俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【252話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は252話をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 




 

252話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 全国制覇!

⾬が降った後、地⾯が固まると聞いたことがある。

「1、2!1、2!」

夜明け前の霧が学校の陸上競技場を濃く覆っていたので、陸上部の全ての声を精⼒的に出していた。

「どうだ、水篠!まだまだいけるか?」

旬はチームのキャプテンであるチェ・テウンと⼀緒に⾛ることを許可された。

「はい、大丈夫です!」

「素晴らしい!1、2!1、2!」

チェ・テウンはスピードを少し上げて叫んだ。

「私たちの⽬標は、全国制覇です!」

チェ・テウンは、彼の後ろを⾛っているウー・サーンインをちらっと⾒る。

「なぁサーンイン、まだ落ち込んでいるのか?」

「落ち込んでいません!」

「諦めるな、2年生のエース!チームのエースは変わったが、お前がいなければ全国制覇は出来ない!」

「俺は・・・頑張ります、キャプテン!」

「よく言った! 全国制覇!!」

「全国制覇!!」

「全国制覇!!」

チームメンバーが運動場を駆け巡り、闘志の⾼まりで賑わう中、出席した全てのランナーの中でヨンギルの顔⾊だけが⻘くなっていた。

かわいそうな少年は旬の後に続いてしまい、うっかりチームに⼊ってしまう。

彼はやや弱い体質を改善したかったので、陸上部に入部したのですが・・・。

彼が倒れるのは時間の問題でしょう。

仕方がないので、旬はヨンギルにバフをかけてあげた。

「・・・あれ??」

マナの効果は、スタミナの即時回復だけでなく、筋⾁の持久⼒、反応速度、柔軟性、スタミナの回復率などの⼀時的な向上。

「な、何だろう?足が動く!!」

その後、ヨンギルのソロスプリントが本格的に始まりました。

チェ・テウンは、誰よりも張り切っているヨンギルに感動する。

彼は興奮して⼤声で叫んだ。

「あのように燃え上がる初⼼者の闘志を⾒ろ!このような状況で、先輩がぬるま湯に入っていて良いと思うのか?」

「いいえ、決して!」

「彼を追いかけます!ダッシュだ〜!!」

陸上部の熱い闘志がコースを埋め尽くす。

 



 

  • 告白

「毒蛇」教師のパク・ギソールは、朝のトレーニングを熱⼼に⾏っている陸上部を観察していた。

当初の悩みとは裏腹に、水篠旬は何の問題もなく陸上部での⽣活に慣れてきたようです。

自分は気絶して倒れただけなのに、校長にも感謝されて少し気まずかった。

「どうして私はあの夜あんな事を・・・」

あの夜の出来事を思い出しただけで、彼は髪の⽑をすべて引き裂かれるように感
じました。

数⽇前、ある⾷堂で。

「そ、そのアリの怪物は、彼らは蟻の頭を持った怪物ですが、⼈間のように⾒える体ですか??」

突然会話に参加したにも関わらず、二人の男性は興味を示した。

「ああ・・・。⼀体何を⾔っているのだ私は・・・ごめんなさい。私は相当酔っているに違いないようです。⼆⼈とも、私を気にせずお話を続けてください」

パク・ギソールは丁寧に頭を下げて振り返り、⾃分の場所に戻ろうとするが、犬飼が声をかけ、彼の⾜を⽌めた。

「すみません」

彼はアルコールで⾚くなった顔を後ろに向けると、犬飼が椅⼦を⾃分のテーブルに近づけるために席から起き上がったのを⾒た。

「そのアリモンスターの話・・・。それについてもっと教えてもらえますか?」

パク・ギソールは精神的に参っていた。

こんな話を同僚に話せば、精神病棟に連れていかれる、又は、生徒を化け物扱いしたことで教職を辞めさせられる恐れがあったから。

だから彼はこの悩みを伝えることが出来ると感じ、思わず涙が溢れた。

言いたい事を全て話した後、沈黙が生まれる。

自分の⾔ったことは冗談のように聞こえたが、2⼈の刑事は、真剣な表情で彼の話を聞いていた。

「ところで・・・。なぜあなた方はモンスターについて話していたのですか?」

犬飼は状況を説明する前に、後輩の刑事と視線を交わした。

もちろん、彼が実際に本物のモンスターを⽬撃したことについては少しも触れていません。

「私たちにこの問題を調査するように命じられました、しかし、一つ⼿がかりを⾒つけることさえ出来ていません。そんな時にあなたの話を聞いたのです。今の私たちは藁にも縋る思いなのです」

