最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【111話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は111話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

111話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【110話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は110話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 拒絶

一直線に心臓を狙う蔓の槍を躱すことが出来ず、シャツに血の染みが広がり始めました。

今、私は死にかけた。

ほとんど一瞬の出来事で。

巻きひげをかろうじて躱すと、頬に⾎が滴り落ちて顔をしかめる。

ヴィリオンおじいちゃんの⼿は繭の上にありました、しかし、私がテスに近づくとすぐに、槍のような突⾵が迫ってきます。

テスがまだ私に怒っているのかもしれない。

「ぐっ!」

[パパ、⼤丈夫!?]

「私はあなたが死んだと思ったぞ、小僧。今何が起こっている?」

「正直なところ、今何が起こっているのか分かりません、おじいちゃん。多分、あなたの孫娘はもう私をあまり好きではないでしょう」

ニヤニヤ笑いを浮かべる。

テスを包む繭は、私だけを拒絶していた。

私だけを・・・。

「くそ・・・」

「どうする?」

おじいちゃんの隣に腰掛けていたシルビーは、「敵」が彼⼥の「ママ」だったので、混乱していた。

繭からの攻撃を避けて、私は後退した。

おじいちゃんは2⽇間、暗いオーラを抑制してマナをすべて使い果たしている。

ダンジョンでエルダーウッドを倒したのは私だったので、彼の死にゆく意志が私からの贖いを望んでいたのでしょうか?

どうすればいいか考えて、次元リングから剣を抜くと、それと同時に何かが出てきた。

⼩さなオーブがリングから繭に向かって発射されました。

それはホームレスの店主が私にくれたオーブ!

「一体何が!?」

オーブが繭に沈むと、ブドウの⽊の間の隙間から光が漏れる。

何が起こっているのか不思議に思う前に、繭の中から裸で⿊髪のテスが現れました。

彼⼥の⿊い髪が元の⾊合いに戻ったとき、彼⼥の真珠の肌は⽂字通り放射しているように⾒えました。

変わったのは彼⼥の容貌だけではありません。

オーブが腹部の中で完全に消えたとき、私が今まで⾒たことのないオーラでテスが完全に覆われました。

彼⼥の周りには、鮮やかなエメラルドの宝⽯で構成された灼熱の炎が。

エメラルドのオーラが広がると、かつては⿊いブドウの⽊が穏やかな翡翠の緑に変化した。

テスの姿が崩れると、冒険者時代に使っていたコートを取り出し、彼女の体を包んだ。

トレーニングルームを埋め尽くした暗いオーラは完全に消え、テスは無事でした。

「うーん・・・、まだダメよアーサー。私たちは早すぎる・・・」

テスはコケティッシュな笑顔を⾒せながら、寝言を言っています。

・・・彼⼥は間違いなく安全でした。

 



 

