最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【103話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は103をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...

 




 

103話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • クエスチョン

⼤きな⼥王が⼩さな⼥王を⾷い始めたとき、私はこのダンジョンで起こっていることに異変を感じた。

このダンジョンは10階以上あり、女王は10階から離れる事がありません。

それがこのダンジョンが初心者用と呼ばれる理由。

女王はBクラスのビーストですが、E級の冒険者が力を合わせれば勝てる敵。

Q1:ダンジョンに複数の⼥王がいるのは普通の事?

A1:⼥王は⾮常に穏やかであり、彼らの巣を脅かす敵に対してのみ攻撃的。

Q2:2⼈の⼥王は、通常よりもはるかに強⼒?

A2:Aクラスのグローリー教授が一人で苦戦するのは分かるが・・・。

「なんでこんなに強い?」

グローリー教授は呻き声を上げながら起き上がり、雑魚を切り裂いた。

「教授、こんな事が通常起こりますか?」と私は尋ねた。

「マナビーストが共⾷いすると聞いた事はあるが、私はこのケースを⾒たことがない」

彼⼥は頭を振って剣を⼿に取り、相⼿に向かう。

女王が共食いを終えると、奇妙な変化が起きた。

灰色の毛皮は真っ黒になり、小さな角は歪に曲がって成長している。

この場所から脱出するのは時間の問題と考えていたが、女王から溢れる殺意に震えずにはいられなかった。

「教授!このままでは・・・」

テスが状況を判断し、大声で叫ぶ。

洞窟の入り口は死体で塞がり、火の呪文の影響で酸素も薄い。

生徒たちも満身創痍。

⼥王とグローリー教授は膠着状態にあり、敗戦の空気が漂ってくる。

二人の戦いを見ると、女王の戦闘スタイルが一変した事が分かります。

自身の体を気にせずに、攻撃のみに集中するスタイル。

普通なら自殺行為だが、女王の毛皮がダメージを吸収していた。

「アーサー・・・、私のマナコアが・・・」

数メートル後ろにいたテスは、腹部を抑えて跪きます。

(畜生!)

[パパ!どうしましたか?⼤丈夫ですか?]

シルビーの声が頭に浮かぶ。

入り口を塞いでいる⼭を⼀掃する⼒は?

それともテスだけを連れて、この場所を脱出する?

いいえ。

そんな行動を起こせば、テスは決して私を許さないでしょう。

それならば、グローリー教授と一緒に女王を倒すべき?

どのような決断をしたとしても、最初に行う事は、この瓦礫を取り除く事でした。

「教授、⼥王をお願いします。私はここから抜け出す方法を考えます!」

 



 

  • 可能性は無限大

今、この状況で出来る方法。

私の能力を解放したとしても難しいでしょう。

フェーズ2を使うことを考えたが、テスの状態を考えると、ダンジョンから出るまでは意識を保たなくていけない。

本当に他の選択肢はないのだろうか?

[パパ!もうすぐ到着します!]

シルビーの声が私にアイデアを与えた。

「カーティス!あなたの助けが必要です!」

戦場を横切って吠えた。

「アーサー、私には余裕がないと思・・・」

「大丈夫!」

彼が反論する前に私はそう叫ぶ。

「あなたのビーストの意志、ワールドハウルは⽡礫を取り除くのに⼗分強いと思いますか?」

「アーサー、最初のフェーズに⼊るマナすら私には残っていない」

カーティスは絶望的に⾸を横に振った。

「質問に答えてください。可能ですか?」

「え、ええ。⼗分なマナがあれば、⼤きな爆⾵を⽣み出す可能性があります」

「分かりました。何も疑問に思わないでください。最初のフェーズに⼊り、集中してください。分かりましたか?」

カーティスはうなずいて振り返った。

私は封印を解除して、カーティスの背中に両⼿を置く。

マナ転移は長年研究されていますが、実際に成功した事例はない。

その理由は、体の中のマナは純粋にその要素だけのものではないから。

凝縮したマナを込めれば可能ではあるが、それは夢物語。

私を除いて。

4つの要素全てを操作できたという事実により、マナの種類と転送先の⼈物の各要素の⽐率を調整、模倣、⼊⼒することが可能。

カーティスにマナを注入しながら、私は考えた。

規則や政治、そして私⾃⾝の⾝体能⼒に縛られて、私は気づいていなかった。

この世界で、私の可能性の限界は無限であることに。

⽩いステージ、或いは、それ以上に到達することは夢ではない。

「アーサー、あなたが何をしたのか分かりませんがが、気分が良いです。最初のフェーズに⼊ることが出来ると思います!」

カーティスの叫びで、私は現実に戻りました。

彼が第1フェーズに入ると、彼の中の獣の意志が私を拒絶して不安定になります。

それでも、カーティスの咆哮で入り口の瓦礫は破壊されました。

生徒たちを避難誘導します。

テスをここから脱出させることが最優先事項です。

「クレア、テスをお願いします」

グローリー教授を手伝うために、テスをクレアに任せました。

「あなたはここにいるつもりではありませんよね?懲戒委員会の指揮官として、私は認めませ・・・」

「頼みました」

私は彼女の言葉を最後まで聞かずに、グローリー教授の元に向かった。

 



 

  • 共闘

「どうして戻ってきたんだ、アーサー!?」

「あなた一人では危険です」

ドーンのバラードを次元リングから取り出す。

「私も教授ですよね?」

彼⼥に笑顔を与えた後、女王に攻撃を仕掛けた。

「本当にあなたは・・・」

彼⼥は⾸を振りながら微笑んだ。

戦いが続くにつれ、私は何とか⼥王の翼の1つを切断した。

これで飛行するのは難しいだろうが、女王は気にしていないように見える。

「これ以上は危険です!」

私は向こう側にいたグローリー教授に叫んだ。

「グローリー教授、5秒間足止めをお願いします!」

「分かりました!」

封印を解除したので、最後のマナを使い、剣に稲妻を付与する。

「離れて!」

私の合図で、グローリー教授は跳躍しました。

そのタイミングで稲妻を女王に放ち、彼女は痙攣を起こし始める。

「⾏きましょう!」

⼥王から剣を引き抜くことさえ出来ずに、グローリー教授は私の腰を掴んで、入り口にダッシュした。

突然、暗い影が私たちの上を通り過ぎます。

「ど、どうやって?」

剣がまだ背⾻に埋め込まれている⼥王は、どうやったのか、⾶躍するのに⼗分なほど回復していました。

「急いで!」

私はショックを受けている教授を叩いて、女王からの攻撃を間一髪で回避します。

痺れは残っているのか、その場で立ち尽くす女王。

チャンスと考えて脱出しようするが、私は女王の異変に気が付く。

階段の頂上に近づいていくと、女王の顔と体が脈動し始めました。

まさか・・・。

私が考えを終える前に、⼥王は爆発しました。

グローリー教授が振り返る前に、爆発の⼒が彼⼥を前に押し出し、彼⼥は私を掴むことが出来なかった。

「アーサー!」

⻭を⾷いしばって、彼女が⼿を差し伸べてくれましたが、⼿遅れでした。

「テスをお願いします!」

短時間で集めていたマナの最後の力を使って体を増強する前に、私は彼女にそう叫んだ。

 



 

前回のエルダーウッドもそうですが、ダンジョンに異変が起き続けています。

これは何かの兆候なのでしょうか?

とりあえずテシアを助ける事は出来ましたが、アーサーは大丈夫なのでしょうか?

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?【102話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は102話...
最強の王様、二度目の人生は何をする?【104話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は104話...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は144話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は42話。 ...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は42話。...