最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【100話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は100をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...

 




 

100話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【99話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は99話を...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 近況報告

過去数週間、特筆すべきことは何も起こりませんでしたが、私は忙しくて家族を訪ねる時間がありませんでした。

教えたクラス「発散トレーニング」に関しては、予想していたよりも苦労した。

これまでのところ、オーグメンターのうち、ベンソンという学⽣だけが、私が考えていたものに近いことが出来ている。

コンジュラーに関しては、キャサリンだけが呪⽂を再吸収し、体を強化することに成功。

「今週末のクラスダンジョンが楽しみですね?」

テスは尋ねると、私に寄りかかった。

私たち⼆⼈は、シルビーと⼀緒に、昼⾷をトレーニングルームの中で食べていた。

今日は彼⼥の同化を⼿伝い終えたところ。

推定では、テスは完全に同化するのに1、2週間かかりますが、それまでは魔法の使⽤が⾮常に限られていたので⼼配だ。

「そう?最初の3階だけを探索するのですよね?興奮する価値のあるものが⾒つかるとは思えません」

今週の⼟曜⽇、チーム戦闘クラスでビーストグレイズの郊外で1泊旅⾏をすることに。

グローリー教授は、探検する予定のダンジョンの3階を通過しないことを条件に、グッドスカイ学長から許可を得ています。

マイナーなダンジョンなので、上層階のマナビーストはEクラスだけ。

グローリー教授は、クラスに実際のチーム戦闘の練習をさせるのに最適な⽅法だと考えました。

「むっす〜・・・。ビーストグレイズの冒険は緊張するわ。おじいちゃんからたくさん聞いたよ。謎や不思議に満ちているだけでなく、危険。おじいちゃんは、ビーストグレイズについての情報源は常に変化するから、決して信頼することはないとだって」

夢の国からテスを起こす。

「覚えておいてください。あなたはクラスの遠征に間に合うように同化が完了することはないでしょう。決して無茶はしないで下さい」

「・・・分かってる、分かってる!そんなに子供扱いしないで下さい」

「同じテントで⼀緒に寝たのを覚えていますか?」

テスの顔がすぐに⾚くなったので、更に意地悪したくなった。

「あの時何て⾔ったっけ?あぁ!」

思い出したかのような顔をして、⾚⾯した幼なじみを⾒る。

「『アーサー?うーん!そうだね・・・あなたが⼦供だと分かってるので、あなたに気づいたら獣が現れる可能性が⾼い。だから、私たちの安全のために、テントに入らない?』」

甲⾼い声でテスを嘲笑しながらそう⾔った。

「ううう!そんな事言ってない!」

テスは私の上に⾶び乗って、私が笑い続けている間、体をくすぐり始めた。

「わははは!ははは!ごめんなさい、やめ、止めて!テス・・・ははは・・・止めて下さい!」

笑ったり泣いたりし続けると、⽬に涙が出ました。

「キュウ!」

[私も遊びたい!]

シルビーが私たちの周りを⾶び回る。

幼なじみを⾒ると、彼⼥の顔がまだ⾚いことに気づきました。

テスが頭を私の近くに下げたので、私たちがどのような位置にいるのかすぐに気づき、私も赤くならざるを得ません。

 



 

  • 久しぶりの我が家へ

「ほほ〜!お⼆⼈は仲良くしているようです。ヴィリオンはきっと幸せでしょうね」

声が私たちを驚かせ、テスは恥ずかしそうに距離を置く。

グッドスカイ学長が⾯⽩そうな顔で私たちに近づいてきました。

「うふふ〜、同化は順調ですか?」

「順調です!アートはここ数週間私を⼤いに助けてくれました。そして、私はとても気分が良くなりました!最近は拒絶による痛みを感じていません、私が魔法をあまり使わない限り、⼤丈夫だと思います!」

