俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【259話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。

今回は259話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は156話。 ...

 

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は156話。 ...

 




 

259話 ネタバレ

俺だけレベルアップな件【258話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 今回は258話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • セルナ夫人

アメリカ合衆国、都市郊外の静かなどこかに。

⾞から降りてきたのは、CIA⻑官のデビッド・ブレナンと2⼈のボディーガード。

「⼆⼈はここで待っていてください」

「しかし・・・」

その命令を受け⼊れるのはかなり困難でしたが、デビッドの態度は変わりません。

「⼤丈夫、⼤丈夫。夫人は騒々しい訪問を望んでいませんから」

ボディガードを残して、⼀⼈で⽞関に向かい、服装を整え始めた。

深呼吸した後、慎重にドアをノックする。

「夫人?私です、デビ・・・」

話し終える前にドアが開き、若いアフリカ系アメリカ⼈の⼦供が現れた。

デビッドはセルナ夫人の孫を認識し、⼦供の頭を撫でる前に、⽬の⾼さに合わせて低くしゃがみこむ。

「おばあちゃんは家にいますか?」

「おばあちゃんが前から、叔父さんが来るって言ってたから待ってました」

その言葉を聞いて、彼は笑わずにはいられなかった。

今日会いに来た女性。

霊能者、預言者、そして「超能力者」

どの称号が使⽤されたかは関係ありませんが、世界有数の占い師であるセルナ夫人に不適合に聞こえるものはありません。

もちろん、最初から彼女を信じていた訳ではない。

しかし彼⼥は、CIAでさえ、諦めていた深刻な問題を解決した。

彼⼥は本物だ。

孫に案内されて、デビッドはセルナ夫人が温かいお茶を⼊れて彼を待っていた居間に導かれる。

「お久しぶりです、セルナ夫人」

「お会いできて嬉しいわ、デイブ」

最後にここに⾜を踏み⼊れたのは約1年前。

「セルナ夫人、あなたが引退を発表して以来、私たちの仕事がどれほど困難になったか想像できないでしょう」

冗談を⾔っているかのように笑顔で話しているが、⽔⾯下に隠されたデビッドの信念が聞こえてくる。

彼女は落ち着いて話す。

「デイブ、以前にも言いましたよね?あの方が到着した後、私は未来を⾒ることができないと」

「ええ・・・」

死の神。

その存在が世界に降りた後、彼女は自身の力が役に立たなくなったと宣言したのだ。

引退の理由を思い出した後、デビッドは⾔いたいことを忘れてしまった。

「「・・・」」

2⼈の間で沈黙が重くなる。

デビッドは、この厄介な雰囲気を壊す⽅法を考える。

「セルナ夫人、⾷事の途中でしたか?」

彼⼥はゆっくりと⾸を横に振った。

「実際、私は別のゲストを招いていました」

「ああ・・・。そうなのですね」

セルナ夫人は滅多に誰かと会うことはありませんが、別のゲストとは一体?

「そうだとしたら、私は早く帰らないといけませんね」

しかし、デビッドがそう⾔ったとき。

「最初の質問に対する答えは「はい」であり、2番⽬の質問に対する答えは「いいえ」です」

「ちょっと待って・・・」

デビッドの動揺した表情に、セルナ夫人はニヤリと笑う。

「私が未来を見ることができないという質問。その答えに対して、どうやって知ったのかという質問。私の答えは間違っていますか?」

「・・・間違っていません」

「デイブ。あなたが求める答えは、実際には過去の問題です。過去の⼀部を垣間⾒ただけで、適切な答えを提供しました」

「え、ええ・・・」

デビッドはうなずき、柔らかい呻き声を出す。

「デイブ。あなたが知りたいのは誰なのか、私は知っています」

しかし、続く質問に対する彼⼥の答えは「いいえ」

「残念ながら、私はその⼈物に関する情報を誰にも言えない」

「しかし、セルナ夫人!」

デビッドの声が大きくなる。

「あなたなら、彼が何をしたかをすでに知っているはず!そのような人間を野放しにすることはできません・・・」

彼女自身がこの空気に耐えられないように叫んだのはその瞬間でした。

「私が何も話さないことを望んだのです!」

セルナ夫人の怒りの表情を見たのはこれが初めてだった。

彼⼥の怒りの声はそこで⽌まりません。

「デビッド局長、あなたの⽬は節穴ですか??」

「セルナ夫人!」

「では、そのUSBドライブに含まれている映像を見ていないと??」

「・・・」

確かに、彼は映像を⾒ている。

恐ろしい巨⼤な怪物に⽴ち向かう間、⼀⼈の⼈間が⼀歩も後退していない姿を。

彼は世界を救ったことを。

「あなたに⾔ったら、あなたは私を信じますか・・・?今回の事件が初めてではないですよね?」

セルナ夫人の重厚な表情を見て、デビッドは一瞬で凍りつく。

「・・・」

過去に同じような事件が?