  • ヴィリオンからのお礼

「ぷぷ!はははは!」

ほっと⼀息つけて笑った。

テスが⼤丈夫だったという事実だけで私は⼼から笑えた。

「テシア!」

ヴィリオンおじいちゃんは、シルビーがぶら下がっている状態で⾛ってきました。

「彼⼥は⼤丈夫です、おじいちゃん。今寝ているところです」

おじいちゃんはテシアの状態を観察します。

「・・・孫は⼤丈夫なようだ」

少しの間、私たちは訓練場の反対側をぼんやりと⾒つめていました。

疲れすぎて、何も考えることが出来ません。

「・・・」

「それで?あなたはテスの裸を見てどう思いましたか?」

頭を回すと、ヴィリオンおじいちゃんのニヤニヤが⼤きくなりすぎて、唇が裂けなかったのにはかなり驚いた。

「彼⼥は13歳です!」

「ほぼ14歳だ」

おじいちゃんは柔らかな視線をテシアに向けて、訂正した。

「あなたがいて良かった、小僧。この⼦は、あなたがいなかった事を知っていたら、心が壊れていたかもしれない・・・」

彼は少し間を置いて。

「・・・そして、私の孫娘をダンジョンから戻してくれてありがとう。そして今もです」

おじいちゃんの声は柔らかくなり、ほとんど呟くような声でした。

「どうして私が救ったと思いますか?」

「祖⽗の直感と呼んでください」

「うーん、突然そんなに真⾯⽬にならないで下さい。怖いですよ」

私は横に転がり、背中をヴィリオンおじいちゃんに向けた。

「それで、いつ戻ったのだ?小僧の家族はお前が⽣きていることを知っていますよね?」

「もちろんです。昨夜家に帰り、今⽇は家族と⼀緒に過ごしました・・・」

私が再び話す前に、沈黙が生まれます。

「おじいちゃん、ごめんなさい。私は急いで戻ってくるべきだった」

最悪の事態に備える必要がありました・・・。

「最初に家族に会いに⾏くのが当然です。テシアは⼀⼈ではありません、それはあなたも知っているはず。あなたが家族と必要な時間を過ごしたことを残念に思いません」

ヴィリオンおじいちゃんは慰めながら私の背中を軽く叩いた。

何と⾔ったらいいのか分からなお。

静かな沈黙が生まれますが、ついに私は⼼の奥底を悩ませていた質問をしました。

「ねえ、おじちゃん・・・。シックス・ランスについてどれだけ知っていますか?」

「シックス・ランス?いきなりどうした?」

ヴィリオンが尋ねますが、私は何も返せなかった。

「彼らについて正確に何を知りたいですか?」

私の沈黙を受け⼊れて、彼は巧みに反応した。

「彼らはどれくらい強いのですか?」

少し考えた後、私は簡単な質問から始めました。

 



 

  • ランスの強さ

ヴィリオンはゆっくりと⻑い息を吐き出す。

「小僧、ホワイトコアの魔導士はどれくらい強いと思いますか?」

「よく分かりません・・・、おじいちゃん」

「簡単に説明するために、私たちは⾃分⾃⾝を使⽤します。これを⾔ったことは覚えていませんが、私は中クラスのシルバーです。私が10人分だと考えてください」

「あなたの10人分・・・」

私は息を切らして呟いた。

「今、シンシアは高クラスのシルバーです。彼⼥だと約6〜7⼈分ですね」

「・・・」

現在の自分が、その多くのヴィリオンやグッドスカイを打ち負かすことが出来るとは想像も出来ない。

ドラゴンの意志の第2フェーズを解放した場合、3人のおじいちゃんと同等かもしれないが、⽋点は⾮常に⼤きいでしょう。

「分かりません・・・、彼らは何故それほどに強いのですか?そして、何故彼らは国を支配しないのでしょうか?軍隊を制圧できる力があるのに、何故彼らは王室に忠誠を誓っているのでしょうか?」

私は、この世界のシステムを理解しようとして尋ねました。

「その通りです。⼒だけで、シックスランスは、おそらく⾃分で王国を⼀掃することが出来ます」

彼はテスをちらっと⾒る。

彼女はまだ眠っていた。

「これはテシアに絶対に秘密にしておく必要があります。少なくとも彼⼥が年をとるまで・・・」

ヴィリオンおじいちゃんは優しい笑顔を浮かべて、彼の孫娘を⾒た。

「はい。秘密にしておきます」

「彼らがどこから来たのかを説明しますが、シックス・ランスのそれぞれの強さは・・・、騎⼠になる前は、通常と変わらないホワイトコアでした」

「え?それはどういう意味・・・」

「小僧、王位継承順位に⼤きな権⼒がない王家は、三国時代の初めから権⼒を維持できると思いますか?」

彼の穏やかな表情は消えた。

「これは王室にのみ共有される機密情報ですが、何故かあなたが将来この情報を必要とし、あなたが処理出来るようになることを知っているので、私はあなたに伝えています・・・」

彼は重いため息を吐き出しました。

「あなたは神々を信じますか?」

 



 

アーサーが老人から貰ったオーブがここで活躍するとは・・・。

あのオーブはテシアの為に?

それとも想定外の事態だった?

黒髪になった理由も気になりますね。

そして、ついに判明したランスの強さ!

少しインフレし過ぎなのでは?

そのランスを圧倒したヴリトラ。

現時点のアーサーでは絶対に勝てない相手ですね・・・。

最強の王様、二度目の人生は何をする?【112話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は112話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...