俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【253話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は253話をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 




 

253話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 事情聴取

犬飼は旬を学校の廊下の端に導く。

誰にも聞かれない場所まで歩き、犬飼は歩くのを止めた。

「授業の途中であなたを呼び出して申し訳ありません」

「⼤丈夫です」

旬は何も⾔うのではなく、犬飼を⾒上げる。

まるで友⼈の顔を⾒た後のように、彼は笑顔を浮かべた。

最後に協会会⻑の犬飼に会ってから、次元の狭間を過ごした時間を追加した場合、それは何年も、いや、実際には数⼗年ぶりでした。

「・・・?」

しかし、犬飼は学⽣の笑顔を見た後、すぐに混乱した。

警察が突然訪れた後も、慌てずにいる人はほんの⼀握り。

しかし、⽬の前の子供は微笑んでいる。

(この男の⼦・・・。彼は何かが違う)

多くの⼈々を殺した殺⼈者、又は、裏⽀配したギャングに遭遇した事も。

しかし、この少年のように穏やかな⽬を見たことは⼀度もありませんでした。

頭の中で渦巻く多くの質問を解消するために、犬飼はメモ帳を引き出す。

「もしかして、影の・・・いや、待って。アリ・・・」

彼はメモ帳の内容を⾒ていましたが、まとまりのある⽂章を作ることが出来なかった。

代わりにポケットからペンを抜く。

旬が興味深い視線で⾒守っている間、犬飼は一枚の絵を描いて、提示しました。

「・・・」

旬は警察の努⼒を内⾯で称賛する。

犬飼が今スケッチしたのは、ベルの全体像だから。

正確な説明とは⾔えませんが、それでもアリの頭、⼈間のような⼿⾜、鋭い⽖、背中の⽻などがそっくり。

ベルを知っている⼈なら誰でも、この絵からすぐに彼を認識するでしょう。

犬飼が恥ずかしそうな表情で質問をする。

「・・・・これが何か知っていますか?」

「はい」

ドクン。

犬飼の⼼臓が⼒強く揺れる。

「あ、あなたはこれが何であるか知っているのですか!?」

旬の表情は落ち着いていて、犬飼の表情とは完全に対照的でした。

「はい」

ついに・・・。

ついに発見しました。

呼吸が早くなるのを抑えれない。

「このアリの怪物は何ですか?そして、あなたの本当の正体は何ですか?」

旬は興奮する犬飼から逃げるように、一歩後退します。

犬飼は間違いを犯したことに気づき、すぐに落ち着きを取り戻した。

「すみません、驚かしてしまって・・・。私はこの事件を追いかけているのです」

彼は手がかりを見つけるために、これまで様々な困難にぶつかりました。

だから、急ぐ必要もありません。

脈打つ心臓を何とか抑えて、穏やかな声で尋ねる。

「それで、あなたはこの画像の⽣き物について何か知っていますか?」

「はい」

簡単に答えた。

「⼦供たちが⾒る特撮ドラマの怪物ではないのですか?仮面ライダー?でしたっけ?」

「ああ・・・」

⼩さいけれど悲痛なため息が犬飼の⼝から漏れた。

期待が⼤きかったので、その後の失望も同様に⼤きかった。

思わずメモ帳も下に落ちる。

犬飼は無理矢理に笑顔を浮かべた。

「ご協⼒ありがとうございます」

「それだけですか?」

「はい。先⽣と話をしたので、戻っても問題ないはずです」

犬飼がメモ帳をポケットに入れようとすると・

「あの怪物のイメージ、お⼟産に頂けますか?」

犬飼は明るい表情で、メモ帳のページを引き裂いて渡した。

「どうぞ」

「ありがとうございます」

犬飼は別れを告げて、階段を降りていく。

「・・・」

その場に留まり、階段に響き渡る刑事の⾜⾳に⽿を傾ける。

影から静かにイグリットが現れた。

[私の王]

「何だ?」

[なぜ・・・あの⼈に真実を⾔わなかったのですか?]

イグリットは⼈間だった頃から記憶を残しており、⼤切な⼈の⼼から⼈を忘れることがどれほど悲しくて難しいかを誰よりもよく知っていた。

今回の出会いは、真実を告げる絶好の機会だと彼は考えていたのです。

たった⼀⼈の個⼈であったとしても、君主がこの世界をどのように救ったかを誰かに知らせるのは良いことではないでしょうか?

