最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【107話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は107をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...

 




 

107話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【106話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は106話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 母の悲しみ

家の中に⼊ると、急に気温が下がった気がする。

氷のような雰囲気とは対照的に、⺟の燃えるような視線が階段の上から私を突き刺し、彼⼥の⽬は涙を我慢しているように見えた。

「ただいま、⺟さん。・・・今帰りました?」

Sクラスのマナビーストに似た圧⼒が私の魂に重くのしかかったので、冷たい汗が⽑⽳に浸透する。

「アーサー・・・」

彼⼥がそれ以上何かを⾔う前に、馴染みのある声が即座に部屋の緊張を解いた。

「お兄ちゃあああん!」

エレナーが私の胸に⾶び込んだ。

「わぁ!え、エレナー、痛いよ・・・」

妹の頭を優しく叩くと、涙声が聞こえてくる。

「先⽣が来て、お兄ちゃんが・・・お兄ちゃんが道に迷ったって・・・」

シルビーは⽿を垂らしながら、妹の頬を慰めながら舐めた。

「⼼配けてごめんね・・・」

そう言いながら母の方を見上げると、彼女は叱るのか、喜んでいるのか分からない表情だった。

おそらくは両方でしょう。

⽗は⺟の方へ歩いて⾏き、優しく慰めた。

「ハニー、怒る時がありますが、今はその時ではありません。ほら、あなたの息⼦です。アーサーが戻ってきました」

⽗の宥めるような声が、⺟の眉間の緊張を和らげた。

和らぐにつれて、彼女は次第に涙を流していく。

「どうして息⼦がこんなに傷つくの?」

「お母さん、泣かないで!」

⽗と私はアイコンタクトを取り、泣き叫ぶ妹と⺟の両⽅を優しく撫でながら、⼼強い笑顔を浮かべた。

彼らの震える拳が私を叩き、二人が泣き出す。

特に痛くはなかったが、揺れるたびに私の心を蝕んでいく。

罪悪感が体の内側を⾷い尽くし、震えながら下唇を噛んだ。

彼らが落ち着くまでに約1時間。

途中で、リリアの⺟親、タビサが⼆階から様子を覗いているのを⾒つけた。

彼⼥が降りてくる前に、ヴィンセントは彼⼥を引き戻し、私に意味のあるうなずきを与えました。

「・・・そして天と地を癒してください」

母が聖歌を終えると、柔らかな⽩い輝きが私の体を包む。

怪我と一緒に癒しの輝きが消えていく中、⺟の集中した顔を⾒ます。

聞きたかった。

なぜ彼⼥は今、癒しの⼒を使うことが出来るのだろうか?

しかし、私は⾆を噛み、笑顔を浮かべる。

彼⼥から私に⾔うのを待つべきです。

私たちは最終的に何が起こったのかについて話し始めた。

⽗は少し時間を取って、グローリー教授がどのように訪れたかを教えてくれて、急いで戻る前に私に何が起こったのかを説明してくれました。

私は⺟のために、起こった出来事を⼤したことではないように話しました。

獣の数が、予想していたよりも少しだけ多いことを彼らに話しました。

次元リングの中に浮かぶ悪魔の角。

まるで私の脳を占領するかのように、その光景を思い出させました。

解体された死体・・・、⾎の川・・・、アレア・・・、私は深呼吸をして、彼らに話しました。

・・・少なくとも、私が着陸した場所までは。

ダンジョンの底で私が⽬撃した全てを知ることで何も良いことはありません。

 



 

  • 母の苦しみ

沈黙を破ったのは母の声でした。

「昨⽇の深夜にグローリー教授が来たとき、彼⼥は負傷して疲れていたが、彼⼥の表情から良くないことが起きたのは分かったわ。あなたがクラスを救うために彼⼥と⼀緒に戦ったと⾔った。あなたがヒーローだと私に⾔った。けれど、私にとっては何の意味もありません」

