最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【110話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は110話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...

 




 

110話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【109話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は109話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • side シンシア・グッドスカイ

評議会は、所有者のイニシャルが刻印されたタグを、シックス・ランスに渡しました。

ネックレスは⾝分証明書として使⽤出来るように、破壊できない材料で作られたもの。

それは彼らにとっての記念品であり、いつでも死ぬ可能性があることを思い出させるようなものです。

シックスランスの厳しい顔とは対照的に、私は彼らを脅かす存在があるのか聞いた記憶があります。

私はその存在を知っていたのに・・・。

この惑星にはランスを⼀掃することが出来る存在がいました。

しかし、なぜ・・・、なぜ私はこのタグを⾒ているのでしょうか?

早すぎる。

彼らが動き出すまでには、少なくともさらに15年から20年かかると⾒積もっていた。

まだ時間があると思っていた・・・。

「学長?」

アーサーの好奇⼼旺盛な声にハッとします。

「ええ、そうだ・・・アーサー、これを預かってもいいかしら?評議会がこれを取り戻したいと思うでしょうから」

⾃分の声のトーンに注意深く気を配る。

けれど、その少年は異常に鋭かった。

「物事は変化していますよね?」

それは質問だったが、暗黙の信念を持った声明のように聞こえた。

彼には話した方が良いのだろうか?

というか、彼はすでに何かを知っている?

「はい、でも⼼配する必要はありません。少なくともまだ・・・」

笑顔と慰めの⾔葉がアーサーに届かないことを知っていました。

「アーサー、私でさえ時々忘れがちですが、あなたはまだ⼦供です。無限の可能性を秘めた強い⼦供。今は⼤⼈が負担を負います」

そうです、アーサーは⼦供でした。

彼が⼤陸の問題に関与することは公平ではないでしょう・・・。

しかし彼がすでに知っていたなら・・・。

「あなたは・・・、アレアが戦ったものを⾒ましたか?」

「いいえ、見ていません」

答えは⾃信を持って⾔われましたが、なぜか彼の答えは本当のように聞こえません。

しかし、少年を疑うことには意味はない。

「なるほど・・・、この話題はここまでにしましょう」

 



 

  • テシアの問題

グッドスカイ学長の反応に違和感が残る。

彼⼥は・・・、私の答えに安⼼していました。

「ええ、みんな元気ですか?」

結局、私は話題を切り替える事にしました。

周囲を疑っても意味がありません。

「すでに聞いているかもしれませんが、クラスメートはそれほど怪我をしていませんでした。グローリー教授が一番重傷だったのですが、彼⼥は⽣徒全員が治療されるまで癒されることを拒否しました」

グッドスカイ学長はそう言って笑いました。

「そうですか・・・、テスはどうしてるの?」

これが一番気になっている。

彼女の表情が浮かない表情に変わります。

「テス・・・、テスは⼤丈夫です」

慎重に⾔葉を選んだことが分かりました。

「それはどういう意味ですか?」

「同化の最終段階で、いくつかの合併症がありました。ヴィリオンが現在、彼⼥の世話をしていますが、まだ⽬覚めていません」

「合併症?」

思ったより大きな声が出ました。

「現在、テシアとビーストは⽀配を求めて戦っています。これまでの所、意志の受け⼿が陥るケースはありません。私たちの理論に基づくと、あなたが彼⼥に与えたビースト・コアには特別な何かがあるようです」

・・・私のせい?

私がテスを危険に晒した・・・?

エルダーウッドには何か特別なことが?

確かに強かったですが、他のSクラスのビーストよりも強かった?

初めての戦いだったので分かりません。

私はアレアが⾔ったこと事を思い出します。

⿊い⾓の悪魔がモンスターを突然変異させ、より強く成⻑させていると。

それが影響している?

テスの中でビーストコアが破壊された?

アレアが倒したビーストコアが消えたと説明したのを思い出します。

そのケースが、エルダーウッドにも起きたのではないでしょうか?

