俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【263話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。

今回は263話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は149話。 ...

 

 



 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は149話。 ...

 




 

263話 ネタバレ

俺だけレベルアップな件【262話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 今回は262話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 水原葵

⼥性の影が凝固した⾎の塊から勢いよく⽴ち上がる。

彼女は混乱の表情を浮かべていた。

そして、彼女は痛みを伴う呻き声を発する。

[ああ・・・。あああああ・・・!!]

死ぬ寸前の記憶を保持しているので、彼女は発狂しそうになる。

旬は影の君主の権威を使用し、しばらくの間、彼女を落ち着かせることに。

「怯えないで。今のあなたは、⼈⽣と痛みの境界から解放された存在になっています」

王の落ち着きのある温かい声は、彼女の存在を安定させることに成功した。

その後、旬は裸だった彼女のために、影を利用して服を生み出す。

[ああ・・・]

彼女は両手で自分の肩を掴んで震えている。

女性の名前は水原葵。

影の女性に同じ名前を付けて、質問を始める。

「あなたは・・・、自らの手で命を奪ったのですか?」

影の女性、いいえ、葵はうなずく。

旬は片膝を落として、彼女の目線に合わせた。

「理由は?」

葵は唇をギュッと閉じて、震えながら口を開いた。

[私・・・]

 



 

  • 訪問

ピンポーン。

夜遅くにベルが鳴り響く。

中年の男性は娘の写真を机に置く。

「こんな遅い時間に誰だ?」

モニターにはスーツを着た男性の姿が。

男はあまり深く考えずに、「通話」ボタンを押す。

「どちら様ですか?」

「私は中央地域の暴⼒犯罪課の水篠旬刑事です。あなたの娘の死について質問がありますので、少しお話させていただけますか?」

刑事が提示した写真は、モニターの顔と一致している。

「調査結果が出たのですか?私の大切な娘はなぜ亡くなったのですか!?」

旬は⾸を横に振る前に、水原葵の⽗、水原泰寿の顔を静かに調べた。

「死因はまだはっきりとしていません。しかし、あなたの葵さんの死について聞きたいことが」

父親はがっかりした表情を浮かべる。

彼に対して静かに要求する。

「一緒に来ていただけませんか?」

「もちろんです。娘の死の真相を明らかに出来るならば、私は何だって協力します!」

泰寿は外に出て家の鍵を閉めた後、旬の方に振り返る。

「行きましょう、刑事さん」

「こちらです」

 



 

  • 事情聴取

水原泰寿は当初、警察署に⾏くと思っていたが、何故か近くのカフェに案内された。

漠然とした不安はあるが、彼は考えすぎない事に決める。

「葵さんは普段どんな学生でしたか?」

「え?」

「万が一ですが、彼女を恨んでいた人物は・・・」

泰寿は質問の背後にある意味を理解し、急いで手を横に振る。

「い、いいえ。そんな事は決してありません。娘は誰かから恨みを買うような子ではありません!娘は本当に親切で優しく・・・」

すすり泣く声がカフェを満たす。

どれくらい経っただろうか?

泰寿はゆっくりと頭を上げる。

「すみません、刑事さん。娘が亡くなったと未だに信じることが出来ず・・・」

「娘さんを大切にされていたのですね」

「当然です。刑事さんはすでにご存知かと思いますが、葵は私の実の子供ではありません。だからこそ、私は本当の子供のように彼女を大切に育て、愛していました。いいえ、それ以上かもしれません・・・」

彼は視線を下げて、言葉を続ける。

「娘が何かに悩んでいたのなら、私に相談して欲しかった・・・」

項垂れる泰寿の態度に対し、旬は最初から最後まで冷静な表情を浮かべていた。

その後、彼は⾃分のスマートフォンを内ポケットから引き出した。

「私たちは葵さんの私物を調べている間に、このような録音を発見しました」

「・・・え?」

「聞いてください」

旬は再生ボタンを押す。

[私・・・]

彼⼥が幼い頃から養⽗の⼿によって行われた性的虐待の話について話されていた。

証⾔が続くにつれて・・・。

水原泰寿は悲しげな⽗親のように振る舞うのをやめ、ショックで⽬を震わせ続けた。

葵は養⽗の苦痛から解放されたと信じて故意に故郷から遠く離れた⼤学に⾏くことを選んだ。

その後、しばらく前に泰寿が再び彼女と接触してきた。

出張と嘘をついて部屋を借り、毎日のように連絡をし続けていた。

それでも拒んできた葵に対して、彼は過去の画像を送った。

「また会いたい」というメッセージ付きで。

それが彼女の人生を終わらせることになるとは知らず。

録音が終了すると、泰寿は顔を真っ青にしていた。

「ど・・・、どうしてこの録音を私の前で?」

自分を逮捕するだけであれば、刑事は一対一ではなく、複数で取り囲み尋問するはず。

しかし、目の前の刑事は彼を警察署に連れていかず、カフェで会話をすることを選んだ。

(何か目的が?)

その予感に答えるかのように、無表情だった刑事が笑顔を⾒せた。

「二つの選択肢があります」

やはり!