彼女の声は震えていた。

「英雄よりも、息⼦が毎回半死にならずに家に帰って欲しいと思っているわ」

涙が再び流れる。

「アート、あなたはまだ12歳ですが、なぜ私は何度もあなたを失いかけているように感じるのですか?」

彼女はそれ以上、何も言えなかった。

「ハニー、それで⼗分だ」

⽗は⺟の⼿を優しく握った。

私が成⻑していたのと同じように、私の両親も成⻑していることに気づきました。

⽗のかつての未熟で⾼慢な側⾯は、成熟した穏やかな態度に形作られていました。

私の⺟は以前から成熟していましたが、何年にも渡って、彼⼥はより洗練されていました。

今の彼⼥は、感情が安定していなかった初期の時代に戻ったようです。

しかし、私は彼⼥を責めれません。

エレナーが負傷して家に帰ってきたら、私は彼女を屋内に閉じ込めたくなるでしょう。

残りの会話はもう少し快適に進みました。

タビサとヴィンセントは、物事が落ち着いたようだと気づいた後、降りてきました。

エレナーは眠りについたので、私は彼⼥を部屋に運び、シルビーを彼⼥と⼀緒に残しました。

眠っている間も、妹はずっと泣いていました。

今回のエピソードが、母にとってかなりトラウマであったことを知りました。

グローリー教授が彼らを訪ねて、私が⾏⽅不明だと説明した。

彼らに出来ることは、指輪をじっと⾒つめて、息⼦が亡くなったことを知らせるのを待つことだけでした。

そんな経験をして、トラウマにならない母親がいるのでしょうか?

それを経て、どんなお⺟さんが元気になるのでしょうか︖

シャワーを浴びながら、私は今日の出来事を思い出す。

アレアの最後の瞬間は、私がどれほど弱かったかを常に思い出させました。

部屋に戻ってしばらくすると、短いノックが聞こえます。

「入ってもいいか?」

声はレイノルズでした。

 



 

  • 白のステージの先

「もちろん」

⽗が私の隣に座る。

「アーサー、⺟さんが今夜⾔ったことをあまり気にしないでください。彼⼥はヒーローが欲しくないと⾔ったかもしれませんが、私たちはあなたがダンジョンで⾏ったことを誇りに思っています。ダンジョンで実際に何が起こったのか分からないので、尋ねませんが、あなたがやろうと決⼼したことは何でもサポートする」

私に返答する機会を与えずに、⽗は⽴ち上がって私の髪を撫でました。

彼が部屋を去った後も、私は眠ることが出来なかった。

代わりに、私は⻑い間真剣にやっていなかった瞑想を始めました。

濃いイエローのコアにひびが入っていて、もうすぐ突破しようとしていることを⽰しています。

⾃分の中で起こっている活動に熱⼼に集中していたので、夜のさまざまな⾳がかき消されました。

⾵、⼟、⽕、⽔・・・、これらはマナに含まれる基本的な要素属性でしたが、それらは単なる属性でした。

マナは、環境に応じてゆっくりと変化し、そこに存在するための属性が含まれています。

マナコアが純粋であるほど、内部のマナを操作する能⼒が⾼くなります。

アレアは、他のランスと一緒で、おそらく⽩のステージでしょう。

それでも、彼女は⿊い⾓の悪魔に簡単に倒されて殺されました。

コア内のマナが激しく渦巻く中、私の体のすべての⽑⽳が周囲のマナの吸収に参加しました。

それらの悪魔と同等になるために、私はどれだけ多くの訓練をしなければいけないのだろうか?

⽩の魔術師でさえ、悪魔の⾓の断⽚を少し削り取るために彼⼥の⼈⽣を捧げなければならなかったとしたら、私はどの段階に到達しなければなりませんか?

白のステージを突破した後は、何をすればいいのでしょうか?

 



 

母の視点で見れば、外出する度にアーサーは傷ついて帰ってきています。

彼女が心配するのは当然でしょう・・・。

アーサーが崖から落ちた後、彼女は自殺しようとしていました。

指輪で生死が分かっていても、不安は収まらないでしょう。

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?【108話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は108話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は156話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は53話。 ...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は52話。...