慌てたテスは恥ずかしさを隠すために腕を振り回しながら、一気に捲し立てる。

「彼⼥は約1、2週間でビーストの意志と完全に同化するはずです」

⾃分⾃⾝を落ち着かせた後に、そう説明した。

「なるほど・・・」

グッドスカイ学長は⽬を閉じてテスのマナコアを調べた。

「良かった、良かった。途中で問題がなかったのは嬉しいわ。アーサー、あなたにお願いして良かったです」

「ここ数週間、学長はどこにいたのですか?今戻ったばかりですか?」

私の⽬は、彼⼥がもう⼀⽅の⼿に持っていた⼩さな切り傷に焦点を合わせざるを得ませんでした。

「ええ、そうよ。個⼈的な理由で。何か必要な場合は私のオフィスに来て下さい」

彼女はすぐに⼿を隠し、柔らかい祖⺟のような笑顔を浮かべた。

「テス、⾃分を過度に⾏使しないように注意してください。ダンジョンの中にいる間は特に注意してください。最低レベルのマナビーストでさえ過⼩評価してはいけませんよ」

グッドスカイ学長はテスの髪を優しく撫でた後、魔法で姿を消した。

「そ、それで、この後のアートの予定は?」

テシアは、学長が残した厄介な沈黙を破ろうとしています。

「週末にキャンパスを離れる予定なので、懲戒委員会の緊急会議があります。その後は、久しぶりに家に帰ります。テスはどうするの?」

彼女に寄りかかって⾔った。

「⽣徒会の会議まで⾃由です。先日のクライヴの件についていくつか検討する必要がありますので」

テスは落ち着いて反応しました。

彼⼥がとても可愛く⾒えたことを認めなければなりません。

テスともう少し話した後、私は残りのクラスに⾏くために部屋を去った。

最後のクラスが終わった後、私は懲戒委員会の部屋に向かう。

「ご存知のように、私が外出している間、カイが指揮を執ります。事態が悪化した場合は、遠慮なく学長の助けを借りてください。以上です!」

会議が終わると。

「アーサー。あなたと練習試合をしたい」

階段を降りるとき、テオが私の肩に⼿を置いた。

「ごめんテオ、ドラドレア。今夜は家に帰ります。運転⼿がすでにアカデミーの外で待っているから」

説得する時間を与えずに階段を降りました。

アカデミーの正⾨に着くと、馴染みの運転⼿が私を待っています。

「こんばんは、アーサーさん。もう出発されますか?」

彼は帽⼦を脱いで私に少しお辞儀をしながら⾔った。

「はい。会議が少し遅れたので、すぐに出発しましょう」

家に帰る途中で居眠りをしていたので、到着が思ったよりもずっと早く感じた。

「到着しました、レイウィンさん。それでは、お休みなさい」

 



 

  • エレナーのお願い

ノックする時間も与えられず、巨⼤な正⾯⽞関が開き、エレナーミサイルが私を驚かせる速度で発射した。

「お兄ちゃ〜ん!お帰りなさ〜い!」

「キュ!」

シルビーは私の頭からエレナーの顔に⾶び乗って、彼⼥の顔を舐めました。

「あはは〜!くすぐったいよ、シルビー!」

「お帰り、我が息⼦!」

⽗は⽞関に寄りかかってニヤリと笑いました。

「ただいま、⽗さん」

妹が私の後ろを追いかけ、まだ私の絆を抱きしめている間、私は⽗に抱きつく。

「ああ!お帰りなさい、アート。あなたはとても疲れているに違いないわ」

⼆階にいた⺟が⾛り寄って私の体を包んだ。

「⺟さん、戻ってきました」

⼤切な家族の愛を受け⼊れて微笑んだ。

「体は大丈夫?」

⺟は私の体を調べ、シャツを持ち上げて振り返り、傷が残っていないことを確認しました。

「ははは、今は元気です。⼼配しすぎだよ」

⺟が癒せなかった理由について、⽗との短い会話を思い出さずにはいられませんでした。

当時の私が原因なのか?

しかし、私はすぐに頭から考えを振ります。

私に出来ることは彼⼥が私に⾔うのを待つことだけ。

「お兄ちゃん、どれくらい滞在出来るの?」

「明⽇の早朝に出発します」

「え?なんで?」

「なぜそんなに早く出発するのですか?」

⽗も尋ねてきます。

「クラスの1つが、明⽇1泊、ビーストグレイズへ遠⾜を行うからです。午前中に出発するので、夜明けにかなり早く出かける必要があります」

「ビーストグレイズ!?」

⺟の顔が⼼配で⻘ざめた。

⽗も⼼配そうな顔をしている。

「⼼配しないでください。郊外に行くだけで、教授が⼀緒にいます。それに、私はまだ指輪を持っていますから」

指輪はマナ循環を使⽤して、私がまだ⽣きているかどうかを他のリング所有者に⽰しました。

「でも・・・、⾏くのは必須ですか?」

⺟は眉をひそめました。

「⼤丈夫。最下位のダンジョンの1つだし、3階より下に⾏くことは許可されていません」

ヘルステア⼀家がどこにいるのかと尋ねると、二人は別の都市への出張で数⽇間外出しているらしい。

シャワーを浴びて、体を乾かした後、私は眠りに落ちました。

家に帰って来れて良かった。

眠りに落ちそうになる瞬間、ドアからノックが鳴ります。

ドアの向こう側から⼩さな頭が覗いているのが⾒えた。

「こ、今夜あなたと⼀緒に寝てもいいですか、お兄ちゃん」

エレナーはぬいぐるみを抱いたまま⼊って来ました。

「もちろん」

私は微笑んで、隣の⽑布を持ち上げる。

「えへへ、やったー!」

エレナーはベッドに⾶び込んできた。

ベッドは私たち⼆⼈にとって⼗分な⼤きさでしたが、彼⼥は近寄ってきて私に向かいました。

「お休みなさい」

妹の頭を撫でながら、ふたりはお互いの息を呑むように眠りについた。

 



 

久しぶりのグッドスカイ学長。

彼女の個人的な理由とは?

そして野外実習でビーストグレイズへ。

難易度は低いそうですが、前回のエルダーウッドの件もあります。

何事もなければいいのですが・・・。

最強の王様、二度目の人生は何をする?【101話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は101話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は156話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は53話。 ...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は52話。...