「アーサー?⼤丈夫?」

グッドスカイ学長の⼼配そうな声が、私を奮い⽴たせました。

「はい、少し考えていただけですので」

「いずれにせよ、ヴィリオンは現在トレーニングルームで彼⼥の世話をしています。今すぐ彼らに会いに⾏きませんか?」

彼女は笑顔でそう提案してくれた。

「はい、そうさせてもらいます」

ドアに向かうと。

「私の唯⼀の懸念は、今回はあなたが望むよりも遥かに関与しなければならないかもしれないということです」

⾵が彼⼥を包み込み、ため息を吐きながら、そう呟いた。

 



 

  • テシアの暴走

エレベーターに乗って降りると、シルビーが眠りから目覚めました。

[ママを感じます]

トレーニングルームに向かってゆっくり歩いていると、⾜が重くなっていきます。

テスが怪我をした場合、どう反応すればいいのだろう。

[私は「ママを感じます!」と⾔いました]

シルビーは私の額を前⾜で叩きました。

「聞いてるよ!」

彼⼥の⾜を振り払った後、近づいてきた巨⼤な両開きドアの⼊り⼝に焦点を戻しました。

「痛っ」

次元リングの何かが出たいかのように突然燃えました。

それを無視して、ドアを開く。

ドアが開くと、⾒知らぬ不吉なオーラが⽬に⾒えて私を閉じ込めようとしました。

暗い霧は、私の腕と脚に巻き付いているので、何千もの棘のあるブドウの⽊のように感じました。

「誰だ・・・アーサー?」

暗い霧の中で、私はヴィリオンおじいちゃんの声が聞こえました。

「ええ、私です。おじいちゃん!何が起こっているのですか?」

「お前がまだ⽣きていて良かったです、小僧。ゴキブリのような粘り強さに少し感謝しています、はは!あなたの助けが必要です!」

何が起こっているのか分からないまま、私は慎重に彼に向かって歩きました。

オーラがどんどん強くなります。

「一体何が・・・テス!?」

ようやくヴィリオンおじいちゃんに辿り着いたとき、次元リングが原因で強くなったように⾒える灼熱の痛みから顔をしかめました。

テスから発せられる抑圧的なオーラを抑えるために、彼の⻘⽩い顔は汗でびしょ濡れでした。

ブドウの⽊の巻きひげは、私がテスだと思った姿を完全に囲んでいます。

「外でどれくらいの時間が経ちましたか、小僧?孫娘がダンジョンから戻ってから1⽇ほどこの異常なオーラを保持していると思います」

「彼⼥に何が起こっているんですか、おじいちゃん?」

シルビアのドラゴンの意志と同化した時、このようなことが起こったことを覚えていません。

「正直なところ、よく分かりません。通常、同化の⽬的は、宿主の体が徐々にビーストの意志の⼒に耐えて制御できるようにすることですが、この場合は逆のようです。ビーストの意志がテスの体を乗っ取ろうとしている」

ヴィリオンおじいちゃんの揺れる声は不安に満ちていた。

「そんなことが起こっているなんて聞いたことがない」

考えられる原因を考えて眉をひそめた。

私の考えは、⿊い⾓の悪魔によって破壊されたマナビーストに戻り続けた。

「よく分からないが、小僧。あなたが戦ったエルダーウッドが変異したのではないかと思う」

ビリオンの声は、彼が限界点にいる可能性が最も⾼いことを⽰していた。

明らかに痛みを増している私の指輪からの灼熱を無視して、私はおじいちゃんを引き継ぐ準備が出来ていた。

テスがいた繭の表⾯に触れようとすると。

瞬間的に危険を察知するが、肉を裂ける音が聞こえます。

[パパ!]

「アーサー!!」

シルビーとヴィリオンの両⽅の声が、不安に満ちた声でした。

 



 

グッドスカイ学長は何かを知っているようですね・・・。

それでもアーサーを巻き込みたくない彼女の意思が伺えます。

テシアの問題もありますし、中々順調にはいきませんね。

テスの暴走を止めることは出来るのでしょうか?

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?【111話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は111話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は149話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...