最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【102話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は102をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...

 




 

102話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 異常事態

マナビーストの唸り声は恐ろしい。

厚い灰⾊の⽑⽪で、140cmの体は筋⾁質のミニゴリラのように⾒えた。

⼀⾒しただけでは、Eステージのマナビーストだと思わないでしょう。

「GRRRRRRRR」

「き、教授・・・。これほど多くのスナーラーがいるのですか?」

他のグループの上級⽣の1⼈が怯えている。

「これはとても異常です。浅い階層で、これほど多くのスナーラーが集まることは決してありません」

グローリー教授が躊躇して⼀歩後退した場合、誰もがパニックに陥るでしょう。

「数は多いですが、戦えないわけではありません。しかし、万が⼀の場合に備えて、戻るのが最善でしょう。今は安全が最優先です」

彼女と同じようにゆっくりと全員が階段に向かい始めた瞬間、⽕の⽟が彼⼥を通り過ぎ、スナーラーの群衆の中で爆発した。

「これらの⼩さな獣は弱い。⼩さな⽕の呪⽂でさえ6匹を殺すのに⼗分です」

ルーカスは杖を下げながら嘲笑する。

「私たちはここで訓練するべきだと思いますよ、教授」

カーティスや他の何⼈かの学⽣は決意の表情を浮かべていた。

聞こえる唸り声は距離を保ち、少し怯えているように聞こえる。

「分かりましたが、何かがおかしいと感じたら、すぐにここから脱出します」

グローリー教授は厳しい声で、クラスが同意するのを待った。

「チームに分かれて、フロアのさまざまな部分を陣取りましょう。フレンドリーファイアが発⽣することは望ましくありませんから。ルーカス、もう⼀度さっきのような事をしたら・・・」

彼女はルーカスに向かって威嚇するような表情を⾒せ、しぶしぶ従わせました。

「カーティス王⼦、あなたのチームを連れて洞窟の左側に向かって進んでください。テシア王⼥、あなたのチームを洞窟の右側に連れて進んでください。最後のチームは私と⼀緒に」

 



 

  • チーム戦

私たちは洞窟を進む。

「アーサー、あなたは⾄近距離なので、先駆者になって下さい。クライヴとローランド、アーサーのカバーを。ルーカス、アーサーの間の中央に。クラスで学んだダイアモンドの形になりましょう!」

テスがリーダーとして、全員に指示を出す。

「GRRRAHHKK !!」

50匹程度の唸り声が聞こえてくる。

「広げて破壊して!」

唸り声の⼤群に近づくと、ルーカスはお気に⼊りの呪⽂の1つを発動した。

「CRRAAHK!!」

私は風のマナを剣に込めて、一気に解放した。

音速を越えた速さに、私の腕が耐えきれず脱臼する。

スキルは成功したが、実践で試すべきではなかったと反省した。

「GRHHAAK!」

唸り声が広がり始め、私たちを取り囲もうとしている。

テスは、2匹の唸り声を撃退した後、私が腕を負傷しているのを⾒つけた。

「アーサー、⼤丈夫ですか?」

「うーん・・・、⼤丈夫だと思う」

肩を元に戻す準備をして、⻭を⾷いしばる。

「ガッ!」

無理やり元の位置に戻したので、泣き出さずにはいられませんでした。

私がまだ名前を付けていなかったスキルは、⼀度に15匹以上の唸り声を殺すことが出来た。

残念ながら、今は肉体が力に耐えられませんが。

約30分後、減少することのなかった⼀⾒無限の数が私たちに打撃を与える。

テスは少し⻘ざめて、クライヴとローランドは⼤量に汗をかいていた。

ルーカスの呪⽂でさえ、それほど派⼿ではなくなっていました。

床にある死体とまだ戦っている死体の数は、およそ100を超えた。

それは最初の2倍以上。

「私たちはグローリー教授の元に戻るべきだと思う。これ以上、戦い続けることは出来ない」とテスが提案する。

ダンジョンの⼊り⼝にゆっくりと戻っていくと、他のチームも同じ考えを持っているようでした。

「教授、私たちはこのように続けることができないと思います。唸り声は来続けます!」

テスは唸り声の波に向かって叫んだ。

「分かりました!私たちも戻ります!」

躊躇う事なく、グローリー教授は私たちに階段を上って脱出するように動いた。

洞窟の屋根からの他の⽡礫とともに、2匹が地⾯に激突し、⼤きな翼を⽻ばたかせる。

 



 

  • グローリー教授の戦い方

「私をからかっていますか?どうしてこの階にクイーンスナーラーが?」

グローリー教授は、次元リングから巨⼤な剣を取り出す。

「私が2⼈の⼥王を抑えます。何が起こっているのか分かりませんが、必ずここからあなたたちを連れ出しますから」

彼⼥は⾸の周りから何かを引っ張って地⾯に投げた。

ネックレスが煌めき、灰⾊に変わると、グローリー教授の周りでマナが変化した。

彼女にミニオンスナーラーを近づかせないように、私たちはフォーメーションをとる。

グローリー教授が両⼿に1本ずつ、2本の巨⼤な剣を振るったとき、私は目が離せなかった。

2つの巨⼤な剣は⽕と土で燃え上がり、⼩さな⼥王の唸り声に向かって突進し、戦い始めた。

こっちの問題は、唸り声の死体。

死体は私たちの周りにどんどん積み重なっていき、攻撃の邪魔になる。

振り返ってみると、⾒たものに驚いた。

グローリー教授は、Bクラスのボスと推定される⼥王を⼀⼈で押し戻していました。

もっと驚かせたのは、彼⼥のやり⽅。

明らかに大地と⽕の⼆重オーグメンターでしたが、氷の破⽚のように⾒える発射体を製造していました・・・。

・・・注意深く⾒ると、それは氷ではありません。

ガラスでした!

「KRRAAAAAAAHHHH!」

⽿をつんざくような叫び声で、私たちは頭を後ろに向けた。

グローリー教授は、⼩さな⼥王に最後の⼀撃を加えることに成功する。

彼女は満身創痍な状態でした。

「私は大丈夫です!」

「やった!!」

「教授に続け!!」

⼥王の⼀⼈の敗北は、⽣徒たちに新たな活⼒を与えて、クラスの⼠気を劇的に⾼めた。

「GRRRRAAAAAAHH !!!」

その声に振り返ると、数秒待って、吐き気の波が私を襲う。

目の前で、倒れた⼥王の死体をむさぼり⾷う、より⼤きな⼥王の唸り声の光景に釘付けになりました。

 



 

E級ビーストとは言っても、100体以上は流石に厳しいですね。

しかも急造チーム・・・。

相変わらず、ルーカスは余計な事をしますね!

最後の共食いは恐ろしい予感がします。

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?【101話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は101話...
最強の王様、二度目の人生は何をする?【103話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は103話...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は144話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は42話。 ...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は42話。...