俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【262話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。

今回は262話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 [休載]漫画は「第163...

 

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 [休載]漫画は「第163...

 




 

262話 ネタバレ

俺だけレベルアップな件【261話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 今回は261話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 12年後

中央地域地区の暴⼒犯罪課の仲間内に、「ファントム」と呼ばれる一人の刑事がいた。

昇進試験に合格した後、今年からチームに加わる探偵、イ・セファンは、その噂をよく耳にしていた。

200%の逮捕率!

噂によると、「ファントム」は過去の事件さえも解決することができ、暴⼒的な犯罪者や⾎に飢えた凶悪犯はすべて、行儀の良い羊になるとか。

その刑事は純粋な尊敬の対象であり、伝説的な⼈物だった。

昇進の資格はあるが、彼はフィールドワークに専念したいという理由で、キャリアアップを常に断り続けているらしい。

そんな人間がいるのだろうか?

いずれにせよ、様々な憶測が漂う中、噂の半分以上は真実であると判明しているそうだ。

イ・セファンから見れば、暴力犯罪課の先輩方は全員が圧倒的な迫力を漂わせていた。

この中の誰が「ファントム」と呼ばれても、違和感は感じないでしょう。

彼らの眼光はとても鋭く、イ・セファンはこの場所で長く生き続けることができるかどうか不安になった。

「ええと・・・。君は今日から配属される刑事かな?」

事前の警告なしに後ろから声が聞こえ、イ・セファンは恐怖で⾶び上がった。

急いで振り返り、素晴らしい敬礼をする。

「お疲れ様です!」

「あ、ああ・・・。そんなに緊張する必要はない。私たちは今、家族なのだから。ね?」

中年の男性はコーヒーで満たされた二つの紙コップの一つを彼に渡す。

「良かったら」

「あ、ありがとうございます!!」

深くお辞儀をし、コーヒーを受け取る。

⼼強い温もりに迎えられてホッとした。

周囲の雰囲気を注意深く調べながら、飲み物を贈ってくれた先輩に尋ねる。

「すみません・・・、分隊⻑から話を聞いたところ、これから水篠刑事と⼀緒に仕事をするように言われたのですが・・・」

「ああ・・・、『ファントム』のパートナーはあなたですか?」

「え、ええ!?」

コーヒーが口や鼻から噴き出るのを堪える。

「彼の解決速度は速すぎるので、私たちは『ファントム』というニックネームを思いついたのです。気づけば、他の課の人たちもそう呼ぶようになっていました」

「はい、その通りです・・・」

意味深な笑みが、先輩の顔に忍びよる。

「どうして私がコップを二つ持っていたか分かりますか?それは彼のコーヒーです」

先輩刑事はそう言って奥を指差し、笑顔を浮かべた。

「もうすぐ彼が来ます」

好奇⼼を抑えきれず、イ・セファンも先輩が⾒つめている⽅向に視線を移した。

その時、廊下の端からこっちに向かっている男性を発⾒した。

「彼は伝説だよ・・・」

圧倒的に強いオーラ。

イ・セファンの⾝⻑は平均的だったが、彼の新しいパートナーである「ファントム」というニックネームの先輩刑事は、少なくとも⾃分より頭が⾼いので、⾒上げる必要があった。

ほぼ瞬時に、⽬の前の男が発するこの不可解な圧⼒から呼吸困難になる。

「こんにちは」

「やあ。今は大丈夫だったのですか?」

「はい、問題ありません。ちなみに、彼は新⼊社員ですか?」

「ええ、そうです。彼の名前はイ・セファンです」

旬は先輩刑事に頭を下げた後、完全に凍っている後輩の肩に手を置いた。

「それなら、私が彼を訓練しますね」

「ええ、よろしくお願いします」

先輩との挨拶が終わるとすぐに、旬は新⼈警官を建物の外に連れていく。

(ま、まさか・・・。彼は私がコーヒーを飲んだ事を怒るのではないだろうか?)

その考えが頭に浮かんだとき、イ・セファンは急いで質問をした。

「せ、先輩!?ど、どこにいくのですか?」

しかし、彼は答えではなく、代わりに質問をされた

「なぜあなたは警察官になったのですか?」

「え・・・。私は・・・」

彼の最初の夢、⽬標を思い出す前に少し躊躇った。

「悪者を捕まえたくて・・・」

「その通りです」

質疑応答を交わしているにもかかわらず、旬は歩く速度を変えなかった。

最終⽬標に到達すると、彼はようやく⼿を放した。

「私たちはまさにそれができる場所に⾏きます」

旬は笑顔を浮かべる。

「私もあなたと同じ理由で警察官になりました」

その⾔葉だけで、イ・セファンの⼼は激しく鼓動した。

「あなたも来ますか?」

その言葉に誰が断ることが出来るだろうか?

