俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【257話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。

今回は257話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は149話。 ...

 

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は149話。 ...

 




 

257話 ネタバレ

俺だけレベルアップな件【256話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 今回は256話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 私が最強です

アンタレスが私の名前。

暗闇から⽣まれた「最初の君主」であり、「最強の君主」

すべてのドラゴンを⽀配する王であり、恐怖と破壊を意味する存在。

私を知っているすべての⼈は、尊敬と畏怖の証として「竜王」と呼んでいた。

しかし、奇妙なことが起こる。

ある⽇、私が「地球」と呼ばれる惑星に侵⼊する準備をしているときに、次元の狭間の中で1,000万⼈の強⼒な兵⼠と⼀緒に・・・。

⽬を開けると、人間の体に変化していたのです。

「・・・」

不可解なことに、私はこの⼈間のすべての記憶も保持しているようだ。

はぁ・・・、この男はとても哀れ。

この⼈間の名前は、韓国と呼ばれる国でE級ハンターを務める水篠・旬。

この⼈間は、死にかけている瞬間に頻繁に遭遇するにもかかわらず、ハンターであることを決してあきらめなかったようでした。

「理由は・・・。⺟親の病気?」

その病気も魔法で⼀瞬で治ると思い始めた途端、携帯電話が突然⼤きく振動し始めた。

すると、電話回線の向こう側から慌てている⼥性の声が聞こえてくる。

「水篠ハンター、どこにいるのですか?レイドの時間が近づいていますが・・・」

その声を記憶に合わせてみたところ、「ハンター協会社員」の結果に出くわす。

「また遅刻ですか?」

「・・・!!」

遅刻。

時間通りに到着する能⼒がなかったために、約束された期限に間に合わなかったという⾏動。

つまり、この⼥性は私が無能の象徴であるのかと尋ねているのですね?

「貴様は・・・、今どこにいる?」

「どう意味ですか?今はゲートの正面にいますが・・・。それよりも、なぜそんな口調で?」

少し集中して、この卑劣な⼥性が話している正確な場所を⾒つけた。

「⾒つけました」

「・・・え?」

⼈間の距離測定では、その場所は約11 km離れていましたが、それほど遠くないので、全⼒で⾛り、わずか数秒で到着した。

「これでも遅刻と言いますか?」

「み、水篠ハンター!?」

恐怖に表情を浮かべているので、力の一部を感じているのかもしれません。

彼⼥が逃げないように⼿を伸ばして肩をつかみ、もう⼀度尋ねる。

「教えてください。私は遅刻していますか?」

「い、いいえ」

「それなら良かった」

満⾜したので彼⼥を解放する。

周囲を⾒回して、ハンターのグループを⾒つけました。

「コーヒー・・・。私もコーヒーが飲みたいです」

振り返ると、彼⼥は⼼を込めて頭を下げた。

「ごめんなさい、たった今コーヒーがなくなって・・・」

「構いません」

「え?」

最も近い⼈間のところへ歩いて⾏き、彼の紙コップを奪う。

「な、何をする!?」

ゴクゴク。

コーヒーを失った男が怯えてすぐに逃げ出した。

「ははは!!」

弱肉強食。

それが私の方針。

「水篠ハンター、今日は様子が変に見えるが・・・」

「ええ、私もそう思います」

ハンターがレイドの準備をするためにストレッチをしている間、私は⼊る予定の「ゲート」に視線を移す。

「・・・」

あの場所はかなり怪しい・・・。

地球に現れたゲートは、間違いなく⽀配者の策略でしたが・・・。

なぜそこから君主のオーラが?

調査する必要がありますね。

私は彼らに同⾏し、ゲートを通り過ぎた。

 



 

