俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【251話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は251話をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 




 

251話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 部活

キーンコーンカンーンコーン。

学校の終わりの鐘の⾳が鳴り、生徒達は帰り支度を始めた。

ヨンギルは躊躇いながら、旬に近づいた。

「・・・?」

「えっと・・・、一緒に帰りませんか?」

「ごめん、ちょっと寄る場所があって」

「そうですか・・・」

がっかりしているヨンギルを見て、旬はニヤリと笑った。

「一緒に行かない?」

「何処に?」

「陸上部」

旬が⾃宅から遠く離れたこの学校を選んだ理由は、たまたま陸上競技部があったのがこの学校だけだったから。

「水篠君は走ることが得意なの?」

ヨンギルの記憶では、彼が運動神経抜群のイメージはなかった。

「⾼校の陸上部は才能のある学⽣だけが入れるのかい?」

そう言って、旬は陸上競技場を横切り、競技場の⽚隅でストレッチしている選⼿たちに近づいた。

「何だ・・・?」

彼らの注意は2人組に移りました。

大きな体格を持つ先輩は⼀歩前進し、2人組に「挨拶」した。

「何か用かい?」

旬はチームメンバーの雰囲気を簡単に観察し、笑顔で答えた。

「私は陸上部に参加したいです」

体格の⼤きい先輩、チェ・テウン部長は、旬とやや不健康な顔⾊の背の低い⼦供を交互に観察します。

「部活に参加したいと?」

「はい」

「⼆⼈とも?」

旬が後ろを振り返ると、ヨンギルは慌てて⾸を横に振った。

「・・・いいえ、僕だけです」

先輩たちは興味を持ち、旬の周りに集まった。

チェ・テウンは頭を掻きながら、旬を上から下に観察してから別の質問をした。

「あなたは経験者ですか?」

「いいえ、違います」

「じゃあ、あなたは中学校でトラックを⾛った経験がある?」

旬は君主を殺すために次元の狭間を駆け抜けた経験はあるが、それは違うので首を振るしかなかった。

「いいえ、未経験です」

陸上部の先輩たちは、その答えが出るまで、目の前の新参者を歓迎する準備ができ
ていました。

しかし、彼らの顔⾊は劇的に硬化した。

陸上競技すらしていなかった新⼊⽣が、学⽣アスリートだけで構成されたスポーツクラブに⼊学したいだって?

この⼦は⾼校の陸上競技を軽視しすぎていませんか?

先輩の⼀⼈が、突然横から会話に⾶び込んだ。

「これまでトラックを⾛ったことがないのに、なぜチームに参加したいのですか?」

旬の答えはシンプルだった。

「大会で会いたい⼈がいるんです」

彼⼥はまだ中学⽣ですが、間違いなく地域⼤会に参加するのに⼗分な才能を持っていました。

中学と⾼校の両⽅の参加者が参加する大会だったとしたら、旬はそこで⾃然と彼⼥に出会うことが出来るでしょう。

「大会に・・・??」

⽯のように固まったチョン・グシク。

彼が怒鳴ろうとする前に、キャプテンのチェ・テウンはニヤリと笑って許可を
与えた。

「いいよ」

チョン・グシクは、状況を理解出来なかった。

「え!?」

「しかし、条件があります」

チェ・テウンは「静かに」という表情を浮かべてチョン・グシクを黙らせて、眼鏡をかけている学⽣がストレッチしている場所を指さした。

「彼が⾒えますか?」

旬は⼈差し指を追いかけ、うなずいた。

「はい」

「彼は私たちのチームで一番遅いランナーで、補欠です。私たちのチームに参加する権利を獲得するには、少なくとも彼よりも速い必要があります」

それは⼤胆な嘘。

説明を聞く前から、旬はその2年⽣の能⼒をすでに分析していた。

彼はチェ・テウンと比べても、遜色ない能力を持っている。

旬は笑いそうになるのを必死に抑えます。

「分かりました、よろしくお願いします」

(馬鹿だコイツ!)