興奮した顔で答えた。

「もちろんです、水篠先輩!」

 



 

  • 不審な事件

⼀⽇中犯罪者を追いかけて、イ・セファンは机の上で眠りに落ちた。

「彼は武装した強盗を素⼿で捕まえた経験があると⾔ってたな?うん・・・、彼のような新⼈を訓練するのは楽しいですね」

優秀な苗木が加わった今、旬の顔に自然と笑顔が浮かぶ。

そして、仕事を続けようとすると・・・。

[王よ、そのような仕事は、あなたの忠実な兵⼠に任せておくことをお勧めします・・・]

影からイグリットの声が聞こえた。

確かに、影の兵士を利用するのは便利だ。

1,000万人の兵士を解放すれば、韓国全体の犯罪者があっという間に一掃されるでしょう。

しかし、適切なバランスを保つ必要があります。

社会全体への影響を最⼩限に抑えるために、⾃分の⼒をコントロールするために最善を尽くした。

作業が終わりに近づくと・・・。

「・・・い」

事務所の隅から声が聞こえ、会話の内容に注意を払う。

「刑事さん、聞いてください。葵は自ら自殺するような⼥の⼦ではありません」

「落ち着いてください。あなたの気持ちは理解できます。しかし、すべての証拠が揃っているのです・・・」

「ですが、このメッセージを見てください!3時間後に⾃殺を計画している⼈から送られたものに⾒えますか!?」

「はぁ・・・」

故⼈の名前が⾃分の妹の名前と同じだからかもしれない。

「事件の詳細を教えてもらっても?」

旬が声をかけると、担当刑事は酷く怯んだ。

「み、水篠刑事・・・?」

刑事は困った表情を⾒せた。

「ええと・・・」

彼は静かにオフィスの外に出るように頼んだ。

関連する事件ファイルを⼿渡して、彼はタバコを取り出す。

「水篠刑事・・・。いくらあなたでも、この事件は終わっています」

「・・・」

刑事はタバコに⽕をつけようとしたが、旬からにじみ出るオーラを感知した後、驚
いて⼀歩後退した。

(このように集中しているとき、彼は別⼈のようです)

犠牲者は、⼿⾸の⼤きな切り傷による⼤量の失⾎で死亡し、浴槽の中で発⾒された。

⼿⾸を切るために使⽤されたナイフはバスルーム内で回収され、彼⼥の指紋だけが武器に⾒つかり、他の⼈の指紋は⾒つからなかった。

ファイルには、故⼈が外⾒上明るい性格を⽰したにもかかわらず、実際は鬱病に苦しんでいたと述べられていた。

「特に問題はありませんね」

「良かった。あなたもそう思いますよね?」

「しかし」

「し、しかし・・・??」

「万が⼀に備えて、⾃分で確認します」

「はぁ・・・」

向こうで⼼配そうに待っている女性に向かう旬の背中を⾒て、先輩刑事は頭の中で不平を⾔った。

(あの男は疲れを知らないのか?)

女性の視線は地⾯に固定されており、旬の声を聞いた後すぐに頭を上げた。

「私は水篠旬刑事です。ちょっとお話を聞いても良いでしょうか?」

彼⼥の重苦しい表情が、新たに発⾒された希望に変化した。

「はい!」

 



 

  • 死者の王

静かで所有者のいない家の中で、突然⿊い影が浮かび上がった。

旬だった。

⼥性が⼀⼈で暮らすには少し⼤きすぎるアパートにいることに気づく。

現在の時間は深夜。

彼⼥が最後の瞬間に出会った場所であるバスルームに⼊る。

⾎の濃い匂いが彼の⿐を刺した。

溢れた⾎を⾒ると、まるで⼥性の痛みを感じることができた。

故⼈が死を選んだときの気持ち、ここに横たわって死んでいくのはどれほど⾟かっただろうか・・・。

⼈々は決して理解できないでしょう

⼀般的には。

⾎しぶきを調べた後、友⼈に送った最後のテキストメッセージを思い出す。

それは次の待ち合わせを期待しているメッセージ。

友人が言ったように、自殺する前に送るメッセージではないでしょう。

取り残された⼈々は、死者が彼らに何を⾔いたかったのかを決して知ることが出来ない。

普通であれば。

しかし、旬は死者の声を聞く⽅法を持っている。

「昔は実際の遺⾻が必要だったけど、今は・・・」

⿊く凝固した⾎液は真っ⾚な液体に戻り、再び滴り始めた。

⽣きているかのように、どんどん⼤きくなるにつれて、⾎の塊は回り続けた。

その後、死者の王である影の君主は、故⼈の遺体が拒否することができない絶対的な命令を出した。

「起きろ」

 



 

話が飛んで12年後。

旬は刑事として活躍していますね。

正直、彼1人で全て解決できそうですが、そこはある程度線引きしているようです。

旬の現在の状況が気になりますね♪

向坂雫とはどうなったのでしょうか?

俺だけレベルアップな件【263話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 今回は263話をまとめました...
俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバレを含む...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 [休載]漫画は「第163...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...