最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【118話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は118話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...

 




 

118話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【117話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は117話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side イライジャ

懲戒委員会と生徒会が教授との会合を終えた時、既に夜遅くになっていた。

私はようやく懲戒委員会のメンバーに、アーサーが無事だと伝えることが出来た。

「彼が生きてると信じていました!」

クレアは涙を隠すために、手で顔を覆い、安堵して椅子に座る。

カーティスも壁にもたれかかって、大きな安堵のため息を。

不意を突かれたのはキャサリン王女の反応。

彼女は何度も私が嘘を吐いていないか確認し、目を細めて笑顔を浮かべました。

「神に感謝します」

彼女は何度もそう呟いた。

他のメンバーもほっとしたような表情を浮かべている。

彼ら全員が安心した事は明白であり、アーサーが戻ってくるのに少し時間があると伝えた時、彼らはあまり気にしていませんでした。

アーサーとテシアが戻ってくる前に、この大事件を解決したいようにも感じます。

不思議だ。

アーサーが戻って来れば、この事件を簡単に解決出来そうな気がするから。

トライユニオンへの放火。

幸いにも死者はおらず、数人の学生が軽傷を負っただけ。

冒険者ギルドからエミッターが派遣され、彼らは治療された。

現在、学⽣の間で明確な差別があったため、アカデミー内の雰囲気は悪化している。

エルフとドワーフは激怒し、すべての⼈間は⼈種差別的な野蛮⼈であると主張する。

その主張に対して気分を害した数⼈の⼈間の学⽣は、結局、双⽅に追放された。

誰もが責任を押しつけ合いをしている。

 



 

  • 強くなる必要が

この事件で学園に落ち着きがなくなり、私はトレーニングルームに⽴ち寄った。

クロエという名前の⼥性は、とても親切に部屋まで案内してくれた。

「はぁ・・・」

マナコアが解き放たれるのを感じながら深呼吸をする。

アーサーとは異なり、私はこのアカデミーに来てから多くのことを学んでいる。

気づいたことの⼀つは、瞑想は私にとってあまり役に⽴たなかったということ。

私のマナコアは独⾃のペースで開発及び強化されており、⼤気から多くのマナを精製するための意識的な努⼒は役に⽴たないようだ。

何の努⼒もせずに、淡いオレンジ⾊のステージに突⼊したが、このステージに到達した後は、何の利益も得られない。

⾃分の⼿が⾃分のものではないかのように、何度も拳を握る。

[アーススピア]

呪⽂が発動すると、すぐに数メートル前の地⾯から岩の槍が⾶び出す。

正直なところ、呪⽂の名前を唱えることすら私には不要。

もっと練習すれば、⼀度に複数の呪⽂を唱えることも出来るかもしれない。

【ストーンバラージ】

⼟塊が浮き上がり、下の地⾯が崩れ落ちた。

撃った10個の岩のうち、⽊に当たったのは4個だけ。

皆のようにマナコアを強化するために瞑想することが出来れば、呪⽂をうまくコントロールできるようになるかもしれない。

唱える呪⽂の言葉は、起こしたい現象を形作る。

岩の形、密度、どこから作られるのか。

これら全ての「要素」は、マナとの親和性が⾼い魔導士なら簡単に想像できる。

私にとって、地球は体の延⻑のように感じる。

ドワーフと⼀緒に育ったせいかもしれませんが、その中でも普通ではなかった。

私の体質に関するこれらの事実は極秘事項ではありませんが、誰にもハッキリとはは伝えてません。

アーサーに説明することを考えたが、いつもタイミングを逃してしまう。

⼗分に訓練すれば、いつかアーサーに追いつくことが出来ると感じたので、それはある意味で良かったのかもしれない。

ええ、私は彼がドラゴンの意志を持った四⼤精霊の魔道⼠であることを知っています、そして、接近戦も異常に素晴らしい技術を持っている事も。

けれど、夢を⾒ることは自由ですよね?

より多くの呪⽂を生み出す。

半分は練習⽤で、半分は欲求不満を和らげるため。

アーサーに追いつきたかったのは、彼よりも強くなりたいのではなく、助けたいから。

彼はいつも⾃分の戦いに直⾯しているように感じた。

親友として、彼の背中を背負いたかったのです。

何と戦っているのか分かりませんが、彼と⼀緒にいるのなら、もっと強くなる必要があるでしょう。

 



 

  • 謎の空間

引き返したかったが、⼿遅れだろう。

私はすでにゲートの中にいたのだから。

転送時間が長く感じる・・・、いいえ。

本当に長かった。

「キュウ・・・」

頭の上にいるシルビーが怯えている。

「パパ、気分が悪い」とシルビーは伝え、彼⼥の内⾯は⼼配で埋め尽くされている。

交通機関のゲートを通る旅は、⽬的地まで早送りしているように⾒えた。

⾔葉では⾔い表せない独特の感覚でしたが、今回は違います。

周りの空間はいつものように歪んでいましたが、明るくなる代わりに、周りの⾊は次第に薄暗くなりました。

「パパ、怖い・・・」

シルビーの震えは、私の絆がまだ頭上にあることを知る唯⼀の⽅法。

彼女が怖いと⾔ったのはこれが初めて。

警戒したりすることはありましたが、彼⼥は決して恐れることはありませんでした。

普段は吐き気を催すようなゲートを潜る感覚も⽌まったので、⼿のひらに炎を生み出そうとするが。

「なんてこった・・・」

おかしな感覚だった。

少なくとも、ある種の視⼒を与えるはずだった⽕の⽟は何も反応しません。

⿊い紙に⾚い色を塗ろうとするのと同じように、真っ暗な闇には何も影響しなかった。

ヴォーン・・・。

ひざまずいて、すぐにマナで体を増強する。

私は怖がっていた。

ひざまずくほどの悪意を持った、どんな怪物がここにいるのだろうか?

震えを⽌めることができず、マナは分散し、⾃分⾃⾝を⽀配していた精神的なコントロールの⽋如から、私に⽿を傾けることを拒否した。

久しぶりに、自分が無力な子供だと感じさせられる。

「誰かいるの?」

咆哮するように頑張ったが、声は震えている。

ちょうどその時、どこからともなく⼀組の⽬が。

その⽬が誰なのかを知っていました。

私はそれを確信していました。

初めて⾒たときに魅了された、星が散りばめられた輝く⽩い瞳。

私の⽿に直接話しかけているかのように、感情のない権威ある声が私を貫く。

「ようやく。平和的に会話するためのプライバシーが少し確保されましたね」

 



 

イライジャはギャグイメージが強いですが、実際には優秀な魔術師ですよね。

彼は実際にはドワーフではありませんし、出生も謎のまま。

本気で戦ったら、今はアーサーの方が強いと思いますが、これから先は分かりませんね。

そして、一方のアーサー。

謎の空間には、あの時の猫がいますね。

ついにシルビーの正体が判明するのでしょうか?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【119話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は119話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は149話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...