最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【101話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は101をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...

 




 

101話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【100話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は100話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 課外授業へ

「お兄ちゃん!起きて!!」

エレナーの声が私を驚かせる。

「何?どうしたの?」

エレナーは少し前に⽬が覚めたのだろう。

「ははは、寝癖が酷いよ。エレナー」

彼⼥の髪を触りながら、私はニヤリと笑いました。

「えっ!すぐに直してくる!」

ベッドから⾶び降りて部屋を出たエレナーは、思い出したかのように戻ってきて、私に起きるように言った。

「アイアイサー!」

誇張された敬礼をし、彼⼥をくすくす笑わせた。

台所に着くと、両親と妹が既に座っている。

彼らの顔にはまだ眠気が⾒られます。

「ダンジョンがどんなに簡単だと思っても、警戒してください」と⽗が警告した。

「・・・気をつけてください、アーサー。あなたが強いことは知っていますが、あなたが傷つくのを⾒るたびに我慢できません。それだけよ・・・」

母の声は次第に小さくなる。

彼⼥が重傷を負った⼈を癒すことができなくなった出来事。

「・・・そしてあの⼥の⼦、テシアからも⽬を離さないでくださいね。状況が厳しくなったら彼⼥を守らなければなりません」

優しい笑顔を⾒せてくれた母は、私の頭を撫でた。

「ダンジョンの後、こっちの戻ってくる予定かなの?」

⽗は私に抱擁を与えた後に尋ねました。

「いや、そのまま帰るよ。来週は丸⼀週間戻ってくる予定だから。街で何か特別なお祭りが⾏われているよね?」

教授たちは皆、10年に⼀度、ある現象が起こると発表していました。

1週間の間に、この⼤陸のマナ密度はピークに達し、全員がマナを感じる事が出来るようになるとか。

「ああ、そうでした!オーロラ星座が来週⾏われるわ。アーサーもお祭りのためにここに滞在するつもりですか?」

⺟の気分が明るくなりました。

「わあ!丸⼀週間もいれるの?」

眠そうな妹はこれに気づき、私の袖を引っ張る。

「うん、その予定だよ。みんなでお祭りに⾏こう」

笑顔で妹と⺟を抱きしめて階段を下りた。

「気をつけてね!」

⺟が⼿を振っている間、最後にもう⼀度手を振る。

 



 

  • チーム分け

「アーサー!」

⾺⾞から降りると、カーティスが⼿を振っているのを⾒つけた。

「よし、全員集まったかな?」

周りを⾒回すと、カーティスとクレアのほかに、クライブ、ルーカス、そして他の数⼈の学⽣。

もう⼀度簡単に見回すが、テスがいません。

「遅れてすみません!」

テスが正⾨を駆け抜ける。

「あなたで最後ね、テシア王⼥。すぐに出発します」

グローリー教授は満⾜してうなずいた後、15⼈の⽣徒をテレポートゲートに導く。

「ようこそ!ほとんどの⼈にとって、ビーストグレイズに⾜を踏み⼊れたのはこれが初めてだと思います」

グローリー教授は腰に⼿を置いてチャイムを鳴らす。

「私は何度もここに来た。Aクラスの冒険家でしたから」

ルーカスが胸を張ってそう話す。

これにより、学⽣からのいくつかの感銘を受けた呟きがルーカスをさらに傲慢にしました。

「ああ、そうだね。グッドスカイ学長からあなたは冒険家だと聞いた。機密扱いの理由で免許が取り消されたという通知も知ってるよ」

眉をひそめて、グローリー教授が告げる。

「それはあのひどい仮⾯野郎のせいです」

ルーカスが小さく呟くん。

「今回はかなり低レベルのダンジョンに⾏くので、あまり⼼配しないでください。私もいつも⼀緒にいますが、なるべく助けは控えます」

グローリー教授が右⼿を振ると、次元リングから⿊い布の⼩さな⼭が現れた。

「⾮常に寒いので、これらのショールが必要です。主に直⾯するマナビーストは、スナーラーと呼ばれる厄介で⼩さな⽣き物。ミニオンスナーラーとクイーンスナーラー。クイーンはダンジョンの最下階に潜り込んでいるので、⾒ることが出来ませんが、違いを知っておきましょう。今のうちに、5⼈ずつの3チームに分けます」

グローリー教授が知らせ終わったとき、彼⼥は⼩さな紙を引き出しました。

「チームをどのように分割するかはすでに決めているので、⼀歩前進してください。カーティス、クレア、ドロシー、オーウェン、マージ。あなたたちが最初のチームです」

次の5⼈の学⽣を発表しましたが、それは私に苦い気持ちを残した。

「次にアーサー、ルーカス、クライヴ、テシア、ローランド」

彼⼥はわざと?

