たちと⼀緒にいたアイアン、最初から王に嫌われていて多くの苦難を経験したグリード、そして他の嘆き悲しむ兵⼠を慰めることだけでした。

別れの瞬間は終わりました。

 



 

  • イグリットの罰

私たちは過去に戻り、新しい戦場に足を踏み入れたのです。

⼤⼩を問わず、いくつかの危機に直⾯しました。

「破壊の軍隊」を除いて、私たちのすべての敵は敗北しました。

私たちの王が敵軍のリーダーと戦っている間、私たちはエンシェントドラゴンと対決しました。

グラノデという名前の彼らの一体は、私が容赦なくドラゴンの軍隊を削っている姿を見て叫んだ。

[イグリット!!! あなたはオズボーンの双翼の1つであるはずなのに、⼈間である君主の命令に従っているのか!?恥ずかしくないのですか??]

その最後の⾔葉を聞いた後、私は⻑い間、ぼんやりとした⽬で死にゆくグラノデを⾒つめていました。

私の新しい王と過ごした瞬間はとても素晴らしく、私は以前の王を完全に忘れていました。

これはいつからだったのでしょうか?

グラノデの呼吸はずっと前に⽌まり、激しい⼩競り合いが私の周りで起こり続けました。

しかし私はしばらくの間、この場所を離れることが出来なかった。

どこかから⼤きな叫び声が聞こえたので、すぐに⽬が覚めます。

「イグリット!!」

それは私の王の声でした。

私は急いで頭を上げて⾒た。

私の視線の⽅向に、眩いばかりの光が見える。

「破壊の息吹!!」

竜王は私を狙った訳ではなく、たまたま私がそこにいただけでした。

Khuwaaaahh- !!

⽬が眩むような光が私を飲み込もうとしているのを⾒て、私は何も出来ず、ただそこに立ち尽くしていました。

私は⾃分の運命に⾝を任せた。

多分これは・・・、前王の忠誠の誓いを完全に忘れた罰だったのでしょうか?

(もしそうなら、私は喜んでそれを受け⼊れます)

結局のところ、私は罪⼈だったのですね。

光の速さで私に近づく最後の瞬間を静かに待っている間・・・。

・・・その瞬間、誰かが私の前に⽴ち、⼿を伸ばして「破壊の息吹」を阻⽌した。

彼の左⼿は竜王の恐ろしい攻撃から燃え尽きていましたが、彼は引き離す兆候を⾒せません。

私のために宇宙の全てを焼き尽くすことができる炎から彼が守っているのを⾒ました。

私は必死に叫んでいました。

[私の王!!!]

破壊の息吹が終わると、私の王は叱責の⽬で私を⾒ました。

「・・・!!」

⽬が覚めました。

私を取り巻こうとしているドラゴンを切り倒すために剣を上げる。

(その通りだ)

「私は騎⼠です」

私は王の忠実な剣。

私は影の軍団を率いた双翼の1⼈でした。

[Uwaaaahhhh-!!!]

私はひどく咆哮し、私に向かってダッシュしているドラゴンに襲い掛かった。

 

 



 

  • 新たな戦場

⻑い戦争は無事に終わり、私たちは皆、王の故郷に戻りました。

私の王は夜遅くまで勉強していました。

彼の影の中に隠れて彼のビジョンを共有し、私はアドバイスを提供しました。

[私の王よ、14番⽬の質問に対する答えは最初の質問ではなく、2番⽬の選択肢でした]

「ああ、本当に?ありがとう」

最低限必要な通学⽇数を満たせなかったおかげで、私の王は「中学校」と呼ばれる機関から不当に追放され、今は新しい戦場に⾜を踏み⼊れていました。

王は全ての模擬試験でほぼ完璧なスコアを維持しましたが、それでも時々不注意の隙間をすり抜けるいくつかの問題がありました。

そんな彼を助ける事が出来るのは、私以外に誰がいると言うのでしょうか?

巨⼤な体格だけを持っていて、他には何も出来ない大元帥ベリオン?

それとも、かなり賢いと主張したが、最終的にはお粗末な昆⾍のベル元帥?

私は⼈間だった頃に騎⼠養成学校を最⾼の成績で卒業していたので、私たちの王をサポートすることになりました。

「ちなみに、ここでは、14番⽬の質問に対する答えは・・・最初の質問ですか?イグリット、あなたは本当にあなたの⼈⽣を2番⽬の主に賭けることが出来ますか?」

私の王は解答⽤紙を開き、私を気にかけて下さった。

私は王の騎⼠です。

私は王の剣。

私の王の戦場は私の戦場です。

彼が新しい戦争に⾜を踏み⼊れた今、私の輝かしい⽇々はもう少し⻑く続くようでした。

 



 

今回はイグリット目線のお話です。

これを読んでから、過去の話を読み返すと印象が変わりますよね。

特に向坂ハンターとの試合の感想は面白かったです笑

旬の手が火傷を追っているのは、イグリットを庇ったせいでした・・・。

けれど彼が無事で良かったです。

現代編で一番有能なのはイグリットなのですね^_^

俺だけレベルアップな件【247話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は247話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【249話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は249話をま...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...