「はい!」

「一つ目・・・。あなたは⾃分の不正⾏為を認め、私と⼀緒に警察署に⾏き、すべてを告⽩する」

「二つ目の選択肢は・・・?」

「あなたの犯罪を認めるのではなく、代わりに適切な代価を支払う」

泰寿は心の奥底から漏れそうになる笑いを抑えるのに必死だった。

(神は私を見捨てなかった!)

彼は医師としてかなり素晴らしい⼈⽣を送っていた。

目の前の哀れな刑事がどれだけ望んだとしても、彼にはその要求を満たすための金銭的余裕がある。

「いくら欲しいのですか?」

「その答えが聞けて良かった」

男は後悔するだろう。

一つ目の選択肢を選ばなかったことに。

「さあ、よく聞いてください」

とても不吉で暗いオーラが、旬からにじみ出る。

「実際には、あなたがいるこの場所はあなたが住んでいた世界ではありません」

主の許可なしに⽣きている魂が⼊ることができない死者の⼟地。

永遠の休息の領域。

「すみません、刑事さん。私にはよく分からないのですが・・・」

「思い出してください・・・」

殺意を向けられて、泰寿は呼吸が出来ない。

「どうやってここに来たのか覚えていますか?」

それについて考えた後、背筋が冷たくなる。

「ど、どうやって・・・?」

明るく照らされたカフェの中には、自分と刑事の二人だけ。

少なくとも店員がどこかにいるべきではないだろうか?

しかし、建物の外にも人の気配は全くない。

「ああ・・・」

次の瞬間・・・、全てが消えて、暗闇だけが残った。

真っ⿊な闇の中に残った唯⼀のアイテムは、テーブルと2つの椅⼦だけ。

「う、うわぁああああああああ!」

泰寿は椅⼦から⽴ち上がって、急いで後退した。

「あ、あなたは⼀体誰ですか!?これは夢ですか?悪夢ですか!?」

男は怒りと絶望の表情で旬を指さす。

何か壁のようなものにぶつかる。

それは壁ではなく、巨⼤な「アリ」だった。

「う、うわぁあああ!ば、化け物!」

何⼗ものアリの腕が暗闇から⼿を伸ばして男を掴み、彼を未知の世界に引きずり込む。

彼は恐ろしい拷問を受け、最終的には死を懇願する。

しかし残念ながら、彼は簡単に死ぬことができなかった。

拷問を任されたのは、偉大な兵士の一人であり、それと同時に、最も偉大な「ヒーラー」でもあったから。

[Kkiiehk!]

ベルは暗闇に溶け込む前に、彼の王に向かって恭しく挨拶をした。

「・・・」

旬は泰寿が姿を消した⽅向を無⾔で⾒つめ、ゆっくりと椅⼦から⽴ち上がる。

彼の背後には葵の姿が。

罪を犯した⼈がどんなにひどく苦しんでも、犠牲者の痛みが完全に消えることは決して消えない。

しかし、こんな事で故⼈の⼼を慰めることが出来るのであれば・・・。

彼⼥の元へ向かいへ彼⼥の額に指先を置いて、養⽗のすべての記憶を消し去った。

[ありがとうございました、君主様]

その後、影は何度も旬に頭を下げる。

彼⼥を空虚に戻す時が来た。

別れの直前、旬は優しい声で彼⼥に尋ねた。

「他に⾔いたいことはありますか?」

[もし可能であれば・・・。ちょっとしたお願いをしてもいいですか?]

 



 

  • 友人への贈り物

翌⽇。

葵の友⼈は早朝に駅にやって来て、事件の新たな展開について調べていると。

旬が彼⼥を⾒つけ、オフィスの外の廊下に連れて⾏った。

「すべての見解で、この事件が殺⼈として扱われる可能性は現時点では⾮常に低いです」

友⼈は信じられない表情で旬を⾒た。

「ほ、本当に・・・。他の可能性は1%もありませんか?」

静かにうなずく。

「じゃあ・・・、葵は・・・」

旬は、可愛いラップで覆われた⼩さな贈り物を彼女に渡す。

「これは?」

「贈り物に書かれている名前はあなたのものですよね?」

「・・・そうです」

それは、故⼈が慎重に厳選し、友⼈の誕⽣⽇に準備した贈り物。

「葵がこれを私に・・・?」

「はい。葵さんは、この贈り物が所有主の元に届くことを望んでいたのでしょう」

「ああ・・・。ありがとうございます・・・」

友⼈は旬に⼼から感謝し、彼⼥の⽬から⼿に負えないほどの涙が流れる。

養⽗の陰湿なテキストメッセージが届かなかったら、2⼈は予定どおりに誕⽣⽇パーティーを楽しむことが出来たのではないだろうか?

いくつかの考えが頭の中で交差している途中、ポケットの中から振動を感じた。

「ちょっと失礼します」

すすり泣く彼女に理解を求め、振り返り、そして電話に答えた。

「兄貴!」

馴染みのある声が電話のスピーカーから出た。

「僕です、諸菱賢太です!」

 



 

犯人は間接的に葵の養父だったのですね・・・。

葵と同じ名前だからかもしれませんが、旬も容赦ないです。

男は逮捕されるよりも恐ろしい罰を受けることになりましたから。

次回は12年後の諸菱くんが登場ですね♪

彼の現在はどうなっているのでしょうか?

 

俺だけレベルアップな件【人物紹介】 こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の登場人物を紹介させていただきます。 ネタバレを含む...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は149話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...