犬飼は名刺を取り出してパク・ギソールに渡した。

「いずれ学校に⽴ち寄りたいのですが、⼤丈夫ですか?」

「ええ、もちろんです。警察の捜査を⼿伝わなければなりません。いつでもお待ちしております」

そのようにしてかなり友好的な終わりを迎えましたが、今では・・・。

しばらく考えた後、パク・ギソールは不必要に事態を悪化させたのではないかと思わずにはいられなかった。

彼は首を横に振り、その場を立ち去った。

「・・・」

最近、あの先⽣は自分を見ていることに旬は気づいていた。。

影の暗闇の中から、ベリオン⼤元帥の静かな声が彼の⽿に⼊った。

[私の君主・・・。あの⼈間の記憶を消して能⼒を奪ったほうがいいのではないでしょうか?]

「今は・・・。もう少し彼を観察しましょう」

[わかりました、私の君主]

旬は、パク・ギソール先⽣が姿を消した⼊り⼝を無⾔で⾒つめた後、振り返って⽴ち去った。

 



 

  • 犬飼の決心

犬飼は学校の⾨の前で何度か躊躇していることに気づいた。

彼がとある教師から情報を得てから、一週間が経ちました。

「怪物に遭遇した容疑者、そして⼀⼈の教師にしか⾒ることが出来ない⽣徒の怪物・・・」

犬飼は、これら2つの異なる事件の間に漠然とした繋がりがあることを発⾒した。

これは刑事の本能によるもので、論理では説明出来ません。

しかし、問題がありました。

確かに繋がりがあった場合、彼は問題の学⽣に何を⾔うべきでしょうか?

これらの影の怪物について何か知っていますか?

⼈のように⽴ち上がって歩き回るアリはどうですか?

どんなに頭の中で練習しても、質問が成功するイメージが想像できませんでした。

⻑いジレンマの終わりに、犬飼は振り返って⽴ち去ろうとした。

何気なく視線を地面に下げると。

ほんの一瞬。

犬飼は影の塊が⽊の陰から学校の壁に向かって移動していることに気づきました。

鳥肌が全⾝に発⽣し、急いで頭を回転させて学校に戻した。

「あります・・・。ここには間違いなく何かがあります!!」

犬飼の決意は固まった。

⼈々が彼を指さして、彼を狂気と呼んでも、彼はもはや気にしませんでした。

時々彼を悩ませ続けたこの喪失感の理由を⾒つけることが出来る限り、彼はどんな代償も払うことを躊躇しませんでした。

固い表情で、犬飼は目の前の⾼校の敷地に向かって歩き始めた。

 



 

  • 運命の出会い

同時に。

旬は異変に気づいていた。

予想通り、ハンター協会の前会⻑である犬飼会長。

彼はもはや前世の記憶を持っていないはず。

旬は⽬を閉じて、犬飼を思い出した。

彼が⼀⼈で君主との戦争の計画を明らかにした時、涙を流してくれた犬飼会長。

この「訪問」は、普通の⼈のふりをするという彼の現在のライフスタイルを維持するためにおいてかなり厄介であることが分かるが、旬は思わず笑顔を浮かべた。

すぐに、教室のドアをノックする⾳が鳴り響き、地理の先⽣の驚いた声が続く。

「け、刑事さんが?」

「大した話ではありません。水篠旬という⽣徒に質問があるだけですので」

刑事が現れたという発表に、⼦供たちは驚きの声を吐き出し、彼らの視線は旬に移った。

来ていたものが来ました。

犬飼は教室に⼊り、彼の視線はある⽣徒の視線に出会った。

先⽣は特に少年を指摘しなかったが、ベテラン刑事はあの学⽣が水篠旬であることを⼀⽬⾒ただけで理解した。

ドクン、ドクン、ドクン・・・。

犬飼の⼼臓は、まるで爆発したいかのようにドキドキし始めた。

 



 

旬なら世界制覇も余裕ですよね笑

ついに真相に辿り着いた犬飼。

旬との会話で、彼は何を感じるのでしょうか?

俺だけレベルアップな件【251話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は251話をま...
俺だけレベルアップな件【253話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は253話をま...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...