チェ・テウンは内心でそう思う。

チョン・グシクだけでなく、部のみんなが「やったー!」と心の中で叫んだ。

「ただし、⾛るだけでは⾯⽩くないので・・・。どうかな?勝った場合はチームに参加できますが、負けた場合はチームの洗濯と掃除を1か⽉間無料で⾏うのは?」

「いいですね」

「み、水篠くん・・・」

ヨンギルは彼を⽌めようとしたが、旬は「⼤丈夫」と笑顔を⾒せた。

「サーンイン!こっちに来い!」

チームのエースであるウー・サーンインはストレッチを終えて、こっちに来た。

「新⼊⽣、準備はいいですか?」

「はい」

「サーンイン、あなたはどうですか?」

「準備できました」

前者は、素早く⽅向を変えていつでも戦闘体勢に入れる姿勢を。

後者は、トラック競技専⽤の姿勢をとっていました。

「よーい」

間もなく、チェ・テウンが始まりを告げる合図を鳴らします。

「どん!」

 



 

  • 勘違い

「先⽣?気分はいかがですか?」

「ええ・・。何とか・・・」

パク・ギソールの表情は、彼の現在の気分を簡単に物語っていた。

間違いなく、彼の奇妙な幻覚は、今⽇早くに適切な朝⾷を⾷べなかったからに違いない。

そう考えることにした。

タバコを吸いながら、無意識のうちに視線を陸上競技場に移すと・・・。

「なんてこった!?あの⼦供が他のスポーツクラブのメンバーと⼀緒にトラックを⾛っているのはなぜ??」

すると、陸上部の監督が喫煙室に⼊ってきた。

「せ、先生・・・。なぜ水篠旬という⽣徒が陸上部の生徒たちと⼀緒に⾛っているのですか?」

「ああ・・・。彼の名前は水篠旬という名前なのですね」

監督はパク・ギソールの肩越しに窓の外を⾒て、まだ信じられないかのように苦笑いを浮かべた。

「新⼊⽣が現れて、チームに参加したいと⾔ったようです。生徒たちは彼をテストしましたが、ご覧のように、彼は才能がありました。どうやら、彼らが今していることは彼のスタミナをテストすることです」

「ス、スタミナですか??」

「はい。もう20周⽬です」

運動部。

溢れんばかりの若者の熱⾎には、スポーツほど良い選択肢はありませんでした。

パク・ギソールの⼼の中でいくつかの考えが交差した。

トラブルメーカーだと事前に判断していた水篠生徒は、運動部に参加して⾃分を鍛えるために最善を尽くしていると。

「私が彼について間違った考えを持っていたということか・・・」

彼は静かに笑い、隠れることをやめ、⽴ち上がった。

汗をかきながら、明るく暖かい春の⽇差しを浴びながら、トラックを熱⼼に⾛り回っている少年を見ます。

何の警告もなく、パク・ギソールの視野全体が⿊く染まり、影の軍隊が延々と伸びる壮観な光景が彼の⽬に映った。

「こ、これは幻覚です。これは本物ではありません!!」

その時でした。

⿊い鎧を⾝にまとった兵⼠の最前列に⽴っているあるアリの怪物が、彼をまっすぐ⾒つめ、その⼝を⼤きく開いた。

[カっ!!]

「う、うわぁぁあ!?」

結局、彼は意識を失いました。

[・・・]

旬の影の空間の中で、イグリットはベルの⾏動を⾒て、肘を使って元アリの王を脇に置いた。

[やめるように言われましたよね?]

[Kiieehh・・・。あの⼈間は本当に私たちを⾒ることが出来るのですね?]

ベルは頭の側⾯を軽く引っ掻いた。

 



 

  • 居酒屋での出来事

夜遅く。

犬飼刑事とチームの最年少の刑事は、居酒屋に⽴ち寄る。

「すみません、先輩・・・?」

「どうした?」

「先輩は今まで⾏⽅不明の囚⼈事件を調査してきましたよね?」

「どうした急に?」

「あの⽇・・・、先輩は何かを見たんじゃないですか?」

「もしそうだとしたら?」

「本当ですか?」

後輩は⼗分に酔っているように⾒えたが、突然⽬がキラキラと輝き始めた。

「アリ・・・。アリの怪物です」

後輩の喉を滑り落ちる唾液の⾳が、犬飼が座っていた場所から聞こえた。

「当時何を⾒たのかはっきりとは分からない。いずれにせよ、それらはアリのように⾒えた」

その時でした。

とある男が、ふらふらとよろめき、彼らに話しかけた。

「そ、それらのアリの怪物。彼らは蟻の頭を持った怪物ですが、⼈間のように⾒える体ですか??」

⼆⼈の刑事の頭は、声の持ち主に向かった。

 



 

陸上部に参加するのは、彼女と出会うためですよね^_^

旬が本気を出せば、100メートル走は、0.1秒くらいでしょうか?

先生は気の毒ですが、ノイローゼにならない事を祈っています笑

犬飼が最後に出会った人は?

そろそろ、旬の元に辿り着きそうですね♪

俺だけレベルアップな件【250話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は250話をま...
俺だけレベルアップな件【252話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は252話をま...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...