イグリットの表情がそう物語っていた。

それでも、旬は⾸を横に振る。

「忘れることが出来るということは、⼈間への神からの贈り物です」

神だけが、記憶を思い出させる事が出来る。

だから、旬は前協会会⻑の犬飼に何も告げない事を決めました。

[それでよろしいのですか、私の王?]

「うん」

左⼿を⾒下ろす。

そこには、竜王の強⼒な攻撃の証が。

「破壊の息吹」を正⾯から防御することで得られたこの左⼿の⽕傷跡は、何をしようとしても治癒することが出来ませんでした。

忘れることが出来ない不快な記憶。

辛い思い出を故意に取り戻す必要が本当にあるのでしょうか︖

今のところ、この惑星に住む⼈々の記憶には、モンスターや君主の⼿にかかった痛みや惨めさの痕跡を残していません。

だからこそ、犬飼会⻑の⼼に過去の記憶を残したくなかった。

[分かりました、私の王]

イグリットは、説明を受け⼊れたかのように、静かに影に沈む。

旬はその場に⽴ったまま階段の下を⾒下ろし、振り返って教室に戻った。

 



 

  • クラスの人気者

休み時間に入ると、⼦供たちの興味は旬に集中する。

警察が突然教室に押し⼊るという、テレビドラマのような状況。

その物語の主⼈公に集中することは明らかでした。

以前から旬に興味を抱いていた女の子たちも集まってきます。

旬は犬飼の事を知り合いの刑事だと伝えました。

「少し学校に用事があったついでに会いに来たんだ」

「あなたは警察に知り合いがいるのですか?」

「羨ましいです!」

これまで旬に感じていた、見えない壁が払拭されたように子供たちは感じた。

⼥の⼦たちはこの機会に、知りたかった事を尋ねます。

「他の男の⼦から、あなたはお腹が割れてるって聞きましたが?」

「本当に?あなたはアスリートですか?」

「あ!⼀昨⽇、学校の陸上部の先輩たちと⼀緒に水篠君が⾛っているのを⾒
たわ」

「わあ、彼の肩の広さを⾒てください」

少女たちが旬を取り囲みます。

その時、不良たちが面白くないと感じて、旬に絡みます。

旬が無関心な目で、愚かな子供たちを見つめていると。

リーダーの少年が、怒って旬の机を蹴り飛ばし、教科書などが床に散らばります。

旬の影に隠れている1,000万⼈の強⼒な影の軍隊は、10代の愚か者からのショーを⽬撃した後、全員が怒り狂った。

少年がそのまま旬の首を掴もうとした瞬間。

巨⼤な腕が突然上から現れて、少年たちを包みました。

「あなたは私たちの陸上部のエースに何をしようとしているのですか?」

部長のチェ・テウンは4人を同時に抑え込んだ。

彼は今日の放課後に新入部員の歓迎パーティーをする事を伝えるために、旬の教室を訪れたのだ。

4人の少年に制裁を加えようとするチェ・テウンに、旬は運動場を走らせようと提案する。

その後まもなく、「全国制覇!」と⼤声で叫ぶ声が聞こえてきました。

 



 

  • 再会

キーンコーンカンーンコーン。

終わりの鐘が鳴り響き、旬は他の陸上部のメンバーと⼀緒に学校の⾨を出た。

ヨンギルは、トレーニング体制に慣れた後、汗をかくことの喜びを理解するようになりましたが、時々一時的なブーストを受けています。

ヨンギルが先輩たちの間を歩きながらアドバイスを聞いている間、旬は後ろからその光景を眺めていました。

それは間違いなく、平凡な日々の平和な光景。

その時。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「水篠ハンター」

時間そのものが止まったように感じる。

旬はその場で凍りつき、ゆっくりとその声の⽅向に頭を動かした。

犬飼刑事はこれまで旬をずっと待っていた。

声が少し震える。

「でも、どうやって・・・?」

旬の返事からようやく確認を得た犬飼刑事の⽬は涙を流し始めた。

「やっぱり、あなただったのですね・・・」

 



 

最初は思い出せなかった犬飼。

彼は何がきっかけで思い出すことが出来たのでしょうか?

このシーンは鳥肌が立ちました^_^

俺だけレベルアップな件【252話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は252話をま...
俺だけレベルアップな件【254話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は254話をま...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...