最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【117話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は117話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...

 




 

117話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【116話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は116話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side シンシア・グッドスカイ

森の開拓地にたどり着くと、詠唱のかすかな呟きが聞こえた。

[ウィンドカッター]

圧縮空気の刃が恐ろしい速度で私に向かってくる。

これらのスパイがすべて⾵の魔道⼠であることは当然のことでした。

⾵の刃が私に届くのを待ってから、⾳の壁を解放する。

無傷のまま私は歩き続けました。

[パルスフィールド]

不運な⿃と動物は犠牲になり、隠れていた生物も死にました。

準備ができていない数⼈のスパイもその⽮⾯に⽴たされ、隠れていた場所から落ち、苦しんでいる。

私はそれらすべての場所を把握した。

「アビエ、私の右側にあるものを持ってきてください」

[ええ]

私の絆は精神的な伝達を通して動いてくれます。

アビエは⽉明かりに照らされた空から降りてきて、やがて私は短い呻き声と獲物になったスパイの声を聞くことが出来た。

彼らの悲鳴が聞こえないのは残念ですが。

「ぎゃああああああ!」

現在、私の下にいたスパイの⼀⼈が泣き叫んでいる。

彼のマナコアを破壊した後、拷問するのはかなり簡単な仕事でした。

保護する魔法がなければ、彼の体は脆弱なのだから。

彼に質問に答える機会を与えた後、彼の⾻を内側から押しつぶす。

「クソが!私が裏切り者に何かを⾔うと思いますか?あなたは⼤きな間違いを犯しました。彼らはゆっくりと・・・、以前の⼒を取り戻しています。この⼤陸の⼈々は・・・、戦争が始まるまでに10年もかからないでしょう」

彼はにやにや笑い、私の顔に凝固した⾎を吐きました。

顔の痙攣を抑えて、スパイの頭に手を置く。

「せいぜい長生きするがいい!」

その言葉が彼の最後の言葉。

頭蓋骨の内側に加えた音のパルスで脳は押しつぶされ、あらゆる箇所から血が流れ出した。

⽣命のない体を地⾯に落とし、私はため息をつく。

振り返り、急いで次の⽬的地に向かいます。

「死体を⽚付けてもらっていいですか、アビエ?」

申し訳ありませんが。

[⼈間の⾁は私の好みには合いませんが、今はそうも言ってられないですね]

彼のフクロウのような体は、ワイバーンの形に変わる前に輝き始めました。

⽉明かりだけが森を照らし、⾻が砕ける⾳が響き渡った。

私の故郷から来たスパイを処理するアビエ。

顔の⾎を拭き取りながら、実りのない夜にがっかりした息を吐き出した。

この⼤陸での私の年⽉は、私を優しくし過ぎました。

かつて死と拷問に対して築いていた関⼼はなくなった。

洗脳された兵⼠を数⼈殺しただけで、⼝の中に酸っぱい味がします。

しかし、今回は簡単すぎた気がします・・・。

彼らは単なる囮?

背中に乗せることは滅多になかったアビエは、私を次の⽬的地に連れて⾏ってくれました。

⾃分の疑惑が正しくないことを望んで。

 



 

  • 事件前夜

「本当にまた出発する必要があるの?」

⺟は⾷卓の向こう側からため息をついた。

「お兄さん、また行っちゃうの?もうすぐ死ぬの?」

私の妹は真剣な表情でそう尋ねました。

無表情を保とうとしているにもかかわらず、彼⼥がふくれっ⾯をしていることが分かります。

「エレナー!そんなことをお兄ちゃんに言わないの」

⺟は妹の頬をつまんで⾮難した。

「アーサー、あなたは成⻑したと思います。あなたの決断が家族を考慮していることを知っています。⽗はあなたの決断を⽀持します・・・」

⽗は私に親指を⽴て、笑顔を浮かべた。

両親が私を信頼してくれているのが理解できる。

「キュ!」

[パパは⼤丈夫です!今回は私が彼を守るつもりです!]

