最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【119話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は119話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...

 




 

119話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【118話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は118話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side ルーカス

「これは⼀体何なんだ?」

ぼんやりと照らされた部屋の中を⾒回し、粗雑に建てられたワインセラーを思い出す。

私をここに連れてきたのは、レイヴンポール家の魔道⼠の貧弱な交渉によるものだ。

彼がとても傲慢に話しかけたとき、いつもなら鼻で笑っていただろう。

しかし、トライユニオンが爆発した後、私は⾮常に興味が湧いた。

「私たちが会議を開くために使⽤する多くの住居の1つへようこそ」

誰かの声がする。

少なくとも60⼈のフード付きの⼈物に囲まれていたが、真ん中に怠惰に座ってい
たのは1⼈だけ。

2つの⼩さな⽬⽳と、⼝があるべき場所に⼤雑把に描かれた笑顔のある真っ⽩なマスク。

マスクはかなりシンプルだが、描かれた笑顔が不吉な感じを放っている。

隣にいたチャールズ・レイヴンポールは、フード付きのローブを着て、頭を下げてひざまずいた。

「主よ、あなたが尋ねたルーカス・ワイクスを連れてきました」

彼は注意深く、静かな⼝調で報告する。

「ああ、あなたが有名なワイクス⽒ですね。私たちの軍に参加してくれて嬉しいです!」

「私は参加するためにここにいるわけではありません。好奇⼼からここに来たのです。とにかく誰ですか?あなたは学⽣ではないようですし・・・」

私は嘲笑した。

「よくもそんなことが言えるな!貴様のような雑種を参加させることさえ検討したことに感謝する必要があるというのに!」

フード付きの⼈物の⼀⼈が叫んだ。

「雑種?」

詠唱を終える前に、笑顔のマスクの男が指をパチンと鳴らした。

ボッ!

「うわあああ!」

私を侮辱した男が、突然炎に包まれた。

舌打ちをせずにはいられない。

簡単な呪文だとしても、恐ろしく速かったからだ・・・。

「それは私たちの新しいメンバーに対する言葉として、⾮常に礼儀正しいことではありませんよね?」

⽟座に怠惰に座っている仮⾯の男が話していると、⽕はすでに少年のローブを燃やし、彼の⽪膚を燃やしていた。

「あああああ!ゆ、許してください!私が間違っていました。申し訳ありません!お、お願いします!」

彼は懇願した。

その間、他のフード付きの⼈物は誰もその場から動かない。

 



 

  • アーサー・レイウィンを倒す力

痛みで叫んでいるフード付きの姿から⽬を逸らし、私は仮⾯の男と向き合った。

「私がこの⼩さなカルトに参加したいかどうかを決める前に、あなたは何を達成しようとしているのですか?そして、なぜあなたは私を必要としているのですか?」

彼のマナコアを感じることが出来ない。

「計画を完全に完了するには、有能な魔導士が必要です」

彼は腕を使って頭を⽀えながら説明を続けた。

「グッドスカイ学長の不在を利⽤して、彼⼥が戻ってくるまでにすべて⼿遅れになるように⾏動するのに最適なタイミングですから」

再び指をパチンと鳴らした後、⽕は突然消え、少年は痛みから痙攣していた。

「そして、私がやりたいことについては、私の⽬標は彼らと⼀致しているとだけ⾔っておきましょう。ここの誰もが、現在のアカデミーに不満のある⼈間の貴族です。あなたはこの場合の特別な例外かもしれませんが、それでもあなたに入っていただきたいのです」

彼は自分が⼈間ではないかのように答えた。

「アカデミーが現在提唱する「すべてを受け⼊れる」というモットー全体が、馬鹿らしく聞こえないでしょうか?」

フード付きの⼈物の言葉に、全員が同意して激しくうなずいた。

⼝調から、この男がマスクの後ろでニヤニヤしていたことが分かる。

「私には関係ありません。バグに時間とエネルギーを浪費するのはなぜですか?このアカデミーへの道を切り開くことができた農⺠は、低クラスの凶悪犯よりも優れているわけではありません。私があなたから命令を受けるために⾝を下げる理由はありません」

「私が聞いたことは本当のようです。あなたが出生の低い⼈々を⾒下す誇り⾼い魔道⼠であったことは。あなたの友⼈、アーサー・レイウィンは、この点であなたが間違っていることを証明しませんでしたか?」

「何?」

「あなたは魔法の分野で天才として歓迎され、⽬覚めたときから秘薬と強化⽅法で⽢やかされてきました。しかし、あなたはアーサー・レイウィンに匹敵しないことを理解していないのですか?」

拳を白くなるまで握りしめ、私が反論しようとすると・・・。

「悲しいことに、彼はあなたに興味すら示していませんよね?これは傑作です、ハハハハ!」

彼は⾜を空中で蹴りながら、爆笑した。

「あなたは私が誰だか分かっているのですか?」

思わず唸り声を上げる。

マナがこぼれ出て、発動する準備が出来ているのに、何故か発動出来ない。

この感覚は、まるで絶望的な相手に対しているかのような・・・。

いいえ!