頭を上げる前に何か他のことを考え始めた。

「私はあなたを信頼します、セルナ夫人」

彼女を信頼するのは、デビッドの直感によるもの。

セルナ夫人はそれに応えてうなずいた。

慎重に彼⼥に別の質問をする。

「映像の男・・・。彼が危険な⼈物ではないことを私に保証できますか?」

彼⼥は躊躇うことなく答えた。

「もちろんです」

「分かりました。あなたが彼を知らないという事にしておきましょう」

デビッドは安堵した表情で、その場から⽴ち上がった。

「では」

振り返って⽴ち去ろうとしたが、彼⼥の暖かい声が次の⼀歩を踏み出すのを⽌めた。

「デイブ、いくつかのクッキーを焼きました。いかがでしょうか?」

「ええと・・・、大丈夫です。お気持ちだけ受け取っておきますね」

セルナ夫人は優しい笑顔で彼に別れを告げ、孫に案内するように呼びかけた。

「お気をつけて、デイブ」

 



 

  • トーマス・アンドレ

居間の向こう側に隠れていたもう⼀⼈のゲストが姿を表す。

「私はあの⽼⼈が好きじゃない。ねえ、おばあちゃん、彼にレッスンを教えに⾏くべきですか?」

なめらかな金色の髪の巨⼈。

セルナ夫人の⼿にあるバッグから⼀握りのクッキーを取り出し、⼝の中に押し込んだ。

「トーマス、リングの外で別の事件を起こした場合、ライセンスは取り消されると思いますが?」

トーマスはニヤリと笑い、⼝いっぱいに詰まったクッキーを噛み砕く。

「確かに・・・」

この男は他ならぬトーマス・アンドレ。

UFCの現ヘビー級チャンピオン。

セルナ夫人の⾮常に少数の友⼈の1⼈。

記者がこの事実を知れば、世界ニュースに発展するでしょう。

「ねえ、おばあちゃん。質問してもいいですか?」

セルナ夫人は爽やかに笑い、うなずいた。

「私のような⼈だけでなく、多くの⼈が事故で亡くなっているはず」

特に⾃動⾞事故では、無数の⼈々がほぼ毎⽇死ぬでしょう。

しかし、それが起こる前に、彼らのほとんどは彼女から電話を受けることはありません。

待望の休⽇、トーマスは彼の⼤切なスポーツカーでドライブをすることが趣味でした。

ある日の運命的な電話。

セルナ夫人の電話に出た後、彼は急いでタイヤをチェックすると、⼩さな釘が刺さっているのを⾒つけた。

彼女の言葉を聞いていなければ、トーマスは命を失っていたでしょう。

つまり、ノーマ・セルナ夫人はトーマスの⼈⽣の救世主。

その後、あの⽇に起こったことはまだ彼にとって謎のまま。

「なぜあの⽇、私を救ったのですか?」

「・・・」

セルナ夫人は、何も⾔わずに彼を見つめる。

その後、国のトップスターの1⼈である友⼈に答えを提供した。

「なぜなら・・・、あなたは過去の⼈⽣で多くの善行を成し遂げたからです」

「過去・・・?」

UFCの「バッドボーイ」として知られるトーマス・アンドレが一体何を?

「ほほほ」

セルナ夫人はそっと笑い、窓の外に視線を移す。

「運命なのでしょうね」

「じゃあ、彼のような叔⽗があなたに会いに来たのは、映像の男が何かをしたから?」

「彼は世界を救った」

「・・・」

時々、この⽼婦⼈が冗談を⾔っているのか、それとも真剣なのか⾒分けるのが難しいことがありました。

「それなら・・・。世界を救った英雄は今、何をしているのでしょうか?」

セルナ夫人は静かな笑顔を浮かべた。

「そうですね・・・。彼はどこかで若さを最大限に楽しんでいるのではないでしょうか?」

 



 

  • 上原 悠真

わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

陸上競技の予選ラウンドの場所は、観客の熱烈な歓声でいっぱいでした。

「チェ・テウン!血迷ったようですね!新⼊⽣を大会に参加させるなんて」

⻑年のライバルであるジョ・ギソクは嘲笑する。

「元エース、ウー・サーンインが怪我をして数ヶ⽉休んだと聞きました。だから、新⼊⽣を新しいエースにする以外に選択肢がなかったのですか?」

チェ・テウンは明るく笑い、旬の肩を掴む。

「まもなく、この新入生の才能に⼝を閉ざすことができなくなるでしょう」

互いのキャプテンから激しい火花が飛び散る。

その間、旬は⼈差し指で頭の側⾯を引っ掻いていた。

ジョ・ギソクの唇の⾓が上向きに丸まった。

「これはなんて⾯⽩い偶然なのでしょう」

彼は振り返り、チームメンバーに向かってジェスチャーをした。

彼らの後ろに⽴っている⼤きな男。

彼は⾃信に満ちた表情でこっちに向かってくる。

「私たちも気紛れな新⼊⽣を迎えましたから」

旬がその男を見た時、思わず驚いてしまった。

「え?」

一般の⾼校⽣レベルをはるかに超える体格を持った男。

「彼は私たちの秘密兵器、新入生の上原 悠真です」

 



 

セルナ夫人は旬の事を覚えているのですね。

それはゲートが現れた日からなのでしょうか?

UFC→総合格闘技ですね。

トーマスの活躍は嬉しいですね^_^

そして、最後に登場した「上原 悠真」

皆さんは彼を覚えていますか?

私は最初思い出せませんでした(笑)

俺だけレベルアップな件【260話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 今回は260話をまとめました...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバレを含む...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は156話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は53話。 ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は52話。...