シルビーはテーブルの上を上下に⾶び跳ねた。

「ほんの数⽇だけ出し、今回はヴィリオンおじいちゃんと⼀緒にいます。それに、来週はオーロラ星座なので、真っ直ぐ家に帰ります。最初にも⾔ったように、この問題は深刻なので」

「私たちはあなたを永遠に⾚ん坊にし続けることはできませんね」

母は苦しげな表情を浮かべた。

「⼼配しないでください。あなたがまだ⽣きていて、すぐに戻ってくることをみんなに知らせます」

イライジャは親指を⽴てながら、私の肩に⼿を置いて答えました。

「そろそろ行くね」

私は⽴ち上がって、それぞれに最後の抱擁をする。

それは家族の⼀種の習慣となっていた。

妹に捕まったシルビーは、逃げ出すのに苦労していた。

⺟と妹の両⽅を⼀瞥して、フェニックスのネックレスがまだ付いていることを確認する。

彼ら全員に最後の別れを告げ、外で私を待っている⾺⾞に乗り込んだ。

⾺⾞の中で、私は⾦のオーブをいじり、それが正確に何であるかを調べようと試みた。

しかし、オーブにマナを吹き込もうとするが、何の反応もありません。

欲求不満で⾆打ちして、オーブをリングの中に戻す。

ゲートまでの時間は、私が少し眠らなければならない唯⼀の時間である可能性が⾼いので、それを最⼤限に活⽤しましょう。

 



 

  • 安全な旅行

キンググレイが必要です・・・。

私たちの国に安定をもたらすことが最も重要です・・・。

あなたが彼らの王であり、あなたが私たちのために戦うことを⽰すために、
彼⼥を殺す必要があります・・・。

グレイ王、彼⼥を殺してください。

そうすれば、世界はあなたの国を狙いません・・・。

彼⼥を殺せ・・・。

「痛っ!」

気づけば馬車の座席から落ちていた。

⼼臓がドキドキする⾳が頭まで響き渡り、汗だくの額に冷たい空気が漏れているのを感した。

夢を⾒ていたことに気付くのに少し時間がかかりました。

シルビーが⼼配そうな視線で膝に⾶び乗った。

しばらく忘れていた不穏な記憶を取り除けるように⽬を閉じる。

「⼤丈夫だよ、シルブ」

彼⼥の⽿をかわいがりながら彼⼥に伝えた。

なぜ今あの記憶が浮かび上がったのか・・・。

眠りにつくことができなかったので、私はシルビーと話をして時間を過ごした。

何ヶ⽉にもわたって、シルビーの精神的成⻑は急速に増加していました。

⽬的地に到着したとき、⽉はまだ頭上にあった。

エレノア王国に通じるゲートの前にいた警備兵が、剣の柄を左⼿で握り、急いで私たちのところに向かって来た。

「移動の理由と確認の証拠を述べてください」

どういうわけか、彼の声は漠然と聞き覚えがある声だった。

エラリス家の紋章があったので、⼗分な証拠として使えるかもしれません。

無⾔でポケットに⼿を⼊れて、エラリス家の紋章を提示する。

「こ、これは・・・!無礼であることをお詫びします。あなたが王室と親密な関係にあるとは思いもしませんでした」

彼は急いでゲートを起動した。

ポータルの周りのルーン⽂字が光り始めた後、彼は謝罪の表情で戻ってきました。

「残念ながら、ゲートはすぐに王国の内部にあなたを連れて⾏くことはできませんが、⼊り⼝の1つに⽐較的近い場所にあります」

「それで結構です。ありがとう」

そして、古代魔法のルーンがポータルを開きました。

右⾜がポータルに⾜を踏み⼊れたとき、体が吸い込まれているのを感じる。

警備兵が⾒上げると。

顔に傷跡が刻まれた警備兵はおらず、代わりにエリクサーストアの⽼⼈がいた。

「安全な旅⾏を祈っています」

彼はそう言って、笑顔を浮かべてウィンクしました。

 



 

シンシアの正体は、新大陸の重要人物の可能性が高いですね。

母国を裏切って、ディカゼン大陸に来たのでしょうか?

彼女の目的も不明です。

アーサーは学園に戻るのではなく、エルフの国に出発しました。

しばらくは帰らないのでしょうか?

そして、最後に登場した老人。

彼は味方?

それとも・・・?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【118話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は118話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は149話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...