  • 最強のE級ハンター

モンスターを瞬殺する私の姿に、ハンターたちから畏敬の念を感じる。

⼀瞬ですべてのモンスターの倒し、ついに不審な⼊り⼝を発⾒しました。

「ここを通り抜けましょう」

「ちょっと待ってください、問題を決定するために投票する必要がありま・・・」

目の前の男は言葉を終わらせることができなかった。

彼は私からの⼀撃で意識を失ったから。

「投票したいですか?」

「・・・」

通路に⼊るという決定は全会⼀致のようです。

無限に見える回廊を歩き、ついに最後の巨⼤な扉にたどり着く。

強いオーラが内部から漏れているのを発⾒し、ドアを開けてすぐに、扉の前に⽴っているハンターの⾸をつかみ、軽く投げ⼊れます。

何も起こりませんので、すぐに⾜を踏み⼊れました。

少しの間⽬を閉じて、感覚を集中させます。

「あそこだ」

私が指さした天使像の前にハンターが集まった。

ルーン⽂字を読めるハンターがいないようだったので、代わりに声を出して読み上げます。

「カルテノン寺院の法則」

しかし、誰かが突然私の腕を引っ張った。

後ろを振り返ると、顔⾊が真っ⻘な少⼥が⽴っている。

「あ、あそこの神の像が・・・」

「⼿を放せ」

少⼥の⼿を振り払い、石板を読み続けました。

読み終えた瞬間、巨大な神像の目からビームが発射された。

「そんな力で私を倒せると!?」

Kwahaaaaaaahhh- !!

⼝から⼀直線に発射された「破壊の息吹」は、神像の頭を吹き⾶ばしました。

それがスタートの合図となりました。

寺院の壁に並んでいる彫像は、他のハンターを無視して私に向かってきます。

「ガハハハハハ!!」

なんて傲慢な⼈形たち!

素⼿だけで、彫像の頭を叩き潰す。

「遅い!!とても遅いです!!」

彼らは私にとって適切なウォームアップとしての役割さえ果たしていません。

「これで終わりか?」

天使像が突然⽴ち上がる。

[あ、あなたの正体は何で・・・]

「うるさい!」

壊れた像から槍を奪い、天使像に投げる。

私は偽物と会話するためにここに来たわけではありません。

引き出したかったのは、舞台裏に隠された真の姿!

「あなた⾃⾝を明らかにしなさい!」

沸騰した⾎の感覚がこの体全体に広がるにつれて、自然と笑顔が浮かびます。

神の像が近づいてきて、私の前で⽴ち⽌まって⾒下ろしました。

[破壊の君主、私たちの道はこのように交差する運命にありました。この場所で、私たちの不運な関係に終⽌符を打つつもりです!]

「ははは!それは素晴らしいアイデアです!」

神の像は真っ⿊なオーラに包まれて巨⼤な影に変わり、私はその巨⼤な⼒と戦うためにすべての⼒を解き放ちました。

「来い!」

私たちの戦いはそんなに簡単には終わらないでしょう!

 



 

  • 夢?

「うわ!?」

旬は慌ててベッドから起き上がる。

おなじみのベッド、おなじみの壁紙、おなじみの天井、そして古いコンピューター。

すぐに周りを⾒回し、⽬覚めた場所が⾃分の部屋にあることに気づく。

「夢なのか?」

自分が竜王になった最悪の夢。

「はあ・・・」

スマートフォンで現在時刻を確認し、その後安堵のため息をついた。

試験が始まるまでには、まだ時間が残っていた。

「考えてみると・・・、竜王を退治してからもう4年になる」

あっという間に時間が過ぎ、本⽇は⼤学試験を受ける予定。

すでにどの⼤学に⾏きたいかを決めていました。

彼が会わなければならなかった⼀⼈が、後でその大学に入学するから。

「諸菱くんが勉強が苦手で良かった」

弟分の名前を思い出し、窓を覆っているカーテンを引いて開いた。

「先に行って、あなたを待ちます」

近い将来に起こる再会を考えながら、窓の開いた隙間から⼊る早朝の⾵を吸い込
む。

部屋のドアが押し開かれたのはその瞬間でした。

「し、旬。今⽇が受験⽇だということをご存知ですか?」

「息⼦よ、あなたの⽗さんとして、あなたを会場まで連れて行きます」

両親は眠れなかったのでしょう。

彼らの息⼦が重要な試験を逃してしまうかもしれないと⼼配していました。

旬は彼らの表情を⾒て、優しく微笑んだ。

「準備できました」

[い、⾏きましょう。私の王]

イグリットが何らかの理由で緊張しているように聞こえたので、旬はすぐに家を出て、励ましの⾔葉を話しました。

とてもさわやかな朝でした。

 



 

まさかのアンタレスが旬に転生するストーリー。

この時系列は謎ですね・・・。

平行物語?それとも、単なる夢?

今は分かりませんね・・・。

そんな中での大学試験!

旬はすでに雫と出会っているのでしょうか?

 

俺だけレベルアップな件【258話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 今回は258話をまとめました...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバレを含む...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は149話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...