いいえ、クラスには15⼈の⽣徒しかいません。

彼⼥は、私が以前は冒険家であったことを知りませんでした。

誰かと変わるように頼むかどうかを議論して、私はルーカスがテスと同じチームにいる事に不安を感じた。

万が⼀に備えて一緒にいるべきでしょう。

「質問はありますか?ダンジョンの⼊り⼝に到着するのに2時間以上かかることはないので、急ぎましょう」

ほとんどの学⽣は近くにいるかもしれないマナビーストを警戒しています。

「もうすぐです。ダンジョンの隣に待機場所があるので、まだ中に⼊ってはいけません」

教授は後ろに下がり、⼀⼈⼀⼈が慎重に降りる間、再び⼈員を数えました。

「アーサー、ダンジョンの中に絆を持ち込みますか?」

グローリー教授は⼼配そうな表情を浮かべる。

[ビーストグレイズにいるので、狩りに⾏きたい?]

精神内でシルビーに伝える。

[行ってきます、パパ!]

彼女は頭から⾶び降りて、森の中に消えました。

 



 

  • 自己紹介

「これからチームであなたの⻑所と短所を共有します。コミュニケーションと信頼はチーム戦に不可⽋ですから。それとリーダーを決める必要もありますね」

私たちのグループは集まって輪になった。

「ええと!私の名前はローランド・アルダーマンです。⽔属性のオーグメンターで、趣味はリラックスして買い物をし、可愛い⼥の⼦とデートするこ・・・」

「誰もあなたの趣味を聞いてません」

クライヴはイライラした表情で、彼の話を中断した。

「そんなイライラしなくても・・・、強みは中距離戦闘で、弱点は近距離戦闘。次どうぞ!」

「アーサー・レイウィン。⾵と大地のオーグメンター」

簡単に説明する。

「クライヴ・グレイブス。⼸を使った遠距離を専⾨とする⾵属性オーグメンター。弱点はない」

「ルーカス・ワイクス。⽕を専⾨とするコンジュラーです。⻑所と短所については、気にしないでください」

私はテスが少し不快に⾒えることに気づきました。

「テシア・エラリス。⽊と⾵の⼆重コンジュラーです。中距離から近距離の戦いが得意です・・・」

そして、私たちのグループは沈黙する。

自分がリーダーになると言うルーカスに誰も納得しません。

「テシア王⼥がリーダーになるべきだと思います。ええと・・・、彼⼥は⽣徒会⻑だからです」

頬を赤らめながら、クライブはそう呟いた。

「私はリーダーになりたくないので待ってください!アートは・・・、アーサー・レイウィンはどうですか?」

テシアは声を上げ、防衛のために⼿を振った。

「私はテシアがリーダーになるべきだと思います」

「よし、みんな終わったようだから、入ろうか。中に⼊ると、肌寒くなるよ!」

洞窟の中は本当に暗かったので、⼀⼈⼀⼈の漠然とした輪郭しか⾒えません。

階段を降りていくと、何かが⼿⾸を掴んでいるのを感じましたが、引き離す前に、それが何であるかを実感した。

振り返ってみると、⼀歩後ろに、テスの漠然とした輪郭が⾒えました。

⾒なくても、⼿が温かいので、彼女が⾚⾯している事が分かります。

⼀⾒果てしなく続く階段を静かに歩く。

突然、恐ろしい⾳が私たちの周りに響き始めた。

数え切れないほどの量の⾚い⽬。

その光景にショックを受けたのはクラス全員。

カーティスとクレアでさえも。

グローリー教授を⾒て、彼⼥の表情から、彼⼥がこれほど多くの唸り声を⾒るとは思っていなかったと判断しました。

 



 

チーム分けでルーカスと組むのは不安ですね・・・。

テシアも不安要素はあります。

低レベルのダンジョンですが、案の定、問題がありそうな展開ですね(_ _)

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?【102話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は102話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は156話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は53話。 ...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は52話。...