私はワイクス家のルーカス・ワイクス!

「しかし、あなたはどうしてこんなことを?」

「先ほども⾔いました。私はこの⼟地の改善のため単なる恩⼈にすぎません」

粗野な王位に腰を下ろしたまま、彼は続けた。

「ワイクス、私たちの⾒解が同じでなくても、何らかの相互利益があると私は信じています」

「続けて」

私は⻭を⾷いしばる。

彼は私の⽕属性マナに囲まれているという事実を無視している。

「まもなく、3つの種族を⼀緒に保持している元凶を完全に粉砕したいと思います。しかし、その時が来るまで、物事をスムーズに進めるためにあなたの⼒が必要です」

「3つの種族を分割することをどのように計画していますか?これを⾏うことが何らかの形で私に利益をもたらすと思うのはなぜですか?その上、評議会とランスはお飾りではありませんが?」

私はそう主張した。

「現在、評議会は様々なことに縛られています。私は、学長が⽴ち往⽣して⼿の届かないところにいることを確認するために特別な予防策を講じているのです。これまでにないほど慎重なアーサー・レイウィンに全⼒で戦わせ、それでも彼を倒すために必要な⼒を⼿に⼊れたいと思いますか?」

彼は⼿を上げて⼿招きした。

「アーサーを倒す⼒?」

「あなたが同意するのなら、私はあなたが可能だとは思っていなかったレベルの⼒を⼿に⼊れることを約束します」

 



 

  • 謎の空間

これは全て、自分に都合の良すぎる話だ。

「あなたの⾔うことが真実であり、彼が⼒を慎重に隠しているなら、どうやって私と戦わせるつもりですか?」

私は嘲笑し、彼の誘惑を信じたくなかった。

「実際、⾮常にシンプルです。アーサーは家族や友⼈を大切にしていますが、特に1⼈の相手を大切にしています」

「テシア・エラリス・・・」

私はそう囁き、ニヤニヤ笑いを隠すことが出来なかった。

「その通りです!テシア・エラリス!エルフです!この神聖なキシラスアカデミーで、エルフが⽣徒のリーダーなのです!皆さんはこれが正しいと思いますか!」

「いいえ!!!」

フード付きの彼らは全員⼀⻫に吠えた。

「私は彼⼥がすぐに、アーサーと⼀緒になると思います。エルフの王⼥の⾎が少し流されたら、恋人のアーサーが怒り狂うはずだと思いませんか?」

エルフの王⼥が私の好みに合っていると思う以外は、決して気にしていなかった。

彼⼥の体はまだ成熟していないので、私は彼⼥を放置していたが、彼⼥とアーサーの間で何か特別な関係のように⾒えた事は気づいていた。

彼女のような女性に相応しいのは、私のような誇り高き貴族。

アーサーは単なる農民。

頭の中で考えられるシナリオを想像したとき、アーサーが私に⽴ち⽌まるように頼んだとき、彼の大切な恋⼈の⼈⽣を奪えると想像しただけで、笑顔が浮かぶのを我慢できなかった。

いつも私より強いと思っている少年が・・・、私の前でひざまずいて懇願する光景。

私が彼の前でゆっくりと彼⼥を出⾎させたら、彼は正気を失うのだろうか?

「ぷふふふふ」

笑いを抑えることが出来ない。

「どうして思い付かなかったのだろうか!」

とても簡単な事でした!

なぜ私はそれを考えなかったのですか?

必要なのは、エルフの王⼥を拷問すること!

まぁその前に、少しは楽しませてもらうけど・・・。

興奮を抑えきれず、唇を舐める。

 



 

今回はルーカス視点です。

今回の元凶との接触で、彼はテシアを狙ってきそうです。

彼女は現在エルフの国に戻っていますから、しばらくは安全だと思うのですが・・・。

ルーカスはアーサーがノートとは気づいていないはず。

アーサーには早くテシアと合流してほしいですね。

最強の王様、二度目の人生は何をする?【120話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は120話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は156話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は53話。 ...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は52話。...